« 入れ替え制は実現可能? | トップページ | おめでとう左近!でも・・・ »

2006年12月16日 (土)

山本左近の誤算

 ショッキングな出来事は,期せずして我々を襲うことが多い。ある程度覚悟していたことなら,それに対する心構えもできているのだが,突発的に起こったことに対しては,ただその成り行きを見守るしかない。F1の世界も,いつ,何が起きても不思議ではないところである。ここでは当然と言われてきた事が実現しなかったり,全く予想もしていなかったことが現実に起きたりする。しかし,我々は異国の地で起きている出来事を,ただ傍観するしかないのだ。昨日,日本人F1ファンにとっては,残念なニュースが報じられた。SAF1が来季のサード&リザーブドライバーに,オランダ人の新鋭,キド・ヴァン・デル・ガルデを起用することを発表したのだ。

 当初このポジションには,今季後半戦を佐藤琢磨のパートナーとして戦った,山本左近がつくものと思われていた。デビュー当初は慣れないマシンとサーキットに苦戦していた左近だが,終盤戦になると琢磨と遜色のない走りを披露するまでに成長し,来季への期待を膨らませた。残念ながら来季のセカンドドライバーの座こそ,ホンダから移籍したアンソニー・デビッドソンに譲ったものの,2008年のレギュラー再昇格を目指し,チームと契約を交わすものと考えられていた。鈴木亜久里代表も,左近にはチャンスがあることを認めていた。しかし,現実にサード&リザーブドライバーに抜擢されたのは,ヴァン・デル・ガルデだったのだ。

 一見予想外に思えるこの起用劇だが,実は幾つかの兆候が見られた。そのひとつが,チームコンセプトの軌道修正である。SAF1のチームコンセプトには発足当初から「オールジャパン」という誤解があったため,スポンサーとなった日本企業からは「日本人ドライバーを起用すること」が条件提示されていた。しかし,ダニエレ・オーデット/マネージング・ティレクターの「スーパーアグリは国際的なスポンサーを引きつけるために,今後はもっと国際的になるつもりだ」という言葉が示すとおり,今後は多くの国から支援を得る必要があると判断したのだろう。左近の誤算がそこにあった。

 ヴァン・デル・ガルデの出身国であるオランダは,F1こそ開催されていないものの,モータースポーツへの関心が非常に高い。今季はクリスチャン・アルバース,ロバート・ドーンボスがF1に参戦,また,スパイカーを始めとするオランダ企業も,積極的にF1への投資を行っている。来季からルノーのタイトルスポンサーを務めるINGも,オランダに本拠地を置く企業である。そんなオランダ期待の新鋭であるヴァン・デル・ガルデには,多くのスポンサーがバックアップをしている。これが契約成立の容認になったことは容易に想像できる。 現在交渉中のタイトルスポンサーも,日本企業であるとは限らない。来季のSAF1がどのような変貌を遂げるのか。我々はだた,見守るしかない。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« 入れ替え制は実現可能? | トップページ | おめでとう左近!でも・・・ »

コメント

KAZさん、こんばんは。

なるほどスポンサーの側面で見てみれば、今回の起用も理解できますね。山本左近にそれほど大きなパーソナル・スポンサーが無かったのが痛い。左近、井出有治の行き先はFポンなのでしょうか?個人的にはGP2あたりに行って実力を見てみたいのですが。

ところでオランダの大手企業といえば、フィリップス、ユニリーバ、ハイネケンあたりでしょうか?このあたりがタイトルスポンサーに付いてくれれば非常に助かるのですが…。

投稿: aqua1931 | 2006年12月16日 (土) 22時35分

 aqua1931さん、こんにちは!コメント遅くなってしまって申し訳ありませんでした。理由は・・・。ご存知ですよね(^^;)
 さて、バン・デ・ガルデ(でいいのかなぁ)の起用は噂されていたものの、正直なところ半信半疑でした。それでも起用に踏み切ったのには、スポンサーを含めた裏事情があると思われます。2008年からはある程度めどがついていますが、来季はなんとしても生き残りを果たさなければなりません。今回の決定は、そのための「国際化」とも取れますね。メインスポンサーは???発表を待ちましょう。
 そうなると気になるのが、左近の今後です。テスト規制が厳しくなる中で、SAF1に残っても意味がないでしょうから、フォーミュラ・ニッポンですかねぇ。GP2が一番いいのですが、シートは残りわずか・・・。がんばれー左近!ではでは!

投稿: KAZ | 2006年12月20日 (水) 15時11分

KAZさん、こんばんは。

コメントなどは何時でも大丈夫ですよぉ~。どうかご自分に一番良いペースで、無理なくまいりましょう。ほぼ毎日お書きのKAZさんに比べるべくもない、私のブログあたりももう少し頑張らなくては…(^_^;;;;;; 。
ところでDTMやNASCARあたりが最近のF1引退後の隠居先になっていますが、井出も左近もまだ若いのですから、常に「上」に備え、希望を失わないで欲しいものです。では。

投稿: aqua1931 | 2006年12月21日 (木) 23時25分

 aqua1931さん,こんばんは!
 先週のコメントで「明日からは頑張って書こうと思います」とか抜かしておきながら,それから更なる灼熱地獄の日々を送っていました(TT)日頃の不摂生が祟ったか・・・。年末年始は,マイペースで記事を書いていこうと思います。(^^;)
 さてさて,左近の第2ドライバー決定は喜ぶべきことなのでしょうが,参戦カテゴリーが気になります。GP2か,FNか,WSRか,それとも・・・。いずれにせよ,2008年からのF1カムバックを期待したいと思います。ではでは!

投稿: KAZ | 2006年12月28日 (木) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13087960

この記事へのトラックバック一覧です: 山本左近の誤算:

» F1:スパグリ3rdドライバーを発表。 [Escape Zone]
15日にスーパーアグリF1チームの来季の3rd&テストドライバーが発表された。ジエド・バン・デ・ガルデという名のオランダ人(21歳)になった。そういうわけで、山本左近くんは残念ながらその・・・おさらばということになった。 なんじゃコイツと思った方多いでしょう。オ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 18時33分

« 入れ替え制は実現可能? | トップページ | おめでとう左近!でも・・・ »