« 移籍のタイミング | トップページ | トヨタの躍進とホンダの苦悩 »

2006年7月16日 (日)

フランスGP予選!!

 北米2連戦を終えF1サーカスは,再びヨーロッパへと戻ってきた。公式予選を終え,ポールポジションはフェラーリのミハエル・シューマッハ。僅差で僚友フェリペ・マッサが続き,地元ルノーのフェルナンド・アロンソが3番手につけている。フリー走行3回目の終了間際,ピットでマシンから黒煙の上がったシューマッハだったが,メカニックの懸命の修復作業に答え,見事2戦連続のPP獲得となった。一方で3位に終わったアロンソは「3位は(5位だったアメリカGPより)悪くない」と強気のコメントを残してはいるが,ルノーのお膝元でPP獲得を逃したことには悔しさも残るだろう。

 この公式予選で最も驚きを禁じ得ないのが,ホンダの低迷でる。ルーベンス・バリチェロは何とかQ2に進出できたものの14番手。ジェンソン・バトンに至ってはミッドランド・トロロッソにも先行される19番手というさんざんなものである。彼の後ろには,ミッドランドのティアゴ・モンテイロとSAF1の2台がいるだけである。フリー走行では6番手と一見順調な仕上がりを見せていたホンダだったが,蓋を開けてみれば今季最悪のグリッドポジション。スポーティング・ディレクターのジル・ド・フェランも「上位と渡り合うだけの速さがない」とペースの遅さを認め,「何とかポイントを獲得したい」と弱気な発言をしている。

 一方のトヨタは上昇気流に乗っている。予選はヤルノ・トゥルーリが4番手,ラルフ・シューマッハが5番手とマクラーレンを上回り,今季ベストグリッドを得ている。今季序盤の低迷から組織の大幅な改革を断行したトヨタだったが,北米ラウンドでトゥルーリが連続入賞を果たすなど,ここに来て結果を出し始めてきている。タイヤに目を向けてみると,上位5台中BS勢が4台。カナダGPで通算100勝を達成したミシュランの地元で大暴れをしている。

 さてSAF1はSA05にとっても,フランク・モンタニーにとっても最後のGPということになる。2回目のフリー走行では佐藤琢磨がモンタニー・山本左近を大きく引き離し23番手と健闘したが,フリー走行3回目で琢磨のマシンにトラブルが起こったこともありモンタニーが琢磨のタイムをを上回った。そして向かえた公式予選,結果今シーズン初めて,モンタニーが琢磨を上回るタイムをたたき出し21番手を獲得している。一方の琢磨は,フリー走行のトラブルがたたったのか,モンタニーに遅れること0.2差の22番手に終わる。チームからの発表によると「異なる戦略をとった」と言うことなので,これが予選結果にも反映されているのかもしれない。

 フランスGPでのモンタニーの続投は正しい選択であったといえよう。いくらSAF1がジャパンマーケットを意識したチームであるとはいえ,F1は世界各地を転戦するグローバルなスポーツである。地元GPを前に唯一のフランス人ドライバーがシートを失うことになれば,内外からの反発は必至であっただろう。この決定にはバーニー・エクレストンの意向が多く含まれていたことは容易に想像できる。彼にとってしてみれば日本のメディアが作り上げてしまった「オールジャパン」を崩壊させることなど造作もないことである。ドイツGPから山本左近のレギュラードライバー昇格が決定してはいるが,左近が十分な速さを示せないと井出有治の二の舞になってしまう。フランスGP後にはSA06のシェイクダウンも行われるであろうから,SAF1には少しでも多くの時間をテストに費やしてもらいたいものである。とは言えそれを行うだけの十分な資金が残されているかどうか・・・。

|

« 移籍のタイミング | トップページ | トヨタの躍進とホンダの苦悩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/11262622

この記事へのトラックバック一覧です: フランスGP予選!!:

« 移籍のタイミング | トップページ | トヨタの躍進とホンダの苦悩 »