« 表彰台を見つめる思い | トップページ | 花火ではなく雑草のように »

2007年8月12日 (日)

SAF1に何が起きている!?

 「金は天下の回りもの」と言うが,それが回ってきた試しがない庶民は,諺の意味をどう理解すればよいのだろうか。バブル景気に沸いた時代ならいざ知らず,ガソリンの平均価格が150円に迫る勢いを見せている今日,1円でも無駄にできないと考えている人は多いだろう。しかし,金がなくて困っているのは,何も我々庶民だけではない。2年目の今季,ホンダワークスを上回る活躍を見せているSAF1も,現在明日をも知れぬその日暮らしの戦いを強いられているのだ。先週行われたハンガリーGPのパドックでは,SAF1が深刻な資金難に陥っているという噂が駆けめぐった。

 SAF1は開幕直前,香港に拠点を置く「SS UNITED」という石油会社とスポンサー契約を結んだ。しかし7月以降,この企業がスポンサー料の支払いを滞っており,その影響によりチームは,活動規模を縮小せざるを得ない状況だという。現在SS UNITEDのHPはリニューアル中で閉鎖状態にあり,関係者とも連絡がとれない状況だという。この企業については,F1のスポンサーに名乗り出た割には経営実態がほとんどないなど,当初から怪しげな雰囲気が漂っていた。亜久里代表も,資金不足については常々口にしていたことだが,スペイン人実業家とチーム株式の売却交渉をスタートさせたとの話もあり,いよいよSAF1は深刻な状況に陥ってしまっているようだ。

 更にもう一つ,SAF1に関する不可解な話がある。チームは現在,イギリス・リーフィールドにあるファクトリーを拠点にしているが,このファクトリーの更新契約を結んでいないというのである。元々このファクトリーは,TWR率いるアロウズが使用していたものだが,アロウズ消滅後はメナードの手に渡り,現在はSAF1がメナードから賃貸しているものである。SAF1の参戦当初,「リーフィールドの賃貸契約は3年であり,その間にホンダの拠点であるブラックレー近くにファクトリーを建設する」という話もあった。しかし,資金難に喘ぐチームに,ファクトリーを建設できる余裕があるはずもない。もしかするとこれも,チーム株式売却と何らかの関係があるのかも知れない。

 だが,亜久里代表はハンガリーGPで,「2008年は独自にマシンを製造する」という注目すべき発言をしている。そもそもSAF1は,来季からホンダの現行型シャシーであるRA107,或いは来季型のRA108を購入するものと思われていたので,この亜久里代表の発言は驚きを持って捉えられている。亜久里代表は集まった記者団に,「チームの準備は整っているという自信がある」と述べたようだが,チームの現状を考えると,にわかには信じがたい話である。資金難&株式売却報道,ファクトリー契約未更新,そして独自マシン製造発言・・・。全くかみ合わない話であるが故に,余計に「何か」を感じてしまう。一体SAF1に何が起きているのか?事態が明確になるには,もうしばらく時間が必要になるだろう。

|

« 表彰台を見つめる思い | トップページ | 花火ではなく雑草のように »

コメント

 こんばんは!あれ、おはようございます、かな(^^;

 ここに来ていろいろネガティブな事実が次々と明らかになる中、亜久利さんからも不思議な発表がありましたね。
 資金難は最初からでしたが個人スポンサーを募りはじめた時点で、かなりヤバいかな?とは思っていました。
 ホントにシャシーは自家製(もちろんホンダの手はいっさい借りない)というなら、晴れてSAF1を心から応援できるのですが、果たしてできるのか?

