« 地球の裏側にて | トップページ | 科学では予想できないもの »

2007年6月11日 (月)

「記録」よりも「記憶」

 時刻は草木も眠る丑三つ時。普段であれば完全に夢の中にいる時間である。しかも今日は地獄の月曜日。これから始まる1週間を考えると,少しでも長く夢の中にいたい。しかし,そんなことすら忘れてしまうような興奮が,F1レースにはある。第7戦カナダGPは,PPに自身初のなるマクラーレンのハミルトン。アロンソも2番手につけ,マクラーレンがガッチリとフロントローを独占した。その一方でフェラーリは,BMWザウバーのハイドフェルドも先行され,4-5番手。予選トップ3にフェラーリ勢が入れなかったのは今季初となる。

 日本時間午前2時,現地時間午後1時。いよいよ決勝スタート!ホンダのバトンがグリッドを離れられなかった以外は,各マシンきれいなスタート。心配されていた1コーナーでの接触はなかったが,2番手のアロンソは1コーナーでオーバーラン。2位の座をBMWザウバーのハイドフェルドに明け渡してしまう。予選11番手からスタートしたSAF1の佐藤琢磨は,トヨタのトゥルーリをかわし1つポジションを上げる。更に前をいくレッドブルのウェバーがスピンを喫したことで,9番手に浮上。路面のグリップは相当悪いようで,至る所でコースをはみ出すシーンが映し出されている。

 1回目のタイヤ交換が始まりつつあった23周目。スパイカーのスーティルがウォールにヒット!SCが出動し隊列を整え始める。今季からSC導入直後はピットがクローズされ給油ができなくなる。しかし,アロンソは微妙なタイミングで給油。これはどうやらペナルティの対象になる模様。4周後レース再開,と思ったらヘアピン前でBMWザウバーのクビサが大クラッシュ!!ウォールに激しくヒットしマシンは宙を舞い,マシンはモノコックを残し完全に破壊される。クビサはクラッシュにより気を失ったのか,マシンから自力で出ることができない。再びSCが入る。

 長いSCの後,43周目にレース再開。ヘアピンでフェラーリのライコネンがミス。直後いた琢磨がすかさずライコネンをパス!これは気持ちがいい。アロンソはSC中の給油によりペナルティを受け,14番手にダウン。SAF1はデビッドソンの緊急ピットインでクルーが大あわてで出てくる。なんだかバタバタしたレースになってきた。琢磨はライコネン&アロンソを従え6番手を激走!本当に気持ちいい!!と思ったらまたSC。琢磨のピットインが微妙なタイミングだったため,チームは給油するかしないかでバタバタ。結局ペナルティを考え給油はしなかったが,この判断が今後どう影響するか。

 その直後,ルノーのフィジケラと,フェラーリのマッサに黒旗提示!どうやらピット出口の赤信号を無視してしまったようで,失格判定。レースが再開されたと思ったら,最終コーナーで5番手まで浮上していたトロ・ロッソのリウッティがクラッシュ!何とこのレース4度目のSCが入る。あまりに荒れすぎて,もうどうなってるんだかよくわからなくなってきた。琢磨はレース再開で10番手,その後8番手まで浮上しトヨタのラルフを追いかけ回す。残り4周,最終コーナーで鮮やかにパス!そして何と,ディフェンディングチャンピオンのアロンソをもターゲットに!残り2周のヘアピンでピタリと背後につけると,ストレートエンドでプレーキング勝負!!よーし!6番手に浮上だ!!すごい!!!

 琢磨はそのまま6位でチェッカーを受け,今季2度目の入賞。3ポイントを獲得した。表彰台の可能性もあったレースでの6位には悔しさも残るだろうが,2年連続チャンピオンを蹴散らしての6位は,それを打ち消すほどの素晴らしい走りであった。これぞ「記録」よりも,「記憶」に残るリザルトだろう。おめでとう!!

|

« 地球の裏側にて | トップページ | 科学では予想できないもの »

コメント

おはようございます。
ちゃんと起きられましたか?(笑)
私は今回も何か起きそうな予感がして、リアルタイムで観戦しようと思ったのですが、ビデオに後を託して寝てしまいました(-_-;;。
寝なければ良かった!!!
しかも琢磨がアロンソをパスするあたりのビデオが撮れていませんでした…。最悪です。
デビッドソンもビーバーに当たるとは、なかなかやりますね!(笑)彼も運のない流れになっています。

ハミルトンはもう恐いほど順調に行ってますね。もしかすると今年はこのまま行っちゃいますか?アロンソでも自滅するんですから、恐ろしいですね。

投稿: aqua1931 | 2007年6月11日 (月) 10時29分

KAZさんこんにちは。
いや~、琢磨すごかったですね!
表彰台も見えていたのに、という思いは捨て切れませんが、あの終盤でのアロンソをオーバーテイクしたシーンはもう・・・涙がでちゃいました(^O^;

あれだけのクラッシュにも関わらずクビサの命が無事だったのは本当によかったです。近代F1の丈夫さってすごいですね。

あとレス・ダウンフォースのサーキットではありますがヴルツのリアウィングがあの状態できちんと最後まで機能したことも「カーボンすげー」と感心させられました(^^;

解説もいい感じで、今回のF1中継は言うことなし! でした

投稿: (し) | 2007年6月11日 (月) 11時33分

そうそう、ウィリアムズ・トヨタもこの体制で初!の表彰台ゲットでいい感じですね。
今回のリザルトはさておき、ニコも「速っ」て感じですしね。

「シートが危ないんじゃないか」って言われてたヴルツがこれで来年も契約更新、ってことになるとその代わりにシートを得るんじゃないかって言われてた中嶋一貴は・・・最近のうわさ通りラルフの代わり!?

