« ホンダが挑む環境性能 | トップページ | 入れ替え制は実現可能? »

2006年12月14日 (木)

460円で得られる幸せ

 世界には約200の国があるが,一生のうちに我々が訪れることのできる国は,そのうちの幾つでもないだろう。海外旅行が身近になった現代でも,私のような貧乏暇なしの一般庶民はそう簡単に行けるものでもない。しかし,この時期になるとどうしても行ってみたい国がある。F1テスト真っ盛りのスペインである。冬でも温暖なこの地域は,ウィンターテストのメッカでもある。バルセロナやへレス,バレンシアなど,医療設備に若干の難はあるものの,F1テストを行うことのできるサーキットも多数存在する。一般客はそこでのウィンターテストを,1日わずか3ユーロ(約460円)で見ることができるのだから羨ましい限りである。

 さて,そのスペイン・へレスサーキットでは,今シーズン最後の合同テストが行われている。2日目の昨日は,このオフ初登場となるSAF1の佐藤琢磨が,このところ話題のSA06改を駆り,初日から合計121周という精力的な走り込みを行っている。2007年仕様のブリヂストンタイヤの感触を確かめつつ,シャシーのセットアップやホンダエンジンの開発など,順調にテストプログラムをこなしたようだ。ベストタイムは1'20"977で14台中11番手と見るべきものはないが,琢磨がSA06改に初搭乗したことを考えると,まずまずの結果と言えるだろう。

 注目すべきは次世代の若手たち。タイムシートの一番上には,ルノーの新星ヘイキ・コバライネンが座った。先週のテストを終えた段階でルノーのクリスチャン・シルク/チーフ・テストエンジニアは,「もうブリヂストンタイヤの特性はつかんだ」と豪語しており,それを裏付けるようなトップタイムである。タイヤとマシンのマッチングはそんなに簡単なものではないはずなのだが,先週・今週とへレスでは,ルノーやマクラーレン,ホンダなど旧ミシュラン勢のタイムがフェラーリを上回っている。これには「ワンメイク供給はフェラーリ有利との声を封じるため,フェラーリとブリヂストンが意図的に手を抜いた」とさえ言われる始末だ。

 ここに来て速さを発揮してきたのが,ウィリアムズのテストドライバーに抜擢された中嶋一貴である。先週の初テストはトヨタエンジンがブローしたため,僅か16周で打ち切りとなってしまったが,2度目の本格テストとなった今回は95周を周回し,1'20"859のベストタイムを記録した。これは大先輩の佐藤琢磨を上回り,BMWザウバーのセバスチャン・ベッテルに次ぐ13番手。トヨタからテストに参加した平手晃平,小林可夢偉らがワンステップ先のタイムを出せないでいる中,一貴はF1ドライバーとして認識されるだけの速さを身につけつつある。開幕戦までにテストを重ね,サードドライバーとして金曜日を走り,2008年からデビュー・・・。そんなにうまくはいかないかな。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« ホンダが挑む環境性能 | トップページ | 入れ替え制は実現可能? »

コメント

 ウインターテストの観戦料が3ユーロとは安いですね!多分ユーロ移行以前はもっと安かったと思いますから、羨ましいかぎりです。ファン感謝デーでも2000円とる日本とは大違いですね(苦笑)。あくまでテストですから、タイムアタックの緊迫感はありませんが、各車100周前後回るのですから、充分以上に元をとれますね。
 ところで中嶋Jr.に限らずTDPの三人は各人立派にテストを勤め上げていますね。未だF1そのものへの習熟が主体でしょうが、タイムもそれなり以上出していますので、これから戦力としても使えるようになるでしょう。(勿論実戦は別ですが…)
 それはさておき、タイヤはどうなんでしょうか?今のところトップチームと下位チームの差がほとんど無いのが面白いですね。やはりギリギリ削るタイムを出す実戦では、明らかな差が付くとは思いますが、意外や今年より差が縮まるかもしれませんね。
開幕が楽しみです!

投稿: aqua1931 | 2006年12月15日 (金) 23時57分

 aqua1931さん,こんにちは!
 ウィンターテストも一段落付きましたね。注目のTPD三銃士ですが,ミスも少なくしっかりとテストをこなしていたことが印象的でした。ウィリアムズ&トヨタには,今後も是非積極的なテスト起用をしてもらいたいですね。
 今回のテストは,ブリヂストンタイヤの特性をつかむことが一番の課題でしたが,各チームともそれなりの手応えを得たようですね。タイム的にも拮抗していますし,ブリヂストンの狙いは達成されていると思います。新車が登場する年明けは,このタイムがどう変わるか・・・。楽しみですね。あー,スペイン行きたい!!ではでは!

投稿: KAZ | 2006年12月16日 (土) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13067515

この記事へのトラックバック一覧です: 460円で得られる幸せ:

» F1:ヘレステスト2日目(佐藤琢磨今オフ初走行!!) [Escape Zone]
まずはリザルトから ヘイキ・コバライネン(ルノー):1'19.467 ルカ・バドエル(フェラーリ):1'19.901 クリスチャン・クリエン(ホンダ):1'20.005 ジェームス・ロシター(ホンダ):1'20.016 ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー):1'20.104 ペドロ・デ・ラ・ロサ(...... [続きを読む]

受信: 2006年12月14日 (木) 23時54分

« ホンダが挑む環境性能 | トップページ | 入れ替え制は実現可能? »