« コンコルド協定が持つ力 | トップページ | 「重い」フランクの想い »

2007年2月 8日 (木)

ベルガーの自信は何処から?

 ルールに対して従順である者と,そうでない者がいることは,どの世界にも共通することだろう。いくらルールを決めても,その内容をお互いが都合のいいように解釈すれば,同じ文言を巡って全く正反対の議論をすることになる。昨日も書いたが,コンコルド協定は,全ての署名者の共通認識を得ているわけではないようだ。SAF1とトロ・ロッソのシャシーを巡り,スパイカーやウィリアムズがまだ見ぬ「カスタマー・シャシー」の違法性を訴えている。その中にあって,未だに来季の体制を決めかねているトロ・ロッソのゲルハルト・ベルガー/共同オーナーは,自チームの合法性を確信しているようだ。

 ベルガー氏は,「法的側面やFIAの側面,コンコルド協定の言い回しも慎重にチェックした」と語り,規約の範囲内でマシン製作を進めていることを主張している。「規約の条文に従わないところは少しもない」と,あくまで強気の姿勢を示すベルガー氏だが,果たして彼の自信は,何処から出てくるのだろうか。コンコルド協定の規約に抵触しないよう,SAF1がかなり複雑な製造方法を採っているのに対し,トロ・ロッソの新型車STR2は,レッドブルのRB3を,フェラーリ・エンジンの搭載に合わせて改造したものであると言われている。もし,スパイカーのコリン・コレス代表が言うように,コンコルド協定が知的所有権の共有を禁じているとすれば,このマシンは完全に違法となる。

 いくらレッドブル・テクノロジーズという「独立企業」を立ち上げても,RB3と同じ基本設計のSTR2を走らせることはできない。それは理解できるのだが,ここで大きな疑問が生まれてくる。そもそもコンコルド協定が知的所有権の共有を禁じ,第3者企業が製造したマシンでの参戦ができないと言うのであれば,「独立企業」が製造したシャシーを使ってるレッドブルの参戦も,違法であると主張すべきではないだろうか。しかし,コレス代表の目は,レッドブルには向けられていない。「コンストラクターは単数形,すなわち知的所有権は共有できない」というコレス代表の発言は,コンストラクターの定義に対する彼なりの解釈であるのだが,それ故大いなる矛盾を孕んでいるとも言える。

 一方,SAF1の鈴木亜久里代表は,「ホンダの手を借りているが,新型車は100%SAF1」とし,佐藤琢磨も,「マシンをチームで製造しなければならないことは知っている」と語っていることからも,SAF1は第3者企業の製造したシャシーによる参戦が,違法であることを十分認識しているようだ。これが,「独立企業」レッドブル・テクノロジーズを介してマシンを製造している,トロ・ロッソと大きく異なる点である。ベルガー氏の強気発言が,彼なりのコンコルド協定解釈に基づくものだとすれば,コレス代表を黙らせるほど説得力のあるものでなければならない。見解の相違では済まされないぞ。

参照リンク:@nifty F1通信 

|

« コンコルド協定が持つ力 | トップページ | 「重い」フランクの想い »

コメント

こんばんは
 SuperAguriF1Teamのオーデットは、この世界に長い人物でバーニーと旧知の間だと聞いていますから、対処の仕方は知っていると思うんです。だから、自分であんなエントリを上げておきながらも実は冷静なんです。
 もう一つ、ベルガーの強気発言の裏には法廷に持ち込まれた場合、法廷ではFIAのスポーティング&テクニカルレギュレーションを判断基準に置くだろうという読みがあるのかも知れません。法廷は独立した物でなく、FIAがその都度、招集するんですよね。レッドブルのマテシッツ?もバーニーと中が良いそうだし…
 でも、コンコルド協定が軽視されたりすることがあれば、他のチームからの反発を招きそうで却って混乱するかも…と言うことで、裏で何らかの取引で解決って事になりそうな予感がしています。
何だかんだ言ってもSA07の参戦については微塵も疑ってはいません。

長文失礼。
新たな局面が来ないとこの問題はエントリしないことにしたので…m(__)m

投稿: ビートニク | 2007年2月 8日 (木) 21時25分

おはようございます
結局、エントリを上げてしまいました(^_^;

投稿: ビートニク | 2007年2月 9日 (金) 06時45分

 ビートニクさん,こんにちは!熱い想いのコメント,ありがとうございます!
 エントリー,読まさせて頂きました(^-^)やっぱり気になりますよねぇ。
 ビートニクさんもご指摘のとおり,ダニエレ・オーデットは,F1の世界を熟知している人物だと思います。彼の人脈はSAF1にとって強い武器ですし,シャシー問題の着地点も見据えているはずです。それだけに,最悪の事態だけは免れると思っています。
 ベルガーの強気は,なるほど,法廷がFIAのよりの判決を下すだろうという予想の元ですか。でもこの判決,どっちに転んでも混乱は必至ですね。調停になると1年くらいかかると言うし。いやはや,凄い世界です・・・。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年2月 9日 (金) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/13834131

この記事へのトラックバック一覧です: ベルガーの自信は何処から?:

» 告白します [beatnicの密かな憂鬱]
今まで、カスタマーシャーシ問題について数々のエントリをしてきました。 我がSuper Aguri F1 Teamにとって不利としか思えない内容のエントリの数々…真実と思えることを、自分の中で誤解や勘違いしていたことを明らかにして、状況を理解しようと努めてきました。 また、ベ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 06時47分

« コンコルド協定が持つ力 | トップページ | 「重い」フランクの想い »