« F1熱を呼び起こせ! | トップページ | ”シロ”が”クロ”に変わるとき »

2007年9月10日 (月)

「華麗なるレース」を求めて

 台風一過の土曜日,私にとっては年に一度の楽しみである,「GOSPEL NIGHT」という音楽イベントに参加した。場所は東京国際フォーラム ホールA。観客収容人数5000名を数える,日本が誇る巨大音楽ホールのひとつである。そのステージで今回は何と,250名のバックコーラスを従えソロを歌う機会を得た。楽曲はQUEENのブライアン・メイが手がけた「手をとりあって~Let Us Cling Together~」。たった1曲,僅か数分間のステージではあったが,自分の声が巨大ホール中に響き渡る臨場感は正に圧巻。歌い上げた後の感じは,北島康介と同じく「チョー気持ちいい!!」。ちなみにこの楽曲が収録されているQUEENのアルバムタイトルは「華麗なるレース」。こちらも何ともいい感じの響きである。

 昨晩はそんな余韻に浸りながら,イタリアGPを見ようとフジテレビにチャンネルを合わせた。すると,冒頭からトヨタのマシンと共に某アイドルグループの木村くんが現れ,何やら知ったような口ぶりで語っている。初の富士開催に向け,トヨタを前面に押し出したいのは分かるが,どうもあからさま感が否めない。フェラーリをバックにクールに始まったアバンタイトルのBGMも,今回はQUEENの「I WAS BORN TO LOVE YOU」。そこまで木村くん繋がりにしなくてもいいだろうに。肝心のレースでも,トヨタの2台はオープニングラップで順位を落とし,今回も結果を残すことができなかった。トヨタが「華麗なるレース」を見せるためには,まだまだクリアすべき課題が多いようだ。

 さて,先週末のイタリアGPで,一枚の注目すべきリリースがFOMから出された。日本GPが2009年より,鈴鹿サーキットと富士スピードウェイとの隔年開催となることを伝えるものである。これにより,昨年20年に渡るF1開催の歴史に一度ピリオドを打った鈴鹿が,再びF1のカレンダーに復活することが決まった。富士での開催に疑問符を投げかける関係者も多かっただけに,この決定はファンならずとも大いに喜ぶべきものであろう。このニュースを聞いた佐藤琢磨も「隔年開催になれば,ファンにとっても興味深い二つの日本GPになると思うし,両方とも成功させたい」と喜びを語っている。

 現在,F1が同一国で隔年開催されているのは,ドイツGPのニュルブルクリンクとホッケンハイム。バーニー・エクレストンFOM会長の目指す「1国1GP」の趣旨からすれば,今回の富士・鈴鹿隔年開催も,以前から噂されていた開催形態である。「東の富士,西の鈴鹿」という,日本が世界に誇る二つのサーキットでF1が開催されるとなれば,興行的にも長期にわたって安定した収入が期待できる。今回の契約で一体どれくらいのお金が動いたのか,我々は知る由もないが,細かい詮索は無しにしよう。数年後からは東と西で交互に,「華麗なるレース」を見ることができるのだから。

|

« F1熱を呼び起こせ! | トップページ | ”シロ”が”クロ”に変わるとき »

コメント

こんばんは!
コンサートの御様子、是非、拝聴ならびに拝見したかったです(^^)!

鈴鹿サーキットと富士スピードウェイとの隔年開催が決定したことは、とても嬉しいニュースでした。トヨタとホンダの両ファンにとっても、最も公平な開催方法だと思います。お互いに批判をするのではなく、「鈴鹿」と「富士」がともに成功を収めてこそ、「日本」での F1 開催が成功を収めたと言えるのではないかと思います。
富士は、レース以外(アクセス、輸送手段、等)の部分で、疑問符を投げかけられているような印象を受けますが、それも経験により解決されていくとよいのですが。
時々、昔の F1 雑誌をパラパラとめくっているのですが、アメリカのインディアナポリスで、はじめて F1 が開催される前も、実は、いろいろな見解が出ていたのですね~。また、開催後も、その評価は様々といった感じで、今になって読むと、「こんなケチを付けていた人もいたんだ~」みたいな感じで、とても面白いです。
インディアナポリスも、開催年数を経るにしたがって、当初指摘されていた問題点の多くは、次第に解消されていったのかもしれません。ただし、バーニーが要求する観客動員数を集めることができないという点、そして商業的な興行としての成功を収めるために必要な努力を怠っているという点を除いては・・・(笑)
その意味でも、これから数年後、富士での F1 の開催が、どのような評価を受けているのかという点は、非常に興味があるところですね。
私としては、富士のロングストレートで、最新の F1 マシンが、どのようなバトルを見せてくれるのか、非常に興味があるのですが。
それを観ることができる日も、もう目前ですね~☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年9月11日 (火) 02時25分

 こんばんは!

 木村なにがしはどうでもいいとして(笑)、今回の交互開催の件は非常に嬉しいことですネ。鈴鹿にも難問が山積していますが、2年でクリアして再び「華麗なるレース」の舞台になって欲しいです(^^

 ところで、KAZさんって何者なんですか!?

投稿: mar | 2007年9月11日 (火) 22時06分

大勢の観客を前に、ソロで歌うとは凄い事ですね!!
その歌声を聴きたいです♪

「手を取り合って」って言うのは確か、一部日本語が入っているヤツですよね?

投稿: ビートニク | 2007年9月12日 (水) 12時51分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 富士・鈴鹿の隔年開催は,いずれ実現すると思ってましたが,少なくとも5年先のことだと思っていました。まさか富士が開催される前から,正式発表されるとは(^^;)富士のネックは,サーキット「以外」の全てと言われていますが,開催することでクリアされるものも多いでしょうね。
 この決定は,日本のF1ファンのみならず,ドライバーも喜んでいるんじゃないんでしょうか。世界屈指のドライバーズサーキットである鈴鹿と,世界屈指のロングストレートと景観を持つ富士。まずは初開催の富士に期待したいと思います(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月12日 (水) 21時17分

 marさん,こんばんは!
隔年開催は素直にうれしいですね。この決定で鈴鹿も,本腰を入れて大規模改修に踏み切れるんじゃないでしょうか。あ,大規模改修に踏み切ったから,バーニーが契約したのか(^^;)始まる前から何ですが,やっぱり日本GP=鈴鹿なんですよねぇ。

>ところで、KAZさんって何者なんですか!?

 プロフィールにもあるように,車とネコをこよなく愛す自称ミュージシャンです(*^^*)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月12日 (水) 21時28分

 ビートニクさん,こんばんは!

>「手を取り合って」って言うのは確か、一部日本語が入っているヤツですよね?

 そうです!よくご存じで(^o^)親日家だったQUEENの楽曲らしく,サビの部分が日本語詩になっているんですね。でもこの曲,全然GOSPELじゃないんですが,アマチュアが一同に会するアバウトなイベントなもんで(^^;)
 歌は「下手の横好き」なんでお聴かせできるほどのものでもないんですが,ストレス解消に最適です。もちろんモータースポーツも(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年9月12日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/16397573

この記事へのトラックバック一覧です: 「華麗なるレース」を求めて:

« F1熱を呼び起こせ! | トップページ | ”シロ”が”クロ”に変わるとき »