« どちらも目が離せない! | トップページ | 1ヶ月のインターバルを終え »

2007年4月15日 (日)

良きライバルを得て・・・

 一人で何かをしているよりも,誰かと競い合っている時の方が,よりよい結果を得ることができる。良きライバルを得てお互い切磋琢磨した結果は,自分にとっても周囲にとってもプラスに働くことが多い。F1においてチームメイトは,最も身近なライバルといえる。同じチーム,同じマシンで戦っていれば,その実力が直接比較されることは明白である。F1第3戦バーレーンGP予選で,SAF1のアンソニー・デビッドソンは,今季初めてチームメイトである佐藤琢磨を上回る結果を手にした。デビッドソンは「チームメイトを打ち負かすことができたことに大きな達成感を感じている」と,イギリスF3時代からのライバルに勝ったことを素直に喜んでいる。

 二人のタイムの違いは,予選に対するアプローチの違いでもあった。デビッドソンがQ2進出を目標として,Q1で2本のソフトタイヤを使用したのに対し,琢磨はQ3進出を意識してソフトタイヤを温存。1回目のアタックはハードタイヤで臨んだ。しかし,思いの外グリップレベルが低く,2回目のアタックでソフトタイヤを履いたものの,ミスもありギリギリ17番手でのノックアウトとなってしまった。しかし,今回はフリー走行の段階から,デビッドソンが終始琢磨をリードしていた。仮にもし二人が同じアプローチで予選を行ったとしても,今回はデビッドソンの速さが勝っていたのではないだろうか。幸い琢磨は,決勝に向けポジティブなコメントを残しており,追い上げに期待がかかる。

 さて,昨日はF1と同時開催で行われるGP2の開幕戦第1レースも行われた。予選5番手の平手晃平,9番手の中嶋一貴に上位進出の期待がかかったが,二人とも残念な結果に終わっている。一貴はフォーメーションラップで,晃平はスタートで,それぞれクラッチのフライ・バイ・ワイヤー誤作動によりエンジンがストール,後方からのスタートを余儀なくされた。GP2マシンはフライ・バイ・ワイヤーは,プロストAP03に使用されていた古いシステムの流用であり,現代F1のように調整機能が付いていないものだという。それ故,今回のスタートでも多くのドライバーに,同じトラブルが降りかかっている。

 結果的に優勝は,PPからそのまま逃げ切った,Super Novaのルカ・フィリッピ。iSportの二人が2-3フィニッシュで表彰台に並んだ。4位にAerdenのブルーノ・セナ,BCNの山本左近は,予選18番手から粘り強く走り抜き11位。一貴と晃平は,共にトップから1周遅れの17位,18位に終わっている。しかし,今後に向けて明るい材料もある。レース中のファステストラップ1:43.226は,一貴が記録したもの。晃平も2番手のタイムをで続き,トラブルに一矢報いた形である。共にTDPの一員であり,良きライバルでもある一貴と晃平。今後,二人の対決も注目である。あ,左近もガンバレぇ・・・。

参照リンク: FMotorsports F1キンダーガーデン

|

« どちらも目が離せない! | トップページ | 1ヶ月のインターバルを終え »

コメント

 夕べからの私はいつになくパワフルで、怒濤の更新を続けています(^^
 GP2は2レースとも終了しましたが、2レース目で最後尾から上位入賞を果たしたドライバーが多数いますね。詳細はこれから海外サイトを巡回してこようと思いますが、これはライブとはいかないまでも同日放送して欲しいですね!