国内時代からの中嶋(父)のファン(&重度のホンダファン)としては息子がトヨタワークスのシートに納まるのは目出度いけどど不思議な気分でもありますね(苦笑)

投稿: (し) | 2007年6月11日 (月) 11時39分

こんばんは!
諸事情でまだ録画を見ていない段階ですが、またやってくれましたね、琢磨君!色々なサイトチェックしましたが、感動・涙・歓喜・絶叫?etc…賞賛の嵐ですね。2004~2005の活躍、不調時にはアンチ琢磨の批判コメントが多い事もありましたが、今回は概ね好意的ですね。海外サイトのレース印象度評価でもハミルトンの得票を引き離してトップでした。これからどうするんでしょう?表彰台しか残ってないですね!でも過度に期待されないように、コツコツと行って欲しいと願ってます。昨年を考えれば我々にとってはそれで十分幸せだと思うんですが^^

投稿: touran | 2007年6月12日 (火) 19時20分

 aqua1931さん,こんばんは!
 日曜は深夜に這い起きて観戦した甲斐がありました。琢磨がアロンソに仕掛けるシーンには思わず息を飲み,オーバーテイクした瞬間は人の迷惑顧みずTVの前で叫んでおりました(^^;)
 一方のデビッドソンは運がなかったですね。ビーバー君が飛び出してこなければ,琢磨とダブル入賞も考えられたでしょうに(T T)
何はともあれ,琢磨のパフォーマンスには世界中のファンが酔いしれたことでしょう。初優勝のハミルトン以上に輝いていましたから・・・(^^)Vではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月13日 (水) 00時06分

  (し)さん,こんばんは!不定期ブログに,いつもコメントありがとうございます(^^;)
 琢磨の走りも見事でしたが,ヴルツの表彰台もうれしかったですね。途中「リウッツィが表彰台か!?」と言うときがあったんですが,彼でなくて良かった・・・。やっぱり苦労人にご褒美あげたいですからね。
 でもこれで,ヴルツも結果残しましたから,シート争いも微妙になってきますね。一貴はサム・マイケルTDが買ってますますから,ウィリアムズの線も捨て切れませんが・・・。ストーブ(プール)リーグもいよいよ本格化してきますね。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月13日 (水) 00時12分

 touranさん,こんばんは!
 今回のレースを見ていて,琢磨は本当に強くなったなぁ,と改めて感じました。BAR時代はミスも多く,最終年は焦りから1周目で消えることもしばしでした。しかし,もうそんな「速いが荒い」ドライバーではなく,完全に「速くて強い」ドライバーになりましたね(^^)SAF1に来てチームリーダーとなったことが,彼を良い方向に導いたのでしょう。
 そんな彼の走りは,初優勝したハミルトン以上にエキサイティングなものでした。海外のサイトでも,カナダGPのベスト・ドライバーが琢磨だというのも頷けます。
 こんなに好結果が続くと次を期待してしまいますが,これからも地に足をつけ,1戦1戦戦ってほしいですね。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月13日 (水) 00時57分

こんばんは
琢磨は05年でさえ成長を続けていたと思っています。04年の活躍より、現在の力になっているとさえ…

それは兎も角、琢磨のオーバーテイクは素晴らしかったです!

投稿: ビートニク | 2007年6月13日 (水) 23時10分

 こんばんは!

 噂のカナダGP、仕事の合間に少しずつ見て、やっとこさエントリー上げました。
 クビサのクラッシュには肝を冷やしたものの、セーフティーカーが演出した乱戦は、見ていて面白かったです。初優勝を達成したハミルトンはじめ、ハイドフェルド、ヴルツといった僕のひいきにしているドライバーが表彰台に立ったのは嬉しかったです。
 そして、琢磨&SAF1のいいところが120%出たGPでしたね!波乱のレースでしたが、決して運だけで得られた結果ではありません。そして、それは今回だけでは終わらないことを信じます。

