« 山本左近の誤算 | トップページ | 今シーズンを振り返って »

2006年12月26日 (火)

おめでとう左近!でも・・・

 人間は実に弱い生き物だ。元来人間は僅かな環境の中でしか生きることができない上に,その環境が少しでも変化してしまえば,途端に体の変調を来すこととなる。かくいう私も,この1週間全く動くことが出来ないくらいの高熱にうなされていた。普段であったら何でもなくできることが,一人では全くできない。もちろん日課であったブログ更新などできるわけもなく,実に10日ぶりの更新となってしまったわけである。それでもこの10日の間,多くの方々がこのブログに足を運んで下さったことが,何より嬉しいことであった。稚拙な文章をただ書き連ねただけのブログだが,読んで下さる人がいる限り,これからもモータースポーツに関するあれこれを書き綴っていきたいと思う。

 「おいら一人が寝てたって,月は昇るし地球は回る~」昔,そんな歌い出しで始まる演歌があったと思ったが,正にその通り。寝ている間もF1界は動いている。その中でも注目すべきは,SAF1の来季体制が固まったことである。チームは昨日,山本左近を来季の第2テストドライバーとして起用することを正式発表した。当初左近が務めると思われていたサード&リザーブドライバーは,キド・ヴァン・デル・ガルデの手に委ねられており,左近はこれに次ぐポジションに収まることとなった。チーム離脱という最悪のシナリオだけは避けることができた左近だが,これで来季の展望が完全に開けたわけではない。

 まず問題なのが,F1マシンを走らせる機会が,果たしてどのくらい得られるのかと言うことである。ヴァン・デル・ガルデがサードドライバーである以上,金曜走行にそのチャンスがあるとは思えない。そうなるとシーズン中のプライベートテストが唯一の機会となるのだが,これも微妙だ。来季からはシーズン中のテスト日数が,今季より更に制限される上に,潤沢な資金のないSAF1は,1台のマシンをシェアしながらテストをすることの方が多いと思われる。その中に於いて,左近のポジションは実質4番目。果たして彼に,どの程度の走行機会が与えられると言うのだろうか。

 そしてもう一つ気がかりなのが,左近の参戦カテゴリーである。鈴木亜久里代表も「チームとして彼をサポートしていくつもり」と支援を表明しているが,ハイレベルな争いが期待できるカテゴリーとなると限られてくる。F1に最も近いという意味で最良のカテゴリーとなるのはGP2であるが,それだけに来季のシートは残り少ない。最も現実的な選択はフォーミュラ・ニッポンだが,それでは物理的な距離と時間の問題がネックになる。ならば他チームのテストドライバーも参戦するWSRはどうかというと,参戦に値するだけのシートを見つけられるかどうかが鍵となる・・・。国際化を進めるSAF1に於いて,自分のポジションを確保した左近だが,おめでとうを言うにはまだ早いようだ。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« 山本左近の誤算 | トップページ | 今シーズンを振り返って »

コメント

KAZさん、お久しぶりです。
私も年末なにかと忙しく、更新もままなりませんでしたが、病気で倒れていた訳では無いので、単なる怠け癖というやつですね。
それにしても10日とは…もしや今話題のノロ・ウイルスだったのでしょうか?いずれにしろ、体力の落ちる年末ですので、どうかご自愛くださいませ。

ところで左近、確かに微妙ですね。私はFポンと見ましたが、どんなものでしょうね。GP2に比べ注目度は低いのですが、それなりにレベルは高いはずです。左近ほどのレーサーが遊ばされているのも勿体無い。一つFポンの台風の目になって、日本のレース界に嵐を巻き起こして欲しいものです。

投稿: aqua1931 | 2006年12月31日 (日) 11時40分

 aqua1931さん,こんばんは。
 いやー,今回は参りました。話題のノロ・ウィルスではなかったのですが,高熱が何日も続いたのは人生初の経験だったので,その後のリハビリも難儀でして・・・。人間健康が一番ですね(^^)
 さて,左近はどこに行くんですかねぇ。現実的にはARTAのチームもあるフォーミュラ・ニッポンでしょうが,ヨーロッパとの距離のはいかんともしがたいですよね。尤もテスト・ドライブの機会も少ないでしょうから,あまり影響ないのかもしれませんが。左近はマイナーカテゴリーでのチャンピオンがありませんから,ここは是非Fポン王者の肩書きを持って2008年からのレギュラー復帰を期待したいと思います。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年1月 1日 (月) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13232890

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう左近!でも・・・:

« 山本左近の誤算 | トップページ | 今シーズンを振り返って »