« 未完成な作品への興味 | トップページ | へレスに向けたあれやこれ »

2006年12月 1日 (金)

プロフェッショナルな者たち

 「プロフェッショナル」とは,どのような状況下にあっても最善を尽くし,なおかつ結果を得ることのできる者を言う。我々もそれぞれの職業のプロフェッショナルとして働き,賃金を得ているわけだが,全てに於いて最善を尽くしているかと言われると耳が痛い。どう考えてもプロとは呼べない者が,平然と給料を得ていることもしばしである。結果が全てのF1界ではこうはいかない。ポジションに見合うだけのパフォーマンスが示せなければ即解雇という,我々とは比べものにならない厳しい世界である。オフシーズンテストがは始まったバルセロナで,「プロフェッショナル」としての評価を高めた者がいる。SAF1での初テストに臨んだ,アンソニー・デビッドソンだ。

 SAF1はブリヂストンユーザーであったが,今回走らせたマシンはミシュランを履いていたRA106。とは言えデビッドソンにとっては,自分の手足同然のマシンである。タイヤを確かめながらの走行は,3日間で合計290周にも及んだ。これはもちろんSAF1創立以来,1回のテストでの最長距離となる。テストを率いたグラハム・テイラー/スポーティング・ディレクターも「経験豊富な彼のコメントは,とても適切で的を射たものだった」と,デビッドソンの仕事ぶりを評価している。チームは来週のへレステストでもデビッドソンを走らせるが,佐藤琢磨と二人で走る姿を早く見てみたいものである。

 ところで数々のF1改革案を提案しているSAF1のダニエレ・オーデット/マネージング・ディレクターが,「金曜日に全チームがサード・ドライバーを使うよう義務づけるべき」という考えを示している。来季からは,5位以下のチームが使用できたサードカーが廃止される。レースカーをシェアしてサードドライバーを走らせることもできるが,90分に時間が拡大されたものの,フリー走行は1分たりとも無駄にできない貴重な時間である。そのため上位チームのほどんどは,「レギュラードライバーを休ませてまでサードドライバーを走らせることはない」という方針を打ち出している。

 この案はF1デビューを夢見る若手ドライバーたちに,大いに歓迎されるものだろう。それだけでなく商業的な面から見ても,各チームが受けるメリットは大きい。オーデットがこの案を主張する背景には,サードドライバーを走らせることにより,新たなスポンサーを獲得するという狙いがある。新しいドライバーにチャンスを与え,スポンサーも獲得でき,なおかつイコールコンディションが保てる・・・。一見すると,この「一石三鳥」とも言える案を反対する理由は見あたらない。事実マックス・モズレーFIA会長とバーニー・エクレストンFOM会長は,この案を支持しているという。問題は「プロフェッショナル」な上位チーム首脳陣。さてオーデットの案,吉と出るか凶と出るか。

|

« 未完成な作品への興味 | トップページ | へレスに向けたあれやこれ »

コメント

KAZさん、こんばんは。

デビッドソンがこの時期にこれだけ走ったという事は、SAF1が資金的に安定してきたのでしょうか?一説によるとホンダがお金(とRA106)を出して、ブラック・ホンダと共にテスト参加させたとか。亜久里代表は「資金はまだまだ足りてないから」と語っていましたので、有りそうな話です。
となると、KAZさんのおっしゃる通り、第三ドライバーが金曜日に走る条件でスポンサーから資金を得る算段なのかもしれませんね。まあ、それとは別に若手ドライバーの育成は重要ですから、ベッテル以外にも是非見たいとは思うのですが…。

投稿: aqua1931 | 2006年12月 2日 (土) 22時38分

 aqua1931さん,こんばんは!
 SAF1は先週のバルセロナに続き,来週,再来週のへレステストにも連続で参加する予定です。シーズン中はほとんどプライベートテストを行って(行えて)いませんでしたかから,ホンダが資金を出したというのは現実的な話ですよね。資金的には未だに厳しいと思いますが・・・。
 一つ気になるのは,先週FIAが発表した来シーズンのエントリーリストで,SAF1のチーム登録名が「TBA・スーパーアグリ・F1チーム」になっているんです。もしかしたら来季はタイトルスポンサーがつく可能性があるんでしょうかね?今頃亜久里代表も,資金集めに奔走しているでしょうから,吉報が届くのを待ちたいですね。ではでは!

投稿: KAZ | 2006年12月 3日 (日) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/12892922

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナルな者たち:

« 未完成な作品への興味 | トップページ | へレスに向けたあれやこれ »