« 勢いを取り戻せ! | トップページ | 真夏はホンダの正念場 »

2007年6月18日 (月)

ルーキー北米完全制圧

 2周連続のGP開催は非常にうれしいのだが,それが地球の裏側となると,それなりの対策が必要になる。今夜は私のように,仮眠をとった後に観戦をしている方も多いだろう。さて,昨日の予選ではマクラーレンのハミルトンが,2戦連続のPP。アロンソは2番手につけているが,Q1,Q2で ベストタイムをたたき出しているのはアロンソであり,搭載燃料はハミルトンの方が少ないと思われる。カナダGPで速さを見せられなかったフェラーリの2台は,何とかBMWザウバー勢を抑え2列目を獲得,面目を保っている。SAF1の佐藤琢磨は,アタック時のブレーキングミスによる遅れが響きQ1ノックアウト。18番手からのスタートとなった。

 いよいよスタート!トップはハミルトンが守るが,後方ではトヨタのラルフとレッドブルのクルサードが1コーナーで接触,両者早々にリタイアしている。佐藤琢磨はスタートそのものは良くなかったものの,混乱に乗じて順位を上げる.。一方デビッドソンは,1コーナーの混乱を避けるため順位を落としてしまう。どうもデビッドソンは,決勝レースでの不運が続く。14番手まで順位を上げたた琢磨だったが,スーティルをオーバーテイクしたところでスピンアウト!グラベルにはまりリタイアしてしまう。ブレーキングを遅らせた分つっこみすぎたか。せっかくいいバトルをしていただけに勿体ない!

 上位争いはマクラーレン勢にフェラーリのマッサが食らいつく。その後はルノーのコバライネンと,スタートで順位を落としたフェラーリのライコネンが4位争い。モナコ予選でのクラッシュ以降,このところのライコネン走りには,序盤戦のようなキレが見られない。20周目を過ぎたあたりから,各マシン続々と1回目のピットストップを行う。後方では,1周目ににスピンを喫したルノーのフィジケラが追い上げている。トヨタのトゥルーリは,40周過ぎまでピットストップを引っ張る変則2ピット作戦。さらに予選で14番手に沈んだウィリアムズのロズベルグは,1ストップ作戦で上位陣に割って入る。

 熾烈なトップ争いは,1コーナーでアロンソがハミルトンに並びかけるも,ハミルトンはアウトにマシンを寄せこれをブロック!フラストレーションの溜まる展開のアロンソは,マシンを大きくピットウォールに振り,チームにアピールを行う。2度目のピットストップでも両者のポジションは変わらず,後はゴールまでコース上でのバトルが繰り広げられる。3-4番手はマッサとライコネンがこちらも1秒以内の激しいバトル。結局このままトップ4の順位は確定。ハミルトンがカナダGPに次ぐ連勝で,北米ラウンドを完全制圧した。次戦からは,暑い夏のヨーロッパラウンド。タイトル争いも熱くってきた!

|

« 勢いを取り戻せ! | トップページ | 真夏はホンダの正念場 »

