« メルボルンに咲いた夢 | トップページ | 不得手なことへの挑戦 »

2007年3月19日 (月)

開幕戦で見えたあれやこれ

 人間興奮しているときは,目の前で起きていることを冷静に分析することはできない。それでも時間の経過と共に冷静さを取り戻せば,今まで見えていなかったことを振り返る余裕が生まれる。熱狂の週末が終わり,思考回路がショート気味だった私自身も,あれこれ考えることができる余裕を取り戻してきた。まず,トップチームの勢力図だが,フェラーリ優位はしばらく続くことになるだろう。フェルナンド・アロンソ&ルイス・ハミルトンという,素晴らしいドライバーを擁するマクラーレンにも速さはあったが,それでもキミ・ライコネンの速さには追いつけなかった。フェリペ・マッサも予選のギアボックス・トラブルさえなければ,表彰台は間違いなく獲得していたはずである。

 3強の一角であるはずのルノーは,今回完全にスピードを欠いていた。今後,空力全般の開発を急ぐということだが,フラビオ・ブリアトーレ/マネージング・ディレクターも嘆くように,アロンソの抜けた穴は,想像以上に大きかったのかもしれない。そのルノーを脅かしそうなのが,急成長を続けるBMWザウバーである。しかし,ニック・ハイドフェルドが4位入賞を果たしたものの,その速さと同時に脆さも浮き彫りになった。ロバート・クビサはオフシーズンからトラブルが多発した,ギアボックスの信頼性に泣かされている。兎にも角にも信頼性の確保が,このチーム最大の課題であろう。

 前評判とは裏腹に,予選で2台ともトップ10に食い込んだトヨタだったが,決勝ではヤルノ・トゥルーリが渋滞を引き起こすなど,昨年と同様レースペースの遅さを露呈してしまった。それでも一発の速さを見せただけ,ホンダよりも救いがあるだろう。そのホンダは予選でもライバル勢の後塵を拝した上に,レースペースでもトヨタに及ばず,下位に沈んでしまった。唯一の救いは,改善すべき点が見えていることだろうが,それでも大幅なマシン変更をした影響が,序盤戦は残ってしまうだろう。ジェンソン・バトンのモチベーションが,下がる一方なのが気にかかる。

 最後に予選では驚愕のトップ10という,上々のスタートを切ったSAF1。しかし,佐藤琢磨はピットストップの度に順位を落とし,結果的に12位に終わっている。不運であった1回目のピットストップは,給油したときに給油リグが抜けずにタイムロス。また,2回目のピットストップでは,作業を終えて出ようとしたときに,続けてピットインしてくるマシンに阻まれ,順位を落としてしまったという。しかし,それ以上に問題なのは,決勝のレースペースが悪すぎることである。この点については,鈴木亜久里代表も今後の課題として挙げている。とは言っても,シーズンは始まったばかり。昨年とは違いレースをするSAF1が,今季は毎戦見られるだろう。それだけでも,幸せだが・・・。

参照リンク:FMotersports.nifty F1通信

|

« メルボルンに咲いた夢 | トップページ | 不得手なことへの挑戦 »

コメント

KAZさん、こんばんは!
本日、ようやくPC前に戻りました!(汗
なぜか、バタバタとした一日で、いまだに落ち着いて決勝を振り返る余裕すらありません。(涙
確かにピットの度に順位を落とす琢磨が不思議だったのですが、そんなことがあったんですね。
しかし、あらためてそんな中でも良い仕事をしたのだと、琢磨馬鹿なオイラはえこひいきしてしまいます。(爆)

投稿: カンジ | 2007年3月19日 (月) 20時05分

こんばんは
フェラーリの優位性は、路面の滑らかなセパンでも勝てば間違いないことになるでしょうね。

ルノーはアンダー→リアがボロボロという流れのようでしたね。空力だけの問題なのか…チャンピオンチームが落ちるのは早いもんですね。
今回のもう一つのショックは、SA07の予選とレースのギャップです。ピットのミスが関係ないぐらい遅すぎました(>_<)

投稿: ビートニク | 2007年3月19日 (月) 20時49分

 カンジさん,おはようございます!
 熱狂の週末が過ぎ去り,私も幾分落ち着いてきました(^^;)
 今回琢磨は,中段でしっかりとレースをしていましたね。今後はこのポジションで常に上位進出を狙ってもらいたいですね。
 決勝のアンソニーは不運が重なりましたね。スパイカーに当てられて時は「去年の井出の仕返しか!」って,まぢで思いました(- -#)アルバースじゃなかったけど。
 GPの週末はPC前から離れられそうにありませんね(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月20日 (火) 09時36分

 ビートニクさん,おはようございます!
 フェラーリ優位は予想通りですが,ルノーは予想以上に厳しそうですね。ベストラップもBMWザウバー勢には勿論,ウィリアムズのニコにも負けてますし(^^;)
 SAF1のレースペースについては,私も気になって仕方ありません。ある程度速さのあるマシンだけに,何とか開発を進めてもらいたいですね。ではでは!
 

投稿: KAZ | 2007年3月20日 (火) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/14315027

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦で見えたあれやこれ:

» マシン型録inオーストラリアGP [beatnicの密かな憂鬱]
オーストラリアGP 金・土・日の写真をピックアップします [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 20時47分

» 2007-F1 第1戦 オーストラリアGP 決勝 [dis-CHARGE blog]
 2007年F1GPの緒戦は、フェラーリのキミ・ライコネンが移籍早々に優勝! PosGrdDriverTeamTime11K・ライコネンフェラーリ1:25'28.77022F・アロンソマクラーレン・メルセデス+ 7.24234L・ハミルトンマクラーレ... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 23時09分

» マフィアに反論? [TRT Communication]
ブリアトーレ、メルボルンで辛口復活(F1通信さんより) まー、こんなコメントがブリアトーレからでまして… 琢磨さんはこう言っております。(笑) 佐藤琢磨 「妨害は電気系統故障のせい」(F1通信さんより) 佐藤琢磨は、オーストラリアGPで自分がもし速いマシンを妨害し..... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 20時35分

« メルボルンに咲いた夢 | トップページ | 不得手なことへの挑戦 »