« ウィリアムズ・トヨタの不安 | トップページ | 王者アロンソの焦り »

2006年7月29日 (土)

スーパーアグリの技術力

 ドイツGPに待望の新車SA06を投入したSAF1について,思わぬニュースが話題となった。FIAが赤外線を使ったタイヤウォーマーを禁止する措置をとったのだが,これを使用しているのが全チーム中SAF1のみということなのだ。タイヤの温度管理は走り始めのグリップを得るためにも重要課題のひとつであり,各チームとも様々な工夫を施している。走行直前までタイヤの温度を高めるために使用されるタイヤウォーマーは,通常電気式のものが主流であるが,SAF1が使用していたものは電動ローラーと赤外線ライトを組み合わせたもので,これがレギュレーション違反となったようだ。

 今回のタイヤウォーマーの一件は,SAF1の技術力を物語るエピソードとして取り上げられている。SAF1の技術陣はチーフテクニカルオフィサーのマーク・プレストンを筆頭に,旧アロウズのスタッフが大多数を占めている。開幕まで時間のない中でアロウズのA23を大改造し,SA05をバーレーンのグリッドに並べたのは彼らの技術力の高さを証明していた。F1経験者が少なく開幕戦ではぎこちなかったメカニックの動きも,今では急なトラブルにも迅速に対処できるまでになっている。そういった意味では,急増の寄せ集めチームと見られていたSAF1であるが,現在は高い技術力と情熱を併せ持った「クラブマン・チーム」として成長している。

 その技術陣の意欲作SA06であるが,いきなり上位チームと渡り合うだけの実力はまだない。SA05の発展型とは言え,車体バランスも空力性能も大きく異なるSA06のセットアップは容易ではない。今回登場した「SA06A」は,リアサスペンションは新設計されたものの,フロントサスペンションは従来のものの改良型である。前後のサスペンションの世代が大きく異なる特異なマシンあれば,そのセットアップも必然的に難しいものとなる。フルコンプリートカーである「SA06B」が登場するトルコGPまでは,予選・決勝を通してミッドランドと対等の走りが出来るようになるのが現実的な目標となるだろう。

 昨日行われたフリー走行では多少のトラブルも出たものの,ミッドランドのティアゴ・モンテイロから0.5秒落ちのペースで周回を重ねていた。チームとしてもシステムチェックしただけのSA06の慣らしを行っている状態であり,まずは順調な滑り出しと言っていいだろう。鈴木亜久里代表が「真の開幕戦」と語ったドイツGPの舞台であるホッケンハイムリンクは,亜久里代表が'95年にリジェ・無限で最後の入賞(6位)を果たしたサーキットでもある。その地で待望のグランプリデビューを果たした山本左近も,フリー走行1回目では安定感のある走りを見せている。この後行われるフリー走行3回目,そして公式予選でSA06の現在位置が確かめられるであろう。

|

« ウィリアムズ・トヨタの不安 | トップページ | 王者アロンソの焦り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/11262510

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリの技術力:

« ウィリアムズ・トヨタの不安 | トップページ | 王者アロンソの焦り »