コメント

こんばんは!
1日遅れながら、アメリカGP、観戦しました。
今年のインディアナポリスですが、例年に違わず、オーバーテイクシーンの多い面白いレースが展開されましたね。
北米2連戦の全体的な印象ですが、フェラーリが背水の陣で臨んだはずが、逆にマクラーレン、フェラーリのチームの序列化がより明確になってしまったように思います。また、フェラーリのドライバー2人も、対マクラーレンといったチーム間でのバトルではなく、チームメイト同士のバトルの結果に満足してしまっているように見受けられる点も、少し気がかりです。
それにしても、マッサに勝てないライコネン。彼はフェラーリに移籍したこと自体に満足し、今季、明らかに集中力を欠いているように見受けられます。かつてのキレを取り戻すことはあるのでしょうか?
佐藤琢磨のスピンも、攻めた結果とはいえ残念でした。また黄旗中のオーバーテイクですが、琢磨自身は、追い越しをしていないと言っているみたいですね。昨年のミハエルとアロンソの件もそうですが、あいかわらず不透明なことを繰り返しています。このようなことがないよう、ドライバーへフラッグ情報をより正確に伝えるシステムを、きちんと整備してほしいと思うのですが。
次戦での予選グリッド10番降格のペナルティは大きいですが、今回の北米2連戦でマシンに戦闘力があることは十分に確認できましたので、ヨーロッパラウンドでも活躍してくれることを期待しています☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年6月18日 (月) 20時24分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 エンジン回転数規制の影響もあり,至るとことでバトルが見られたUSGPですが,琢磨ペナルティにはモヤモヤが収まりません。琢磨もレース後に話しているんですが,イエロー中に意図的に抜いたのと,相手が下がったことにより結果的に抜いたのでは,全く意味が違いますよね。
 しかもそれに対するペナルティが,どうして次戦へ持ち越しがあるのかも理解できません。ペナルティを無視してピットインしなかったわけでもないのに・・・。
 昨年もそうですが,FIAスチュワードの判定は一貫性がありませんよね。出る杭は打たれるってことでしょうか?
 何だか愚痴っぽくなってしましたが,琢磨にはへレスでみっちりテストして,真夏のヨーロッパでは暴れまくってもらいましょう!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月18日 (月) 22時54分

おはようございます
キミはスタート前に既に失敗していたと思ったのはオイラだけでしょうか?
彼を担当するエンジニアと、キミ自身のレースを見通す力の無さ…ドライビング以外の部分に問題がありそうです。

琢磨については、残念としか言いようがないですね。次で挽回して貰いましょう!

投稿: ビートニク | 2007年6月19日 (火) 06時30分

 ビートニクさん,こんばんは!
>キミ自身のレースを見通す力の無さ…
 確かにこれは大きいですねぇ。キミに速さがあるのは誰もが認めるところですが,戦略的な強さとなると・・・。これがミハエルとの大きな違い(のひとつ)ですね。
 琢磨は本当に残念!ペナルティのことも気になりますが,へレスでの極秘テストも気になります。どんなタマが投入されるやら。楽しみですね!
もちろんRA107「改」も(^^)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月19日 (火) 22時14分

 こんにちは!
 死のロードも、ようやくゴールが見えてきました(^^)

 結局ホテルで久々の地上波観戦をしてしまいましたが、今回もいろんなモノが垣間見えたレースでしたね。
 琢磨のペナ持ち越しはいいんですが(次戦スタート直後にドライブスルーさせられるよりは)、ペナ対象になったこと自体が疑問ですね。
 明日には録画してあるCSを見る時間ができそうなので、じっくり見てみます。

 今回の出張でよかったこと。それは、なぜか関東で見かけなかったSuperH2Oを買えたこと!
SAF1に対して声援を送る以外に、スポンサーの商品を購入することでも応援ができますからね(^^

投稿: mar | 2007年6月21日 (木) 16時18分

 marさん,こんにちは!地獄の26連投,お疲れ様です(^^;)家に帰ったらい,ゆっくり肩,じゃなかった,体を休めて下さいね。
 琢磨のペナは結局覆らず,ヨーロッパラウンドはのっけから不利な戦いを強いられてしまいますね。地上波ではそのシーンは捉えられていませんでしたが,CSでは確認されているようなので,是非チェックをお願いします!
 そういえばSuperH2O,こっちでは見かけませんね?私たちにできることは微々たるものですが,それがSAF1のためになってくれればうれしいですね(^^)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年6月23日 (土) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/15473814

この記事へのトラックバック一覧です: ルーキー北米完全制圧:

» アメリカGP 決勝(長文注意) [beatnicの密かな憂鬱]
アメリカGP:リザルト・ラップチャート・タイヤストラテジ・レポート(F1キンダーガーテン) [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 06時30分

« 勢いを取り戻せ! | トップページ | 真夏はホンダの正念場 »