« 辛口ジャックと謙虚なアロンソ | トップページ | SA07の独自性と類似性 »

2007年2月20日 (火)

2世ドライバーの宿命

 「親の光は七光り」という言葉が示すように,2世に対する世間の風当たりは強い。就職や昇進が本人の実力ではなく,家族や親族の力が大きく関わっているのは,今も昔もさして変わらない。しかし重要なのは,ポジションを得ることではなく,得たポジションをどう生かすかである。F1の2世ドライバーで真っ先に思い浮かぶのは,「F1侍」ジャック・ビルニューブだろう。彼は「偉大なドライバーの子息」としてのプレッシャーをはねのけ,チャンピオンとなった実力の持ち主である。そして今季も,2世ドライバーが話題には事欠かない。ウィリアムズで2年目を迎えるニコ・ロズベルグ。ルノーのテストドライバーとなったネルソン・ピケJr。そして日本期待の新星,中嶋一貴である。

 その一貴は,スペイン・バレンシアで行われた合同テストで,順調な周回を続けているようだ。昨日はレギュラードライバーのアレキサンダー・ブルツが,FW29のセットアップ作業を担当したのに対し,一貴はレース・シミュレーションを実施。初めて乗った新型車で珍しくスピンしたものの,トータル54周を周回している。一貴のテストは,このオフ既に5回目,都合7日間を数える。これは,チーム内での信頼を勝ち取っている証拠に他ならない。特にサム・マイケル/テクニカル・ディレクターは,「彼のように走れるレースドライバーを見つけるのは難しい」と,安定感あるその走りを絶賛している。

 マイケルTDは,今季GP2と重ならないいくつかのレースで,一貴を金曜日に走行させることを明言している。それが言葉通り実行されれば,早ければ開幕戦のオーストラリアから,一貴の走りが見られることとなる。一つ心配なのは,短期間でF1とGP2という異なるカテゴリーを乗り換えるという点である。双方は同じブリヂストンのコントロールタイヤであるが,タイヤの構造自体が大きく異なる為,そのドライビングに修正が必要とされる。GP2で速さを発揮したドライバーが,金曜走行でF1をドライブした場合,その実力を出せずに終わっている。一貴はその逆であり,GP2よりもF1の方が圧倒的に走行距離が長い。今後行われるGP2の合同テストにも,周囲の注目が集まる。

 一貴が将来を嘱望される中で,もうひとりのテストドライバー,ナレイン・カーティケヤンは,完全に存在が霞んでしまった。本人はインドGP実現のため,是が非でもF1に残りたいだろうが,現実的にはA1など他のカテゴリーへ進むしか,道は残されていないだろう。本来ウィリアムズは,これほど一貴が安定した速さを発揮するとは,思っていなかったはずである。一貴のウィリアムズと契約に,トヨタの存在があったことはもちろんなのだが,一貴は得たポジションを着実に自分の物にし始めている。日本人2世ドライバーは,親の七光りなどではなく実力で,F1デビューを果たそうとしている。

参照リンク:@nifty F1通信

|

« 辛口ジャックと謙虚なアロンソ | トップページ | SA07の独自性と類似性 »

コメント

こんばんは
えーっと、デーモン・ヒルも二世でした。
地味だったので、シューマッハの対抗馬としての応援でしたけど(^^;

一貴は来年辺り…

投稿: ビートニク | 2007年2月20日 (火) 19時42分

 ビートニクさん,こんにちは!
 昨日の一貴のトップタイム,ウィリアムズの計測違いだったようで・・・。まぁ,テストでタイム追いかけても意味ないんですが,ちょっとガッカリ。
 デイモン・ヒルも立派な2世でした(^^;)苦労人のデイモンは,実は結構応援していて,アロウズで優勝目前までいったときは,思わず熱くなったりしていました(^^)
今では彼もすっかり白髪になって・・・。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年2月21日 (水) 10時34分

KAZさん、こんにちは!
同じ2世でも、音楽の世界とレースの世界での2世って羨ましいですね。
すでに生まれた時からそんな環境に身をおけるって羨ましい限りです。
もっとも、あくまでもオイラ個人の無い物ねだりなんですけどね!(爆)
一貴には頑張ってもらいたいですね!

投稿: カンジ | 2007年2月21日 (水) 10時43分

 カンジさん,こんにちは!
 ジャックは本当に多才ですよね。デイモンもバンドやってたりしましたが,ジャックはコンサートまでやってますからねぇ。音楽活動には,妹さんたちも参加しているみたいで,引退後の余生(失礼)楽しんでますねぇ(^^)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年2月21日 (水) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13986370

この記事へのトラックバック一覧です: 2世ドライバーの宿命:

» F1 今日の小ネタ [beatnicの密かな憂鬱]
バレンシアテスト テストタイム まだ、タイムを云々するのは早いけれど中嶋がトップだ!ヴルツ形無し? スパイカーも走ったが、三人の中ではギドがそれなりのタイム。マクラーレンの育成ドライバーだっただけの事はあるのか? ... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 20時35分

« 辛口ジャックと謙虚なアロンソ | トップページ | SA07の独自性と類似性 »