« フォーミュラ・コミュニケーション!! | トップページ | アメリカGP予選! »

2006年6月29日 (木)

ニューマシン「SA06」を考える

 2006年F1グランプリシーズンも,すでにその日程の半分を終えようとしている。北米ラウンドの2戦を終えると,いよいよSAF1のニューマシン,「SA06」のデビューが待っている。ここまで旧車で苦しいシーズンを送ってきたSAF1にとっても,待ちに待ったグランプリとなるはずである。

 アメリカGPを目前に控えた6月29日現在,このSA06に関する情報はまだ少なく,わずかにチーフテクニカルオフィサーのマーク・プレストンの,「モノコックにお金と時間をかけるより,その分空力に欠けた方がよいと気づいた。」という言葉から,SA06のモノコックも現在のSA05(A23)ベースになることが予想されるだけである。しかしこのモノコックは,以前鈴木亜久里代表が「焼く行程もある。」と語っていたことからも,現在のものをただ流用するのではなく,その設計をも基に新たに作ると言った方が適切なのかもしれない。カナダGP後に,佐藤琢磨が「このモノコックは本当によくできていて,まるでアップデートを前提に設計されたのではないか。」とも語っていたことからも,その事実が裏付けられるのではないか。

 もう一つの注目点は,「ギアボックスは,本当にホンダから提供されるのか?」と言うことである。以前プレストンTDが,「ギアボックスはシームレスシフト」と語っていたが,これはホンダ製ギアボックスの提供を受けるものと理解されていた。しかし,その後周囲から聞こえてくるのは,ホンダのサポート体制が縮小されていると言うものばかり。しまいには,来期はルノーエンジン搭載か?との記事まで流れ出す始末である。

 確かに,現在のホンダワークスの状況を考えれば,サポート体制が不十分と言われても仕方のないところではある。しかし,HRDの和田社長がAUTOSPORT誌で語っていた,ホンダワークスの人的・物的支援体制を考えれば,この両者の関係は強固なものであることが容易に想像できる。そもそもSAF1が設立されたのはホンダの強力なバックアップがあったからであって,いかに現在のホンダワークスの状況が厳しかろうと,その関係に早々に疑問を投げかけるものではない。

 さて,話を戻すが,ギアボックスがホンダ製のものになれば,それに付随する数々のパーツ(リアサスペンション等)もホンダ製になる。これがモノコック本体の軽量化・エンジン搭載位置の低重心化・バラストを使った重心のセンター化が重なれば,少なくともオーバーステアとアンダーステアを繰り返す現在の状況からは脱することができるであろう。それによるタイムアップは「1周あたり3秒(鈴木亜久里代表)」と言われているが,現実的なラインとして,1周あたり1.5秒~2秒といったところであろう。それでも当面のライバルであるミッドランド,サーキットによってはトロ・ロッソともレースができる状況になると考えられる。

 そこから先,どれだけニューマシンを熟成し,10月の日本GPを迎えられるかは,偏に資金力と言っていいだろう。ここ数戦,小口ではあるがスポンサーが増えてきているSAF1だが,メインスポンサー(ホンダがメインスポンサーとも言われているが)の獲得は今期後半そして来年に向けての最重要課題となる。鈴木亜久里代表の手腕が問われることになるだろう。にしても,参戦表明からわずか半年。ここまで波瀾万丈の1年目になるとなるとは誰が予想したことか・・・。

|

« フォーミュラ・コミュニケーション!! | トップページ | アメリカGP予選! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/11262787

この記事へのトラックバック一覧です: ニューマシン「SA06」を考える:

« フォーミュラ・コミュニケーション!! | トップページ | アメリカGP予選! »