« 最後のマニクールで・・・ | トップページ | ユニオンジャックは彼のもの »

2007年7月 7日 (土)

ストーブリーグが始まった!

 2週連続となるF1GPは,ドーバー海峡を越えイギリス・シルバーストーンへとやってきた。今年のイギリスGPは,マクラーレンの超新星ルイス・ハミルトンの大活躍もあり,過去最高の観客動員数を記録している。長い歴史を持つシルバーストーンも,ここ数年はバーニー・エクレストン/FOM会長から再三にわたって施設改善を求められるなど,苦しい状況に追いつめられている。このハミルトン人気が,シルバーストーンでのF1開催継続の追い風となればと,シルバーストーン保有者であるBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)のデイモン・ヒル氏も願っていることだろう。

 さて,このイギリスGPで,2007年のF1サーカスもちょうど折り返し。となるとそろそろ話題に上ってくるのが,来季のドライバー・ラインアップである。もちろんこの時期は,まだ噂の域を出ない話があちらこちらから聞こえてくるだけなのだが,あれこれ想像するのも楽しいものである。そんな中,全チームに先駆けて来季の体制を明らかにしたのがレッドブルである。今週末レッドブルは,デイビッド・クルサードと2008年のドライバー契約を結んだことを発表した。これで,元々2008年まで契約のあるマーク・ウェバーとともに,レッドブルは来季も変わらずベテランコンビとなることが確定している。

 一方でシート喪失の危機にさらされていたトヨタのラルフ・シューマッハは,大幅な減俸を了承し,来季もチームに留まることを決心したとされている。ラルフは年俸1,600万ドル(約19億7,000万円)とも,2,200万ドル(約27億1,000万円)とも言われるF1界随一の高給取り。しかし,今季は目立った速さを見せることなく,僚友ヤルノ・トゥルーリに先行される事が多くなっていた。一時はフランスGPで交代の噂も出ていたが,ここに来て500万ドル(約6億1,500万円)で合意したと伝えられている。もっともこれには,1ポイントにつき34万ドル(約4,200万円)という巨額のボーナスがつくらしいが・・・。

 最後に来季の去就が最も不安定なのが,スパイカーのクリスチャン・アルバースであろう。今季アルバースは,チームメイトであるエイドリアン・スーティルの後塵を拝することが多く,更に先週行われたフランスGPで起こした「給油事件」により,その印象を一気に悪くしてしまった。スパイカーのミシェル・モル/チームオーナーは「2~3戦後に彼と話し合う予定だ」と語り,近々アルバースの将来について話し合いを持つとしている。チーム首脳陣は,他チームも一目置くスーティルを手元に残しつつ,アルバースとの関係を精算したいと考えているのだろう。何はともあれこの手の話は,火のない所に煙は立たない。今年も真夏からストーブリーグが始まった!

|

« 最後のマニクールで・・・ | トップページ | ユニオンジャックは彼のもの »

コメント

 こんにちは!

 ヨーロッパラウンドにも入ると、来期の話も出てきますね!

 クルサードは好きなドライバーの1人なので残留は嬉しいです。しかし裏を返すと、ジュニアをたくさん擁するレッドブルも、旗艦に載せるほどの人材はまだいない、ということなんでしょうね。

 ラルフも予選では久々にいいところにつけました。ただ、トヨタは例によってレースペースに不安が残りますが、、、来期は来期として、2人目のお子さんも生まれるみたいですので、ひとつ奮起して欲しいですね(^^

投稿: mar | 2007年7月 8日 (日) 14時48分

 marさん,こんばんは!
 レッドブル・ジュニアのドライバーは多数いますが,まだどのドライバーも半人前と言ったところですかね。最も将来の可能性があるのはベッテルでしょうが,その彼もまずはトロ・ロッソからでしょうかね(^^)
 ラルフは久しぶりに速さを見せてくれましたね。今夜の決勝では,トゥルーリとのダブル入賞を期待しましょう(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年7月 8日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/15685602

この記事へのトラックバック一覧です: ストーブリーグが始まった!:

« 最後のマニクールで・・・ | トップページ | ユニオンジャックは彼のもの »