 亜久利さんのウルトラCに期待しつつ、続報を待ちたいと思います。

投稿: mar | 2007年8月12日 (日) 06時57分

こんにちは!
暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

SAF1 の資金難は、やはり深刻なのですね。KAZ さんが仰るように、「本当は何が起きているのか」、気になるところです。
SAF1 の現状(に関する推測)と、亜久里さんの発言との間の矛盾についても、いろいろな意味で、世間では「よくある話」ですよね~。来季に向けて、足元が固まる方向へ進んでいってくれるとよいのですが。「フタを開けてみたら・・・」というのは、ファンとしては想像したくないことです(^^;)

あと、琢磨の行方に関しても、いろいろな噂が出てきているみたいですね。最近は「オールジャパン」という言葉も、あまり耳にしなくなりました。SAF1 も、次第にその姿を変えていくのかもしれませんが、どう変わっていくのか、私のような一般のファンには、現状を見守っていくしかなさそうです☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年8月12日 (日) 10時42分

 marさん,こんにちは!朝早く(夜遅く?)から,コメントありがとうございます(^^;)
 このところあまり景気のいい話がないSAF1ですが,ついに深刻な話が出てきましたね。個人スポンサーの募集もしていますが,焼け石に水といったところでしょう。アグリ場の運営資金目的ですかねぇ。
 それにしても,この状況で亜久里代表の「独自マシン製造発言」には驚きました。これが本当ならうれしいんですが,まずは先立つものがないことには・・・。ウルトラCに期待したいと思います!ではでは!

投稿: KAZ | 2007年8月12日 (日) 14時42分

 Tommi-TAGさん,こんにちは!毎日暑い日が続きますねぇ(--;)千葉では昨日,観測史上4番目の暑さを記録しました・・・。
 さて,SAF1の現状は不明な点が多いですね。まぁ,亜久里代表の発言があまり当てにならないことは,過去の例が示してくれていますが(^^;)それにしても微妙な状況であることは間違いないでしょう。
 琢磨の今後も気になりますね。今のところSAF1残留が有力ですが,他チームが関心を示していることも事実です。本音を言えば,もっといいマシンに乗って暴れ回ってほしいんですが,中々うまくいきませんねぇ。今暫く状況を見守りましょう。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年8月12日 (日) 14時53分

こんにちは
(妄)ですが、
自チーム開発宣言→スポンサー獲得材料のアドバルーン
んで、
●スポンサー獲得成功の場合→本当に開発
●失敗の場合→株式売却orホンダの支援増強

で、ホンダの支援増強の場合、ファクトリーもホンダの拠点へ…つまり、どれもが可能性として語られているだけなのかも知れません。
(妄)が当たっていれば、どれも嘘ではない事になります。

それにしても、資金繰りが厳しいのはチームの発足当初からなので驚きはしませんが、部外者には実体が不明なだけに、色々と勘繰ってしまいますね。

投稿: ビートニク | 2007年8月17日 (金) 11時55分

 ビートニクさん,こんにちは!
 開発宣言が多分にパフォーマンス的な意味を含んでいることは間違いないでしょうね。SS UNITEDはこのままトンズラしそうですし,GP2のカンポスが共同オーナーに名乗りを上げてますし,どうなることやら(T_T)
 来季ホンダが日英合同開発をやめ,ブラックレー中心で開発を進めると,栃木はSAF1一本になる?一体どっちがワークスでしょう(^^;)でも,開発はしなくても前線基地のファクトリーは必要ですよねぇ。
 我々は成り行きを見守るしかありませんが,どういう形であれ「日本のSAF1」として挑戦を続けてほしいです(^^)ではでは!
 
 

投稿: KAZ | 2007年8月17日 (金) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/16082343

この記事へのトラックバック一覧です: SAF1に何が起きている!?:

» スーパー・アグリの資金難問題、亜久里氏が認める! [にこらすの徒然なるままに・・・part2]
Autosport.comの伝えるところによると、これまで一部で噂が流れていたスーパー・アグリ・F1・チームの資金難問題に関する取材に対し鈴木亜久里代表が問題の存在を認めたらしい。 記事によれば、メインスポンサーであるSS... [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 13時22分

« 表彰台を見つめる思い | トップページ | 花火ではなく雑草のように »