« 仁義なきシート争奪戦 | トップページ | 黒くて丸い4本を学べ! »

2006年11月23日 (木)

「命の危険」を考えれば・・・

 我々が働いて受け取る賃金は,労働への対価である。しかし,自分の受け取っている賃金に納得している人間の方が少ないのかもしれない。かく言う私もその一人である。それは置いておくとして,労働者が雇用主から受け取る金額は,職種や労働時間,労働条件によって様々である。従って,常に死と隣り合わせで戦っているレーシング・ドライバーが高額所得であっても何ら驚くことはない。レーシング・ドライバーの労働環境は,他職種に比べ格段に危険である。一歩間違えば取り返しの付かないリスクを背負いながら戦う彼らには,それ相応の対価が払われてしかるべきだろう。

 このほどスペインの「マルカ」紙が,SAF1佐藤琢磨の年収を約770万ドル(約9億円)と伝え話題になっている。この金額は2年連続チャンピオンであるフェルナンド・アロンソが今季受け取った年収,約720万ドル(約8億5000万円)を上回るものであるという。さらにこの報道を受けて各紙は琢磨を,「最後尾からレースに臨んでいたものの,F1で最も稼いでいるひとり」とした上で,「この数字が正しければ琢磨の収入は,デビッド・クルサード,マーク・ウェバー,ジェンソン・バトン,そしてジャンカルロ・フィジケラよりも多いことになる」と,皮肉めいた表現で記事を書き連ねている。

 しかし,この報道には些か作為的なものがある。アロンソら琢磨より「収入の少ない」とされたドライバーの年収が,チームから支払われる純粋な「年俸」なのに対し,琢磨の年収はそれにスポンサー契約料を上乗せした額である。琢磨は個人スポンサーを数多く抱え,CM出演なども行っていることから,スポンサー収入の割合が多いことは簡単に想像できる。このほどSAF1に加入したアンソニー・デビッドソンの推定年俸は25万ドル(約3000万円)と言われており,いかに琢磨がエースドライバーとはいえ,新興チームがドライバーに支払う賃金はそれほど多いものではないだろう。そう考えると,琢磨の受け取っている年俸はそれほど高額ではなく,妥当な金額と言っていい。

 今シーズン限りで引退したミハエル・シューマッハが受け取っていた年俸は,日本円で約45億円とも言われていた。皇帝の名にふさわしい金額だが,他のドライバーはせいぜい20数億円が最高額。世界にたった22人しかいないF1ドライバーではあるが,その平均収入は思ったよりずっと少ないものである。ましてや他のカテゴリーで走るドライバーに至っては,雀の涙だろう。世界のスポーツ選手の中には,これを上回る収入を得ている者も少なくない。それらのスポーツ選手が,世界に類を見ない優秀な人物であることは否定しないが,命まで取られる危険があるのは,レーシング・ドライバーくらいのものだろう。とすれば琢磨の9億円など,安いものではないか。でも正直,羨ましい・・・。

|

« 仁義なきシート争奪戦 | トップページ | 黒くて丸い4本を学べ! »

コメント

正直F1は安全な部類ですよ。
NASCAR、Indyなんかは死人多いですし。
アエロバティックスというスカイスポーツをご存知ですか?
これもまた、非常に危険なスポーツですよ。

投稿: BFe | 2006年11月23日 (木) 19時01分

 BFeさん,こんにちは。コメントありがとうございます。
 確かに最近のF1は以前に比べ,安全性が飛躍的に向上しましたね。それでもご指摘の通り,他のカテゴリーは未だに死亡事故が絶えません。 
 スカイスポーツですか。そちらの分野は疎いのですが,これもまた危険な仕事でしょうねぇ。それでも収入は・・・。ではでは。

投稿: KAZ | 2006年11月24日 (金) 11時38分

こんばんは。

最近は何故か忙しく、久しぶりのコメントとなりました。また「節目の先に待つ飛躍」のページとトラックバックさせていただきましたので、宜しかったらお目汚しを頂ければ幸いです。
さて、SAF1自体が「佐藤琢磨」という大きなピースがなければ存在すら出来なかった、という事情があるのですから、9億円は個人スポンサーが大半とはいえ安いものです。果たして井出や左近でそれが可能であったかどうか、考えてみれば自明かと思います。
逆にバトンはともかく「デビッド・クルサード,マーク・ウェバー,そしてジャンカルロ・フィジケラ」で新チームが作れるとは思えませんね。

投稿: aqua1931 | 2006年11月25日 (土) 23時34分

 aqua1931さん,こんばんは。お忙しい中,いつもコメント&TBありがとうございます。
 この5年でルーキーからエースに成長した琢磨の存在は,今やチームになくてはならないものです。SAF1の誕生と琢磨の加入は別々のピースだったのですが,今となっては琢磨のいないSAF1など考えられませんね(^^)
 aqua1931さんのおっしゃるとおり,カリスマ性のあるF1ドライバーなど,そう何人もいないでしょう。そう考えると琢磨には9億円以上の価値があるでしょうね。ではでは!

投稿: KAZ | 2006年11月26日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/12791587

この記事へのトラックバック一覧です: 「命の危険」を考えれば・・・:

» 佐藤琢磨:年収はトップクラス!? [Escape Zone]
スペインの大衆スポーツ紙「マルカ」が報じたところによると、今季はチームの戦闘力不足でテールエンダーに終わった佐藤琢磨だが、「高給取り」と批判しながら彼の年収を伝えている。 それによると、年収約770万ドル(約9億円)を受け取っているとされ、それがもし正しか....... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 20時39分

« 仁義なきシート争奪戦 | トップページ | 黒くて丸い4本を学べ! »