« RB3にかかる将来 | トップページ | SAF1に残された時間 »

2007年1月30日 (火)

頑固者の誇りにかけて

 世の中には,いかなる困難な状況であっても自分のポリシーを曲げず,確固たる信念を持った「頑固者」と,時代の流れに合わせて,最も効果的・効率的な行動をとる「現実主義者」がいる。もちろん人の生き方は千差万別,十人十色であり,どちらの生き方が正しいと言うことはない。人により様々な考え方,生き方があるからこそ,この世界は面白いのである。さて,「頑固者」と「現実主義者」をF1オーナーに例えるなら,前者はウィリアムズのフランク・ウィリアムズ代表であり,後者はトロ・ロッソのゲルハルト・ベルガー/共同オーナーということになるだろう。そしてこの二人は,このオフシーズン最大の懸案事項であるシャシー問題で,激しい火花を散らしている。

 シャシー共有に断固反対の姿勢を示すウィリアムズ代表は,トロ・ロッソとSAF1の新型車について,法的措置に持ち込む用意があることを明らかにしている。それに対しベルガー共同オーナーは「最終的な判断を下すのはFIAであり,ウィリアムズに言われる筋合いはない」と,強烈な反論をしている。ウィリアムズ代表の行動は,昨年からシャシー問題に強硬な姿勢を示してきた,スパイカーのコリン・コレス代表と同じである。しかし,この二人には明らかな信念の違いがある。それはコレス代表が,自チームのポジションを守ろうとしているだけなのに対し,ウィリアムズ代表はコンストラクターとしての意義,そしてF1の伝統を守るために行動を起こしているという点である。

 「車いすの闘将」と称されるウィリアムズ代表は,下半身不随のハンディをモノともせず,長年にわたりF1を戦ってきた生粋のレース人間である。それだけに彼の発言には非常に重みがある。今や完全な商業レースとなってしまったF1に於いて,ウィリアムズ代表は最後のプライベーターとして孤軍奮闘してきた。どんな苦境に陥っても決して大企業の軍門に下ることなく,ウィリアムズは今もレーシング・コンストラクターとしてのプライドを保っている。それは彼の「我々はいわゆる伝統を重んじるチームであり,2つのワールドチャンピオンシップの為に戦っている」という言葉にも表れている。

 そんなウィリアムズ代表にしてみれば,コンストラクターとしての誇りを捨て,安易にカスタマー・シャシー(に近いマシン)を使うことなど,断じて許せないのだろう。誇り高き英国人オーナーの姿勢に,多くのF1関係者は尊敬の念を持っていることも事実である。かつてバーニー・エクレストンFOM会長は,「F1にある4つの宝」を挙げている。それはモナコGPにフェラーリ,そしてマクラーレンとウィリアムズであったという。頑固者の誇りにかけ,大企業の工場進出にたったひとりで立ち向かう町工場の老社長・・・。なんだかしんみりしてきたなぁ。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« RB3にかかる将来 | トップページ | SAF1に残された時間 »

コメント

KAZさん!
こんにちは。ホント確かにサー・フランクの言葉には重みがありますよね。
いやはや、蓋を明けてみない事にはなんとも言えませんが…なんとか無事スーアグがグリッドについてくれる事を希望して止みません。(汗

投稿: カンジ | 2007年1月30日 (火) 14時28分

 カンジさんこんにちは!コメントありがとございます。
 今回の発言を見ると,フランク・ウィリアムズという人物が,いかにF1を愛しているかがよく分かる気がします。自動車メーカー主体の今のF1を,真のプライベーターとして嘆いているのではないでしょうか。スパイカーとは「重み」が違いますよね。
 とはいっても,SAF1にとってはあまりいいニュースではないですよね。うまい具合にFIAが着地点を見つけてくれると来しているのですが・・・(--;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年1月30日 (火) 18時35分

初めまして(…ですよね)
カンジさんの所から来ました。
この問題は理想と現実、どっちが正しいとは言えませんね。
フランク・ウィリアムズの気持ちは大切にしたいし、僕もコンストラクター選手権としてのF1がF1たらしめていると思っています。
なので08年からのF1に不安が…

投稿: ビートニク | 2007年1月30日 (火) 21時02分

コメントが出来ない状態が続いているようですが…
オイラとしてはフランクおじさんの発言は同意できることが多いのです。

投稿: ビートニク | 2007年1月31日 (水) 06時18分

 ビートニクさん,初めまして!こんにちは。
何度もコメントを送って頂いたようで申し訳ありませんでした(^^;)
コメント&TBが保留かかってるので,表示までに時間がかかってしまいました。
 サー・フランクの発言は,もっともだと思います。このカスタマー・シャシー問題を見ていると,2008年からのF1はどうなるのか正直分からなくなってきました。長年コンストラクターズ選手権だったF1ですから,部分ワンメイクで果たして本当に盛り上がるのか・・・。まずは今季ですけどね。
 ビートニクさんのエントリーは,いつも読ませていだていていました。
これからもよろしくお願いします!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年1月31日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13715639

この記事へのトラックバック一覧です: 頑固者の誇りにかけて:

» カスタマーシャーシ問題その後 (追記アリ□ [beatnicの密かな憂鬱]
昨年から続くカスタマーシャーシ問題が混沌としてきているようなので、少し中間のまとめ的感想を… ●ベルガー、カスタマーシャシーに自信(f1gpnews:F1ニュース2007) ●ウィリアムズ、マシン共有問題でライバルチームに圧力(F1通信) ... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 06時16分

« RB3にかかる将来 | トップページ | SAF1に残された時間 »