« 開幕戦で見えたあれやこれ | トップページ | 出すぎた杭は打たれない »

2007年3月20日 (火)

不得手なことへの挑戦

 人間には誰しも得手不得手がある。それがあるからこそ,自分なりの個性もまた生まれる。しかし人は時として,不得手なことにも挑戦しなければならない。実はここ数日,今までとは違った分野の仕事をしている。日頃デスクワークなどしたことのない人間が,1日中PCのディスプレイとにらめっこしているものだから,心身とも恐ろしく疲れる。仕事は捗らず時間ばかりが過ぎてゆく毎日を,今はただじっと耐えるしかない。そんな時,こうして好きなことを書き連ねていると,頭の中を整理することができる。正常な思考回路を取り戻せば,つらい仕事も何とか乗り越えられるだろう。

 今日のがエントリーが単なる愚痴で始まったのには,それなりの訳がある。先週末,どうしても愚痴らずにはいられない,ある意味で衝撃的なものを見てしまったからである。そう,あのフジテレビF1中継の,オープニング映像である。昨年まで長い間オープニング曲であった「TRUTH」に替わり,新たにQUEENの「FLASH」が採用された。それに合わせ,映画「フラッシュ・ゴードン」をモチーフに,F1パイロット操るが戦闘機のレースを採用したのだろうが,あまりにも安っぽすぎる。すでに様々なところで批判の嵐が起こっているが,私自身も楽しみにしていただけに,その反動も大きかった。

 音楽と映像のマッチングは,効果的な演出を狙う上で,とても重要な要素である。昨年までのTRUTHは,楽曲自体のスピード感もさることながら,精巧なCGによるF1マシンの映像と合わさることで,より高いレベルの演出効果を得ていた。事実,TRUTHとF1CGのオープニングは,国内だけではなく海外のF1メディアからも,非常に高い評価を得ていたと聞く。今回も中継の中で一瞬ではあるが,トヨタTF107とホンダRA107の精巧なCGが映し出されていた。であるならばなぜそれを効果的に使わず,あろう事かブライアン・メイが「F1のイメージににぴったり」と語っていた「FLASH」を,安っぽいアメリカン・コミックのような形でしか表現できなかったのだろうか。

 フジテレビは近年,地上波とCSの差をハッキリつけようとするあまり,F1中継の本質を見失いかけている。「地上波はファン層拡大,コアなファンはCSに」という基本路線は間違っていないだろうが,だからと言ってモデルやアニメを餌に視聴者を釣り上げたところで,F1の裾野は広がらない。本当に必要なことは,F1初心者の視聴者にも,F1を易しく,分かりやすく伝えることであり,その中でモータースポーツの魅力を感じさせることである。開幕戦ではなかったスタジオ中継も,タレントやモデルに頼らず改善していけば,初心者から上級者まで楽しめる内容も作れるはずである。今回,不得手なことに果敢に挑戦したことは評価するが,餅は餅屋とも言うしなぁ。

|

« 開幕戦で見えたあれやこれ | トップページ | 出すぎた杭は打たれない »

コメント

おはようございます
フジテレビは迷走を続けていますね。
弄りすぎて何が何だか判らなくなっているのかも知れませんね。
レースの魅力をそのまま伝えてくれれば良いのに。


通信環境の整備、大変ですね。
ウチは12メガ契約ですがノイズのために3メガ程度しか速度が出ません(T.T)

投稿: ビートニク | 2007年3月21日 (水) 06時50分

KAZ さんこんにちは、(し)です。

>開幕戦ではなかったスタジオ中継も,タレントやモデルに頼らず改善していけば,

この部分には激しく同意します。
フジや F1 に限らず、民放のスポーツ中継は競技に関係のないタレントを呼んで大騒ぎする傾向がありますが、そんなことで視聴者を惹き付けられると考えているのでしょうか。
少なくとも私には不快なんですが。

