« ベルガーの自信は何処から? | トップページ | 見た目も中味もカッコよく »

2007年2月 9日 (金)

「重い」フランクの想い

 「重い」という言葉には,様々な意味がある。①目方がある。②気分が晴れ晴れしない。③注意深く,軽々しく行わない。④体の働きや動きがよくない。⑤程度が大きい・・・。このところの私は,明らかに②である。連日のように飛び込んでくる,シャシー問題に対する報道を読んでいると,どうしても憂鬱な気持ちになってくる。昨年,大いなる希望を持って参戦したSAF1は,様々な苦境に直面しながらも,それを乗り越えてF1を戦ってきた。今季は早々と体制を決定し,テストも精力的に行うなど,順調な滑り出しが期待されたものの,このところどうも明るいニュースがない。

 そんな中で,フランク・ウィリアムズ代表が,再度カスタマー・シャシー問題について語っている。これを読んでいると,ウィリアムズ代表がいかに③な人物かが伝わってくる。彼には,「長年にわたりF1を支えてきたのは,自分たち独立チームである」という強い自負がある。それだけに,安易にカスタマー・シャシーに頼ろうとするチームが許せないのだろう。「コンストラクターであるのならば,これまでF1が何十年もしてきたように,自分のレーシングカーを作らなくてはならない。マシンを買うのであればコンストラクターではない」という言葉も,言っていることはスパイカーのコリン・コレス代表と同じなのだが,ウィリアムズ氏が言うからこそ非常に「重い」ものとなる。

 その一方で,ウィリアムズ代表はSAF1とトロ・ロッソに対し,チャンピオンシップ・ポイントなしと,分配金の取り消しを望んでいる。さらに,「彼らが何をするにしろトラックの上で我々を打ち負かすと,我々は配当金がもらえなくなる」と,商業面における非常に現実的な話もしている。カスタマー・シャシーを購入するチームはコンストラクターではないのだから,ポイントも分配金も与えるべきではないというのが,ウィリアムズ代表の主張は理にかなっている。ウィリアムズは,SAF1やトロ・ロッソ,或いは2008年からの参戦を目指すプロドライブに対して,「不公平さ」を露わにしているのだ。

 もう一つの話題が,2008年以降のカスタマー・シャシーについてである。マックス・モズレー会長のBチーム案は,プライベーターの参戦コストを軽減させることで,彼らを救済することが目的だったはずである。しかし彼らの全てが,カスタマー・シャシーを購入するとは限らない。仮にシャシーの購入が認められるようになっても,ウィリアムズだけは頑なに,コンストラクターとしての意地を貫くのだろう。そうなると,同じプライベーターでありながら,参戦コストの桁が一つ違う状況が生まれてくる。F1の伝統を守ろうとする強い信念と,自チームを存続させるための強い意志。それがなければ,F1を戦い続けることなど,とうていできないと言うことか。それにしても,彼の想いは「重い」。

参照リンク:F1通信 beatnicの密かな憂鬱

|

« ベルガーの自信は何処から? | トップページ | 見た目も中味もカッコよく »

コメント

KAZさんこんばんは!
む〜。本当にシャーシ問題に関しては落ち込んでしまいますね。
ただ、フランクさんの気持ちは理解できる部分(誇り)と出来ない部分(結局お金なのか?)って部分が余計にオイラの気持ちを複雑にしております。(ハイ)

投稿: カンジ | 2007年2月 9日 (金) 23時25分

こんばんは
フランク・ウィリアムズの存在は既にF1の歴史の一部とも言えると思います。
コンストラクターの存在がF1をF1たらしめているとも思う僕にとってはとても説得力があります。
その一方で、資金難から脱落していくプライベーターの存在…モータースポーツの最高峰であるなら、それなりのハードルはあって当然でもあるわけですけどね。
バランスが難しいですね。

投稿: ビートニク | 2007年2月 9日 (金) 23時41分

 カンジさん,こんにちは!新居からの初コメント,ありがとうございます!(^^)
 フランクの言葉からは,誇りとお金,両方への気持ちが,非常にわかりやすく伝わってくるんですよね。F1を戦い抜く上ではどちらも重要ですから,奇麗ごとばかりもいってられませんからねぇ・・・。
 トロ・ロッソだけなら何のことないんですが,SAF1もかかわっているだけに,シャシー問題の記事には,ついつい敏感になってしまいます。重い気持ちが,早く晴れてくれることを期待しています(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年2月10日 (土) 17時42分

 ビートニクさん,こんにちは!
 当初はカスタマー・シャシー制について,それほど深く考えていなかったのですが,やはり最近は,本当にそれがF1と言えるのか疑問に思っています。
 そうは言っても,あまりにも高騰しすぎている参戦コストは削減すべきでしょうから,そのバランスが問題となりますよね。
 もしカスタマー・シャシー制が導入されたら,シャシーを購入するプライベーターは,WRCのように別のクラスとして考えるべきだと思います。それらのチームは,コンストラクターではないですからね。
 新コンコルド協定も,締結に時間がかかりそうですねぇ・・・。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年2月10日 (土) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13845243

この記事へのトラックバック一覧です: 「重い」フランクの想い:

» スーパー・アグリ情報といえば… [★カンジのあなた!(H氏公認)★]
出てくる話題と言えば… オランダくんとスパイカーに絡む移籍問題と カスタマー・シャーシ問題ばかり… 出てくるのは… ため息ばかりだね… 早く出てこい! 文句を言わせぬ、SA07! ファンとしてはこの立ちこめる霧を... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 21時17分

» カスタマーシャーシ問題の夜 (長文注意 [beatnicの密かな憂鬱]
Super Aguri F1 Teamは大丈夫だと、そんなことを書いた矢先、F1通信に 「フランク・ウィリアムズ QA カスタマー・マシン問題を語る」 と、フランクがメディアにコメントを披露している。 ポイントになる部分は ●知的所有権の共有は不可 ●裁判へ持ち込まれるか否かは..... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 23時38分

» SUPER AGURI スパイカーに法的措置も [にこらすの徒然なるままに・・・part2]
sutosport.comが伝えるところによると、ギド・ヴァン・デル・ガルデの二重契約問題についてSUPER AGURI F1 TEAMのダニエーレ・オーデット/マネージング・ディレクターが法的措置も辞さないとコメントしたそうです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月10日 (土) 17時26分

« ベルガーの自信は何処から? | トップページ | 見た目も中味もカッコよく »