投稿: mar | 2007年4月15日 (日) 23時24分

こんばんは!
お久しぶりでございます、Tommi-tuned あらため Tommi-TAG です(TAG は本名の一部からとりました^^)。最近 Web に復帰いたしましたが、またマイペースですが、コメントさせて頂けたらと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます!
さて、バーレーンGPも終わってしまいましたが、SAF1は残念な結果でした。ただ、本家ホンダの状況も深刻みたいですね。
ここで、最近の一連の記事を読んでいて、私が思ったのは「昨年そして今年、もし仮に、琢磨ではなく、バトンやバリチェロがSAF1のドライバーだったら、果たして今年のSAF1の躍進はあったであろうか?」という点です。
厳しく、恵まれない環境にありながらも、決して愚痴や不平・不満を言うことなく、上を目指して努力を積み重ねてきたのが、昨年以降のSAF1と琢磨だったと思います。そしてそれが、今年になって少しずつですが、やっと形になって現れてきたといえるのではないでしょうか。
他方、上記の問いに対する答えを考えると、今年のホンダの不振も、なんとなく納得できるような気がしてしまいます(もちろん、あくまでもこれは、ひとつの見方にすぎませんが、日本のファンとして、ホンダには早くこの現状を脱出してほしいと思っています)。
なにかと槍玉に挙げられているSAF1ですが、他のチームの関係者やドライバーから、あれこれ言われる以前に、琢磨というドライバーのもつメンタリティは、もっと評価されて然るべきではないでしょうか。今年、SAF1の今までの努力が、より大きな結果として結実することを、期待を込めて祈っています!☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年4月16日 (月) 21時11分

 marさん,こんばんは!
 ここ1週間バタバタしておりまして,コメントが大変遅くなってしまい,申し訳ありませんでした。1週間PC触れませんでした(T T)
 F1も面白いんですが,今季のGP2もいいですねぇ。バーレーン第2レースは,DAMSのニコラス・ラピエールが獲りましたし,一貴に勝てるチャンスはありますよね。一方の晃平は不運でした。チームメイトとの遺恨が残らなければいいのですが(^^;)
 うーん,写真でなく映像が見たい!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年4月21日 (土) 01時06分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!何度もコメント送っていただいたようで,申し訳ありませんでした<(_ _)>ここ1週間,ブログほったらかしでした(^^;)
 バーレーンでは残念な結果に終わってしまったSAF1。琢磨も開幕戦から相対的に低下していっている結果を,歯がゆく感じているようです。しかしそれは同時に,チームが「戦う集団」に変化してきている証拠だと思います。
 琢磨がいなければ,今のSAF1はなかったでしょう。バトンはホンダの現状にお手上げのようですが,もし琢磨だったらそう簡単に諦めるでしょうか?答えはノーですよね(^^)その情熱が,琢磨のそしてSAF1最大の武器です!
 これからも琢磨とSAF1の戦いを見守っていきたいと思います。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年4月21日 (土) 01時15分

こんにちわ、いつも楽しみに読ませてもらっています。
最近更新されないので淋しいです・・・・

投稿: hide | 2007年5月 2日 (水) 11時00分

ご無沙汰です
元気ですか?

投稿: ビートニク | 2007年5月 8日 (火) 13時04分

 hideさん,こんばんは!コメントありがとうございます。
 バーレーンGPから約1ヶ月のインターバルがありましたので,私もインターバルとっちゃいました(^^;)って,ぶっちゃけ忙しかっただけなんですが(汗)
 楽しみにしていただけるなんて,とってもうれしいです(*^ ^*)今週末はスペインGPですし,久しぶりにエントリーしたいと思います!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年5月10日 (木) 02時11分

 ビートニクさん,こんばんは!お気遣いいただいてありがとうございます<(_ _)>
 元気なんですが,めちゃくちゃ忙しいです(>_<)おかげでブログもほったらかし・・・。環境の変化というものは,本当に怖いものです(溜息)
 でも今週末は久しぶりのGPですから,じっくりと観戦&エントリーしようと思います!「週末ブログ」は,これからも続きそうですが(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年5月10日 (木) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/14685423

この記事へのトラックバック一覧です: 良きライバルを得て・・・:

» バーレーンGP 土曜日(追記アリ [beatnicの密かな憂鬱]
フリー走行3:リザルト・セクタータイム・スピードトラップ・レポート ※アンソニーのタイムが素晴らしい。 琢磨と比べて、どのセクターでも満遍なく速い。 最高速も5㎞近く速いので、ダウンフォースは少な目でブレーキコントロールが上手く行ったのだろう。 ... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 16時55分

» 2007-GP2 第1戦バーレーン 第1レース(ちょい追記) [dis-CHARGE blog]
 GP2の第1レースがチェッカー!  恐らく日本では最速の結果アップ?  優勝は、ポールからスタートのL・フィリッピでした。  どうもスタートの1コーナーで接触があり、3台ほどリタイアし、他にも影響を... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 17時42分

« どちらも目が離せない! | トップページ | 1ヶ月のインターバルを終え »