古館アナから始まるフジ F1 中継の一連の大仰なアナウンスもあまり好きではないのですが、あれはあれで敷居を下げる意味もあるのかな、とも思います。

二重音声放送にして、副音声では専門家のコメントだけにするとかしてくれないかな・・・

投稿: (し) | 2007年3月21日 (水) 12時11分

 ビートニクさん,こんにちは!
 フジテレビで一昨年まで放映されていた,フォーミュラ・ニッポンの中継もそうだったのですが,親しみやすさを意識するあまり,本当に伝えなければならないことを,蔑ろにしてしまっているように思います。それでは本末転倒ですよね(- -#)

 3メガですかぁ。それでも羨ましいです。うちは基地局から遠すぎで,24メガ契約なのに0.4メガしか出ていませんでした(^^;)しかも,通信環境が整備されるまで,何とダイヤルアップでの接続・・・激遅です(T T)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月21日 (水) 13時07分

  (し) さん,こんにちは!コメント,ありがとうございます!
 昨年,スタジオ中継にモデル呼んで素人トークを連発させたことで,だいぶ視聴者の反感を買いましたよね。それは別の時間帯に放映すればいいことで,中継の時間を短縮してまでする事ではないと思うんです。
 古館アナの実況は賛否両論ありましたが,(し)さんの仰るように,一定の成果もありましたよね。初心者から上級者まで,無理なく楽しむためには,まずレースの本質を見せることだと思います。F1中継も紅白並に迷走しますね(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月21日 (水) 13時14分

おはようございます。
今回の件、フジ内部ではオールドファンの批判を覚悟の上で決断したと思われます。将来F1ドライバーを目指すような子供達に、もっとF1に興味を持ってもらいたい?と言う構成を狙ったという噂も…時差の問題から来る深夜での放送等、解決しなければならない部分は多いでしょうが、今後フジがどのようなファン拡大施策を打ってくるのか?お手並み拝見。それにしても…あのアニメはひどい!最初現役ドライバーだとは気づきませんでした^^;

投稿: touran | 2007年3月22日 (木) 09時01分

KAZさん、おはようございます!
 件の地上波OPですが、見ました。感想は全く同じです。
 新たなファン層を取り込むために、F1の間口を広げようという意図は分かるのですが、あまりにも本質からハズれ過ぎているかと。
 バレーボールやスケートを見ても思うのですが、フジのスポーツ中継ではヒーロー(ヒロイン)を立てて利用する手法がよく使われますね。しかし、肝心のスポーツそのものの魅力を伝える努力が見えませんし、逆に公平性の面で疑問に思うことも多々あります。
 結局、瞬間視聴率だけ確保できればいいのでしょうか、、、
 それにしても、「サムライ・シューマッハ」はないだろうと(^^

投稿: mar | 2007年3月22日 (木) 10時55分

 touranさん,こんにちは!
 フジテレビがファン層を拡大したいのは分かるんですが,今回のリニューアルは,どうしても小手先だけに見えてしまうんですよね。あのしょぼいアニメだけで,子ども達がF1好きになるとも思えませんし(^^;)
 それでもクルマ好きの子ども達は多いですから,やり方次第ではファン層を拡大できると思うんです。TV中継も含め,ファミリー層にも訴えかける施策が必要でしょうね。
ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月24日 (土) 15時04分

 marさん,こんにちは!
 ヒーロー・ヒロインを立てれば,視聴者が選手に感情移入しやすくなりますので,そのスポーツへの関心を高める効果はあると思います。「イケメン魔術師」「ミラクルマオ」など,最近のフィギュア人気は凄いですからねぇ。バトンの「ホンキのプリンス」はどうかと思いますが(^^;)
 だた,それだけに時間を割いてレースの放送時間を短縮してしまっては,本末転倒ですよね。その点,日本テレビのIRL中継などは,レースの合間にドライバー紹介やレギュレーション解説をするなど,初心者にも分かりやすい番組作りを心がけてるように思います。フジテレビにも見習ってもらいたいですね。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年3月24日 (土) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/14332334

この記事へのトラックバック一覧です: 不得手なことへの挑戦:

« 開幕戦で見えたあれやこれ | トップページ | 出すぎた杭は打たれない »