« レースが文化になる日まで | トップページ | 理想の上司と呼べるのは »

2007年3月 6日 (火)

トヨタの「最速」は・・・

 1月は「行く」,2月は「逃げる」,そして3月は「去る」。そう表現されるほど,年度末は慌ただしく過ぎてゆく。そんな中でも,日々の仕事は待ってくれない。毎日自分のできることを,コツコツと積み重ねるしかない。「塵も積もれば山となる」という言葉が示すとおり,それがほんのわずかなものであっても,積み重ねれば大きな成果になるだろう。地道な努力を続けているのは,開幕戦を目前に控え,最後の調整に大忙しのF1チームも同じである。中でも天候不順やトラブルにより,オフシーズンテストで思うような速さを発揮できなかったトヨタは,スペイン・へレスで「追試」を行うことを決定している。

 今季こそ初優勝を期待されるトヨタだが,新型車TF107は絶対的なスピード不足に悩んでいる。ロングランでのタイムは安定しているものの,それとてトップチームには遠く及ばない。原因は様々だろうが,マシンの根本的なダウンフォース不足は明らかである。トヨタは「ヒレの王者」と揶揄されるように,ダウンフォースをウイングやフィンに頼る傾向が強い。ご多分に漏れずTF107にも,様々な種類の「ヒレ」が存在する。ウイングに頼るとダウンフォースは強くなるが,当然ドラッグも大きくなる。トップスピードは不足するのはもちろんだが,コース特性による得手不得手がハッキリとしてしまい,安定した成績は望めない。トヨタは参戦以来,この方向性から抜け出せないでいる。

 トヨタのマシンは,例年各チームの先陣を切って発表される。2006年前半を戦ったTF106は,何と2005年の12月にデビューを果たしている。もっともこのマシンは,2005年後半を戦ったTF105Bの改良型であり,ゼロキール化されて不要になったはずのセンターキールが残っているような状態だった。開幕直前に空力パーツの変更が行われたものの,各部にフィンを追加した程度。そんな中途半端なマシンで,ライバル勢に太刀打ちできるはずもなく,トヨタは開幕当初から速さと信頼性の両面に,課題と抱えることとなってしまった。その後TF106Bが投入され,いくらか安定した成績を残せるようにはなったが,そのマシンですら表彰台に届くことはなかった。

 さすがに今季は昨年の反省からか,「完成したマシンをベンチにかけて強度や剛性を確認し,徹底的にデータを取り検証した上で実走テストに持ち込む」という着実な方法をとったが,それでも状況は昨年と変わらないように見える。いっこうに開発の進まないマシンにラルフ・シューマッハも「今の状況では,トヨタはレッドブルと並んで,ただバックマーカーより速いというだけ」と,不満をぶちまけている。新居章年/技術コーディネーション担当ディレクターは,「目標を高いところに設定している。100%達成できれば戦闘力はある」と言うが,デビューの時期だけ「最速」でも仕方ないんだよなぁ。

参照リンク:FMotersports.nifty F1通信

|

« レースが文化になる日まで | トップページ | 理想の上司と呼べるのは »

コメント

KAZさん、こんばんは!

デビュー最速?(爆)
あくまでもオイラ個人の漠然としたイメージの問題だとおもいますが…
HONDAってレーズ気違いの集まり(好きで好きでしょうがない)のに対してTOYOTAはマーケティングとしてのF1参戦、あるいは他のカテゴリーへの参戦に思えて仕方がないんですよね。
ですから、すぐ近道を行こうとするのかな?って。

蓄積されたデータにも人の意欲が後追いだから振り回されているような気がします。
(あくまでも個人の思い込みでスマソ!)

なんか、もうひとつピリっとレース好きの匂いが漂ったのなら少しはオイラの見方も変わってくるとは思うんですけどね…(汗

投稿: カンジ | 2007年3月 6日 (火) 19時38分

こんばんは
トヨタは開発を合議制にしたので、問題の解決には長い時間が必要でしょう。勝ち出せば安定するんでしょうけど。
ヒレの多さは多分、データでは良いんでしょうね。
でも、直感的に美しくないですよね。感覚って割と当を得ていることが多いと思うんです。

投稿: ビートニク | 2007年3月 6日 (火) 20時04分

 カンジさん,おはようございます!
 超ハイテクのF1チームにも「気質」みたいなものはあると思うんです。ホンダとトヨタの違いは,私もカンジさんのイメージと同じですね(^^)
 中本体制になってホンダが,個人の意見をどんどん吸い上げトライさせているのとは対照的に,トヨタは合議制の開発をしていますから・・・。
 どんなやり方でも,結果が出ればいいんですけどねぇ(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月 7日 (水) 08時02分

 ビートニクさん,おはようございます!
 合議制のトヨタは,様々な分野を少しずつレベルアップさせているように思います。ですから,確かに一度勝ち続けると,安定した成績が残せそうですね。
 トヨタのヒレは・・・美しくないんですよねぇ(- -)ルノーのような曲線美がない(笑)マシンの美しさと速さって,意外と比例してたりしますからね(^^)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月 7日 (水) 08時05分

 連続のコメント失礼します。

 オールホンダ体制を確立し着実に変化を見せるホンダとは対照的に、未だ明確な方向性を見いだせないトヨタに歯痒い思いを抱いています。
 F1参戦に長い歴史を持つホンダを始めとした歴戦の強者に追いつくのは時間がかかるとは思いますが、いつか実を結ぶ時が来るのを願って止みません。

投稿: mar | 2007年3月10日 (土) 03時41分

 marさん,こんにちは!こちらにもコメント,ありがとうございます。

 トヨタの体質もあるんでしょうが,今ひとつ軸が見えないんですよね。確かに現代のF1は,一人のリーダーが全てを引っ張るわけではないのですが,トヨタはあまりにも慎重すぎるのかもしれません。
 トヨタの運営方針については,以前「トヨタが勝てない原因」でも述べたのですが,日進月歩の世界に於いて,トヨタの決断の遅さが,致命的な足かせにならないかと危惧しています。でも,チーム運営って,端から見るよりずっと難しいんでしょうねぇ(^^;)
ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月10日 (土) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの「最速」は・・・:

» TOYOTA & HONDA記者発表-3月12日 [★カンジのあなた!(H氏公認)★]
トヨタ&ホンダF1イベント(F1キンダーガーテンさんより)  トヨタとホンダは3月12日(月)に都内でモータースポーツの記者発表を行う。トヨタは渡辺社長をはじめ岡本副社長、富田TMG会長、そしてドライバーのラルフ・シ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 6日 (火) 19時27分

» で、F1のトヨタは、、、 [dis-CHARGE blog]
 開幕まであと2週間あまり、各チームとも、最後のテストで順調な仕上がりを見せている。  しかし、TF107の状況は極めて良くないように見える。  トヨタのファンでもあることを自称する私ですが、少々心情... [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 03時31分

« レースが文化になる日まで | トップページ | 理想の上司と呼べるのは »