« アンソニーに必要な運 | トップページ | 「華麗なるレース」を求めて »

2007年9月 2日 (日)

F1熱を呼び起こせ!

 夏が終わってしまった。どんなに残暑が厳しかろうと,どんなにセミが鳴いていようとも,9月はもう夏ではないのである。夏という季節は人々を開放的にし,熱い思い出を我々に残してくれる。しかし9月の訪れとともに,その「熱い夏」も終わってしまったのだ。しかし,嘆く事なかれ。F1界では夏が終わろうとも,熱い戦いはまだ続いている。残り5戦となりいよいよ終盤戦となった感のあるチャンピオンシップ争いは,未だ2強4名のドライバーがしのぎを削る,正に群雄割拠の様相を呈している。そしてもうひとつ,私たちF1ファンの興味を掻き立てているのが,来季を見据えた様々な動きである。

 さて,予てより噂に上っていたスパイカーの買収が,いよいよ現実的な話となったようだ。買収するのは,スパイカーのミシェル・モル/マネージング・ディレクターと,インド人実業家であるヴィジャイ・マルヤ氏との共同コンソーシアムである。マルヤ氏は,航空会社としても知られる「キングフィッシャー」ブランドを持つ「ユナイテッド・ブリュワーズ・グループ」の経営者であり,傘下企業であるキングフィッシャー航空は,今季からトヨタのスポンサーとなっている。今回のスパイカー買収額は1億1,000万ドル(約127億6,000万円)と伝えられており,スパイカーがその前身であるミッドランドを買収した時の額,1億ドル(約116億円)を上回るものである。

 この買収劇でクローズアップされてきたのが,現在インド人で唯一のスーパーライセンスを保持する,ナレイン・カーティケヤンである,カーティケヤンは現在,ウィリアムズとテストドライバー契約を結んでおり,来季も残留を希望していると伝えられていた。しかしウィリアムズの首脳陣は,もうひとりのテストドライバーである中嶋一貴を高く評価しており,今季カーティケヤンがテストを担当することは殆どなかった。しかし,ここに来てのスパイカー買収劇。「オール・インドチームを作るのが夢」と語るマルヤ氏がいれば,カーティケヤンのレギュラー復活も現実的な話となるだろう。

 現在,アジアや中東のマーケットは,各国の国際企業が世界戦略を練る上で,決して外すことのできない市場である。F1開催国も,現在行われている日本・マレーシア・中国・バーレーンの4カ国に加え,来季からはシンガポール,2009年からはドバイと韓国が名乗りを上げている。更に「F1予備校」としての地位を確立したGP2では,来季から「GP2アジアシリーズ」をスタートさせせ,積極的にアジア及び中東のドライバーを起用することを打ち出している。インド人実業家によるスパイカー買収劇が,今後はインドのF1熱を盛り上げることになるのだろうか。それにしても,これだけ世界がアジアに注目するなかで中で,今ひとつ盛り上がりに欠けるのが日本なんだよなぁ・・・。 

|

« アンソニーに必要な運 | トップページ | 「華麗なるレース」を求めて »

コメント

 こんばんは!
 すっかり涼しくなって夏が姿を潜めましたね。今年の夏は、自らの心身の衰えを痛感させてくれました(^^;

 スパイカーは思いも寄らぬ展開を見せていますね。カーティケヤンはF3の頃は素晴らしい活躍を見せましたが、上に上がってからはイマイチですね。しかし再びチャンス到来です。オールインドならチームメートには同じインド出身のGP2ドライバー、K・チャンドックになったり?

>これだけ世界がアジアに注目するなかで中で,今ひとつ盛り上がりに欠けるのが日本なんだよなぁ・・・。
 僕もそう思います。GP2アジアも日本は対象外ですしネ。
 「お金のあるところ」というのが一番の理由かと思われますが、こういった現状においても独自路線を突き進む日本のモータースポーツ界にも、原因はあるのではないかと思います。FNもGTもレースそのものはすごく面白いんですが、、、

投稿: mar | 2007年9月 4日 (火) 00時31分

 marさん,こんばんは!
 某国の大臣のように,コロコロと名前が変わる元ジョーダンGPですが,ロシア,オランダの次はインドです。いやー,国際色豊か(爆)ウィリアムズで半ば腐っていたカーティケヤンには,願ってもない状況でしょうね。でもこれで左近は・・・。

>独自路線を突き進む日本のモータースポーツ界にも、原因はあるのではないかと…

 このお考えには,私も激しく賛同します(笑)先頃,FNとGTのエンジンが,2009年からほぼ統一規格となるとの改定案が示されましたが,日本だけでどうこうしても,「その先」がないんですよね。両シリーズとも非常にハイレベルであることは間違いないことなので,もっと積極的に海外との交流を深めるべきだと思います。江戸時代じゃないんだから,モータースポーツが鎖国してどうすんの・・・(T_T)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月 4日 (火) 00時46分

おじゃましまーーーーーす!

本当にカーレースに対するボルテージの上がらない日本ですよね!(笑)
阿蘭陀チームの買収劇でSAF1も悠長なことを言っていられなくなった感がありますが…(汗

今年はオイラ自身も生活環境の変化からいまひとつ日本GPに対する温度が上昇しません。(汗

さてさて困ったものです。

投稿: カンジ | 2007年9月 5日 (水) 14時06分

こんばんは!

