« 嵐の前の平和な時間 | トップページ | 化けるのはどこだ! »

2007年1月17日 (水)

気になる新車の第一印象

 第一印象はとても大切なものである。初めて出会った時に好印象を残すことができれば,その後の人間関係も良い方向に進展することが多い。もっとも人間の魅力は表面的な部分だけで決まることはないのだから,第一印象が全てではない。さて,F1ドライバーにとってニューマシンの第一印象は,今後を占う上で大いに気になることだろう。根本的に問題を抱えるマシンを,シーズン中に大きく性能向上させることは極めて難しい。そのため,マシンの基本性能がおよそどのくらいあるかは,開幕までのテストで明らかにし,問題があれば対策をとる必要がある。新車発表が相次ぐ中,いよいよ開幕に向けたテストが各地で始まった。

 昨年のコンストラクターズ王者であるルノーは,スペイン・へレスでR27をテストしている。ステアリグを握ったのは,チームのエースとして大きな期待のかかるジャンカルロ・フィジケラ。最終的にはエンジントラブルでテストは途中終了だったようだが,フィジケラはニューマシンの第一印象を「マシンはとてもいいフィーリング」と語っており,とりあえず好印象を持ったようだ。R27は昨年のR26からの正常進化型であるが,その空力性能は更に研ぎ澄まされた印象を受ける。カラーリングもメインスポンサーの変更により,大幅に変更される事が予想される。しかし,チームタイトルを防衛するためにはややドライバーラインナップが貧弱なことが,共通した見方なのだろう。

 一方でワークス2年目となるBMWザウバーも,ニューマシンF1.07をバレンシアでシェイクダウンしている。もはやベテランの風格漂うニック・ハイドフェルドは,顎髭をたくわえイメージを一新。成長著しいロバート・クビサと共に,2年目で表彰台の常連となりたいチームを牽引することとなる。F1.07はカラーリングの変更も殆どなく,全体的に受ける印象は昨年のF1.06とさほど変わらない。しかしBMWザウバーは,最新の風洞設備と投入したばかりのスーパーコンピューターを駆使し,継続的な空力開発を進めている。堅実なチームなだけに,今季も表彰台争いに絡んでくることは間違いないだろう。
 
 近年大々的に新車発表を行うチームが少なくなっている中,総額1億円をかけたお披露目を行ったのがマクラーレンである。スペイン・バレンシア市内の施設には母国の英雄フェルナンド・アロンソを一目見ようと,約20万人ものファンが詰めかけたという。ボーダフォンがタイトルスポンサーとなり,二人のドライバーが変更になるなど大きな変革期を迎えたマクラーレン。昨年度1勝もできなかったチームが,いきなりタイトル争いに加わることは難しいとの見方が多いが,新車MP4-22は相変わらず攻めたデザインを保っている。このマシンがテストから速さを発揮するようなら,今季はより面白くなるだろう。明日はいよいよSAF1も始動する。冬のお楽しみは,まだまだ続く・・・。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« 嵐の前の平和な時間 | トップページ | 化けるのはどこだ! »

コメント

今まで何回も、ポチ逃げしてたんでぃすがぁ、初めてトラバさせて頂きますねぇm(__)mぺこぺこ。。。

投稿: 天使な悪魔。。。 | 2007年1月17日 (水) 18時07分

 天使な悪魔。。。さん,コメント&TBありがとうございます。
 「オフシーズン新車格付けランキング」楽しく読まさせて頂きました。やはり今のところ,F2007が一番攻めてますね。後はホンダがとうでるか・・・。楽しみは尽きません。 今後もよろしくお願いします。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年1月17日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13538736

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる新車の第一印象:

» 【オフシーズン新車格付けランキング^^♪】 [AngelCats(別館・・・F1の部屋っぽぃ)]
 ロンドンハーツのノリで・・・(笑)。。。 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 18時06分

« 嵐の前の平和な時間 | トップページ | 化けるのはどこだ! »