« 反撃の時が来た! | トップページ | 琢磨よ,「結果」を残せ!! »

2006年10月 2日 (月)

井出有治の小さな記事

 「心臓発作に近い勝利」と,フェラーリのルカ・モンテゼモロ社長が表現した,ミハエル・シューマッハの大逆転勝利で幕を閉じた中国GP。新旧王者が同ポイントのまま日本GPを迎えるとあって,いよいよモータースポーツファンのボルテージも高まってきている。そんな盛り上がりを少しでも伝えようと,各メディアや雑誌も直前情報を連日のように記載している。その中のAUTO SPORT誌に小さく掲載されていた記事に,言いようのない悲しさを覚えた。スーパーGTを統括するGTアソシエーションが,井出有治に対して今季残りのスーパーGTに対するエントリーを受け付けないことを決定した。

 ことの発端となったのは,8月20日に行われたスーパーGT第6戦鈴鹿1000km。ザナヴィニスモZのサードドライバーを務めた井出だったが,他車と接触したことで提示されたドライブスルーペナルティの表示を見落として周回を重ねてしまう。これを重く見たレースコントロールは黒旗を提示され,最終的に失格となってしまう。無線の故障など様々な不運が重なった結果での失格であったが,コトはこれだけでは収まらなかった。GTアソシエイションは,「タワーの表示を認識しない行為は,オフィシャルの存在を軽視した行為と同義」と,残り2レースのエントリーを拒否したのである。

 井出は今シーズンGTのレギュラードライバーではないため,実質何の影響もないように思える裁定だが,これが意味するものは非常に大きい。井出は今シーズン,サンマリノGPの「アルバース撃墜」でスーパーライセンスを剥奪され,F1サーキットから閉め出されている。さらに今回,GTドライバーとしても失格の烙印を押されたわけである。プロのレーシングドライバーにとって,己を表現することのできるサーキットから閉め出されるということは,その存在を否定されたことと同じである。今回の決定は,井出のドライバーとしての価値を著しく傷つけるものである。

 もちろん井出のスーパーライセンス剥奪には,政治的な要素が多分に含まれているが,彼にF1で戦い抜く能力が備わっていなかったことも事実である。一度狂った歯車はなかなか元に戻ることはない。何とかフォーミュラニッポンにシートを得たものの,精神的にも中途半端な状態では満足な結果を得られるはずかない。そういった精神状態で臨んだ鈴鹿1000kmの結末が,自分の存在価値を一気に引き下げてしまったのである。これまで一体どれだけの人間が,井出のF1復帰を信じてきたのだろうか。それでも鈴木亜久里代表は,井出のF1復帰をサポートし続けるつもりなのだろうか。小さな記事に記されるには,あまりに悲しい結末だった。

|

« 反撃の時が来た! | トップページ | 琢磨よ,「結果」を残せ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/12124648

この記事へのトラックバック一覧です: 井出有治の小さな記事:

« 反撃の時が来た! | トップページ | 琢磨よ,「結果」を残せ!! »