 で、今週末も頑張るんですか?(^^

投稿: mar | 2007年6月15日 (金) 00時42分

 ビートニクさん,こんにちは!
 05の琢磨は,結果のでない中で苦悩しているように見えました。それが彼のいいところを全て潰してしまっていたような・・・。見ていて辛い年でしたね(TT)
 でもそんな経験が,SAF1に来てからの成長に繋がっているのだと思います。もともと琢磨はリーダータイプなんでしょうね。初完走・初トップ10・初入賞と,初?チャンピオンぶち抜き!と,節目を全て琢磨が記録しているのも,チームにとってはいいことだと思います。あ,でもアンソニーもガンバれぇ!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月15日 (金) 11時58分

 marさん,こんにちは!
 本当に大波乱のカナダGPでしたねぇ。クビサがクラッシュしたときは,一瞬94年のイモラを思い出してしまいました。今週のAUTOSPORTにクビサの連続写真が掲載されていましたが,これでよく軽傷で済んだなと。一昔前だったら,彼はセナやラッツエンバーガーと同じ運命をたどっていたかも知れません。無事で本当によかったです。
 琢磨の6位はもちろんですが,ヴルツの表彰台も嬉しかったですね。一発の速さではロズベルツグに及ばないものの,ベテランらしい旨さと粘り強さは流石です(^^)
 さて,今週末はアメリカGP。深夜の連戦になりますが,もちろん頑張りたいと思います!って,体力持つかしら(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月15日 (金) 12時06分

こんにちは!
先日は、私のサイトの方にコメントを頂きまして、本当にありがとうございました!
また、大変遅レスになってしまい申し訳ございません。先週末はTV中継がいろいろとバッティングしてしまった結果、カナダGPは、結局、昨日観戦しました。
観る前に、いろいろと噂には聞いていたのですが、それにしても、波乱のレース展開でした。
見所は数え切れないほどありましたが、やはり SAF1 がきっちりとポイントを獲得したことは嬉しく思います。レギュレーションをしっかりと認識していなかった、マッサ、フィジコらのトップチームとは対照的に、あの混戦の中をレギュレーションに反することなく、最後まで走り抜いたチーム力、そして、的確な状況判断とタイヤマネジメントで、終盤の追い上げを可能にした琢磨。すべてが「努力の賜物」だと思います。
巡ってきたチャンスを、きちんと掴むことができるチーム力があるということは心強いかぎりです。SAF1 には、これからも、より大きなチャンスが巡ってきてくれることを期待しています!☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年6月17日 (日) 16時06分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 こちらこそ,丁寧に当サイトの紹介をして頂き,本当にありがとうございます(^^)
 大混戦のカナダGPから1週間がたちますが,まだその興奮が抜けません。マッサやフィジケラは焦りもあったのでしょうが,つまらないミスをしてポジションを失ってしまいました。クビサはキッチリと止まってたんですがねぇ。
 その点SAF1は,緊急ピットインにも柔軟に対応するなど冷静でしたね。あとはそのスピード向上をめざし,メカニックも必死に練習しているようです。
 今夜はアメリカGPですね。頑張って観戦しようと思います!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月17日 (日) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/15390809

この記事へのトラックバック一覧です: 「記録」よりも「記憶」:

» カナダGP 決勝 [TRT Communication]
[続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 19時33分

» カナダGP決勝結果(6月10日) [カンジのあなた!(H氏公認)]
ぬぉぉぉぉぉぉぉぉ〜! 最後まで観てしまったやないか〜!(爆) 今回のレースは途中で寝落ち出来ませんから〜と思ったら「ぽちっ!」っとお願い致します!(爆)人気blogランキングへ!... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 19時33分

» カナダGP 決勝 [beatnicの密かな憂鬱]
ラジオでアナウンサーが言っていたが、6月11日は世界で最初に自動車レースが行われた日なのだそうだ。 場所はフランス。時速20数キロだったそうな…そんな競争の現在形がF1。それは兎も角、カナダGPが行われたのでした。 ... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 21時08分

» カナダGPハミルトン初Vで琢磨6位も大荒れ [スポーツ瓦版]
F1今季6戦カナダGPハミルトンが初優勝して琢磨が6位だよ 予選はハミルトン初PP獲得し2番手アロンソとルノー独占して 3番手ハイドフェルドで4番手ライコネンで5番手マッサになり 佐藤琢磨は11番手になり決勝は上位が期待の位置スタートだ 決勝はハミル....... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 14時03分

» 鴎+13&カナダGP琢磨6位 [別館ヒガシ日記]
カナダGPはハミルトンが初優勝し琢磨がアロンソ抜き6位にゴールし は渡辺3回6失点で打線も2点しか取れず今季の初3連敗だ 6時過ぎに起床しでカナダGP更新などし8時過ぎまで過ごし 8時半から背中の消毒でに行って次にに寄りジャンプ購入し 9時半に作業所の1日... [続きを読む]

受信: 2007年6月14日 (木) 20時53分

» 2007-F1 第6戦 カナダGP 決勝(長いです) [dis-CHARGE blog]
 カナダ名物のコンクリートウォールに次々に吸い込まれるマシン。  そしてロバート・クビサの大クラッシュ!  4回もセーフティーカーが出場した波乱のレースを制したのは、スーパールーキー、ルイス・ハミル... [続きを読む]

受信: 2007年6月15日 (金) 01時06分

« 地球の裏側にて | トップページ | 科学では予想できないもの »