« 出すぎた杭は打たれない | トップページ | 開催候補地も花盛り »

2007年3月26日 (月)

調停という新たな局面

 統一した基準を設けていても,それに関わる者が独自の解釈をし続ければ,結果としてその基準はねじ曲がってしまう。このところ疑惑の目が向けられている,フェラーリやBMWザウバーの「稼働フロア」も,こんな拡大解釈のひとつであろう。レギュレーションという統一ルールに縛られている現代F1においては,ライバルに対してほんのわずかのアドバンテージを得るため,重箱の隅をつつくような開発が日夜行われている。しかしこれは何も,レギュレーションだけに限ったことではない。F1チームにとってはそれ以上の存在である,コンコルド協定に関わる争いが,新たな局面を迎えている。

 先日スパイカーのコリン・コレス代表は,予てから懸案となっていたシャシー問題に決着をつけるべく,スイス・ローザンヌのスポーツ調停裁判所に調停を申し出ている。今回のスパイカーの主張は,「SAF1とトロ・ロッソは独自のマシンを開発していないため,コンコルド協定で定められているところのコンストラクターではなく,コンストラクターズ・ポイントを獲得できない」というものであるとされている。スパイカーは,コンストラクターに与えられるTV放映権料など巨額の分配金を,SAF1とトロ・ロッソに与えないことにより,特に資金面で自チームが有利になることを狙いとしている。

 スパイカーの主張は,以前と少々異なってきている。以前は,両チームの「カスタマー・マシン」は違法であるとし,GPへの参加そのものを拒絶していたのだが,今回はコンストラクターの定義から,分配金に狙いを定めている。そしてこれは,バーニー・エクレストンFOM代表が,SAF1とトロ・ロッソ出した妥協案とほぼ同じ内容である。これにより,今後両チームがグランプリへの出走が認められないようなことはなく,少なくともドライバーズ・ポイントは有効になるのではないかと考えられる。1990年にSAF1の鈴木亜久里代表が在籍したラルースで,登録上の不備からコンストラクターズ・ポイントを剥奪されたことがあったが,その時もドライバーズ・ポイントは有効とされた。

 さて,今後裁判の争点となってくるのが,「コンストラクターの定義」であろう。外注パーツも多いF1マシンだが,その骨格となるシャシーは,自チームでの製造が求められている。そうでなければ,コンコルド協定で定められている,コンストラクターにはならないのである。ここで問題なのは,SA07のシャシーはSAF1が独自に製造したものではなく,本田技研栃木研究所が製造したことである。これは以前,亜久里代表自身が明言しており,今更「自分たちで作りました」と言うわけにもいかない。シャシーを製造した栃木研究所が,SAF1の一部であれば問題ないのだろうが,彼らが第3者であることも明らかである。亜久里代表,これからは余計なこと言わない方が良さそうだぞ。

|

« 出すぎた杭は打たれない | トップページ | 開催候補地も花盛り »

コメント

KAZさん、こんばんは!
どうも…この件に関しては考えるのも疲れてしまいました!(爆)
もっとも、それはオイラ個人がどうしても琢磨側(スーアグ)に肩入れし過ぎているせいでもあるのですが…(笑)
この際、早いとこスッキリさせたいですよね。
ただ、コンストラクターの定義はさておいて…
コンストラクターズ・ポイントを与えない状態でチーム・スタッフが参戦するモチベーションってどうなんでしょうかね?
ま〜、仮に問題なしになった場合は、その逆サイドのモチベーションもしかりでしょうけど…(苦笑)

投稿: カンジ | 2007年3月26日 (月) 18時42分

こんばんは
テレビ放映権料は、一説には全体の47%がチームだそうです。
47%の内の半分は均等割、後は成績順だそうです。
9・10番を争う下位チームは、10数億円止まりのようです。
これをどう見るか…

投稿: ビートニク | 2007年3月26日 (月) 20時30分

 カンジさん,おはようございます!ここ数日バタバタしてまして,レスが遅くなりスイマセン(^^;)
 コンストラクターズ・ポイントの獲得は,今季SAF1具体的な目標としていることですから,それが認められないとなるとモチベーションは下がりまくりですね。だからこそチームも,妥協案を頑なに拒否し続けてきたのですが。
 誰もが早期解決を望んでいるでしょうが,またまだ長期化しそうですね(溜息~)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月29日 (木) 08時01分

 ビートニクさん,おはようございます!
テレビ放映権料のうち,分配されるのが半分程度というのは,私も聞いたことがあります。下位チームは10億円止まりですか・・・。
 数百億のカネが動くF1界では,そう大きな金額ではないのでしょうが,下位チームにとっては,それがあるとないでは大違いでしょうね。ポイントもそうですが,お金もモチベーションにはなりますからねぇ(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月29日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/14399030

この記事へのトラックバック一覧です: 調停という新たな局面:

« 出すぎた杭は打たれない | トップページ | 開催候補地も花盛り »