KAZ さんと、mar さんのお話を伺っていると、大変勉強になりました。
GP2 アジアシリーズについては、AS 誌などで読んでおり、日本人ドライバーが候補に上がっていることから、日本も、てっきり仲間に入っているものと思っていましたが、実は、蚊帳の外だったのですね。これには、私もショックを受けました。

アメリカでは、NASCAR などは国民的な人気があり、IndyCar や Champ Car は海外でも注目されていますが、日本の Super GT や FN は、ごく一部の日本国民にしか注目されていなし、海外からも大して注目をされているわけではなさそうです。
かえって、D1 グランプリなんかの方が、アメリカとかに進出して、意外にウケていたりするのは、面白い現象ですね。
こう考えると、日本の Super GT や FN が抱える問題は、国内のファンのみならず、海外のファンに訴えかける、「何か」に欠けている点なのかもしれませんね。それは、そのカテゴリーが育んできた歴史や文化であるのかもしれませんし、さらにはアメリカと日本の国力の差なのかもしれませんが。

いずれせよ、GP2 アジアも、中東地域のマーケットとしての将来性と、豊富な資金が背景にあるということですので、やはり、日本企業の「金欠」、ひいては日本経済の建て直しをなんとかしないといけないのかもしれませんね(笑)☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年9月 6日 (木) 00時40分

こんにちは。
日本のモータースポーツの歴史はアジアでは断トツなんですから、もっとリーダーシップを取ってもらいたいですね。まあ、国産自動車メーカー主体で、各メーカーがレースと販売競争で凌ぎを削っている時代は良かったんでしょうが、今は世界NO1を目指す某メーカーさんの一人勝ちでモタスポ界もコントロールされてるような…。日本政府も観光産業に力を入れて行くようなので、観光資源の一つとしてレースを捉えてもらいバックアップして欲しいものです。
それにしてもカーティケヤン!今更??
旬は過ぎてるし…監督?とかの方が良いんでない???

投稿: touran | 2007年9月 6日 (木) 09時28分

 カンジさん,こんばんは!
 スペイン人実業家による株式買収は,結局まとまらなかったようですが,相変わらずSAF1の資金難は変わりませんからね。日本GP,そして来季に向け,少しでも明るい話があることを望んでいます(^^;)
 それにしても,日本GPまであと僅かだというのに,私の中でも今ひとつ盛り上がりに欠けます。やっぱり鈴鹿=日本GPのイメージが強すぎるからでしょうか?新生富士でのF1はどうなることやら・・・ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月 6日 (木) 21時27分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 GP2アジアシリーズですが,この話が出たときは,私も日本がその中心的な役割を果たすものだとばかり思っていました。ところが,アラブのオイルマネーに支えられるこのシリーズは,アジアシリーズというより中東シリーズのようですね。非ヨーロッパ枠を定めていますから,小林可夢偉ら日本人ドライバーも参戦するでしょうが,何だか「蚊帳の外感」はぬぐい切れません(-_-)
 FNは2009年からスウィフト・シャシーの導入を決めるなど,今後も独自路線を貫くようですが,10年選手のベテランが幅をきかせ,島国でチマチマ開催する先のないカテゴリーに,国内外の有望な若手が参戦するでしょうか?本当にFNをアジアの中心的なフォーミュラに育てようとするのであれば,1Oレース中2~3レースは,中国・韓国・マレーシアなど,東アジアの国々で開催するべきでしょうね。まぁ,それだけの資金もありませんが(T_T)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月 6日 (木) 21時39分

 touranさん,こんばんは!
 これだけ世界的な自動車メーカーを持ち,モータースポーツにも力を入れている日本ですが,それが十分社会的に認知されていないんですよねぇ。今月23日にお台場で行われる「モータースポーツジャパン2007」では,レースカーが公道をデモランするそうですが,ようやくこういったことにも許可が下りるようになった程度ですから(T_T)
 それにしてもカーティケヤン,確かに今更な感じはぬぐい切れませんね。カーリンでF3戦ってた頃はいいドライバーだと思ってたんですが。でも,インドマネーは強いだろうなぁ(-_-;)危うし,左近(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月 6日 (木) 21時51分

こんばんは
遅くなりましたm(__)m
日本でのモータースポーツが何で盛り上がらないんでしょうねぇ…好きな人はいるのに、一般的にならない…
暴走族などと混同されるんでしょうか?
独自路線で発展性がない、と言うのはステップアップの時に良く言われますね。
Fポンを止めて、Fアジアとか…でも、国内で人気が出るか否か…ファンの立場から見て面白いか否かとは少し違う気もしますが、大きな問題なのは間違いないでしょうね。

投稿: ビートニク | 2007年9月10日 (月) 20時12分

 ビートニクさん,こんばんは!
 日本はモータースポーツの歴史もそれなりにあるんですが,やっぱり欧米のように「文化」とまではいかないですね。サーキットに来る客層を見ても,じいちゃんばあちゃんが孫連れて来てたり,歴史の違いを感じます(--;)
 FNは独自路線をつっぱしるようですね。Fアジアなんて確かに面白いと思うんですが,あんまりマニアックなところをついちゃうと,ファンは離れていってしまいますからねぇ。今でも十分FN離れは進んでますが(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月11日 (火) 00時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1熱を呼び起こせ!:

» F1 今日の小ネタ [beatnicの密かな憂鬱]
中島一貴 小ネタとして、取り上げない訳にはいかない。 ラルフ・シューマッハの後任としてトヨタのシートを得るのでは? と複数のソースが伝えている。 「中嶋一貴、トヨタのシートに?」 「中嶋一貴、来季トヨタのドライバー候補に浮上」 ウィリアムズで金曜ドライバーとし..... [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 20時04分

« アンソニーに必要な運 | トップページ | 「華麗なるレース」を求めて »