« 神童が成し遂げる偉業 | トップページ | 決着!混迷のタイトル争い »

2007年10月14日 (日)

戦いはこれからだ!

 「レースは人生そのものである」と言うように,チェッカーフラッグを受けるまで,何が起きても不思議ではないのがレースである。2007年のドライバーズ・タイトルは,九分九厘マクラーレンのルイス・ハミルトンが手中にしたと思われた。今季15戦を終え,リタイヤ0,表彰台獲得率80%を誇るハミルトンであれば,そう思うのも当然のことだろう。しかし,富士に引き続き上海も,雨に翻弄されたレースとなった。ハミルトンはピット入り口のグラベルにつかまり,今季初のリタイア。カーカスまでもが目視できるほど消耗していたタイヤを,なぜすぐに交換しなかったのか。ロン・デニス代表の「我々はキミとレースしていたのではなかった。基本的にフェルナンドとレースをしていたのだ」という発言が,その答えとなった。

 この結果,ドライバーズ・ポイントは,ハミルトン107,フェルナンド・アロンソ103,キミ・ライコネン100となり,最終戦では三つ巴のタイトル争いが展開される。三つ巴の最終戦となるのは,1986年のナイジェル・マンセル,アラン・プロスト,ネルソン・ピケ以来21年ぶりのこととなる。このときは,マンセルのタイヤがバーストし,プロストが逆転王者に輝いている。追われる者より追う者の方が精神的に有利な状況にあることは,歴史が証明している。三つ巴のまま最終戦までもつれ込んだことは過去に8回あるが,そのうちリードしていた者がチャンピオンになったのは,僅か3回だけである。

 最終戦の舞台ブラジル・インテルラゴスは,縁石がそれほど高くなく,フェラーリ向きのコースであると言われている。昨年は,フェリペ・マッサがPPから完璧な走りで優勝を飾っているだけに,彼が三つ巴のタイトル争いにどう絡んでくるのかも注目される。マッサは,「最終戦は勝ちに行く」と明言しているが,ライコネンにタイトル獲得の望みがある以上,何らかのサポートをしていく必要はあるだろう。もちろんその場合,マクラーレンの二人を封じることが,マッサに与えられる最大の使命となる。地元でマッサがのような走りを見せるのか。彼がタイトル争いのキーマンとなるかもしれない。

 もう一つの注目は,2年連続チャンピオンのプライドをハミルトン&デニスにズタズタにされ,怒りに震えるアロンソの去就である。もはやアロンソとチームの関係は修復不可能とされており,仮に逆転でタイトルを獲得したとしても,彼が来季もマクラーレンで走るとは考えにくい。アロンソ自身も地元スペインのメディアに「自分の移籍候補は10チーム」と語っており,マクラーレン離脱は決定事項として報道されている。もちろん,マクラーレンと3年契約を結んでいるアロンソの移籍には,莫大な違約金が必要となるため,そうすんなりコトが運ぶとないだろうが・・・。最終戦を前に,混迷を極めるタイトル争いと移籍市場。今季最後ににして最大の戦いが,幕を開けようとしている。

|

« 神童が成し遂げる偉業 | トップページ | 決着!混迷のタイトル争い »

コメント

こんばんは!

ミハエルが引退して、どうなることかと思われた F1 界でしたが、ある意味、こんなワクワクした気持ちで最終戦を迎えることができるのは、久しぶりのような気持ちがします。
やはり、役者が揃っていますよね~、しかも3人!
私が最終戦に期待するものは、フェアでクリーンな戦いでしょうか。
ファンとしても、納得のいく、気持ちのいいレースで、シーズンを締めくくってほしいと思います。
泣いても笑っても、チャンピオンシップというのは、まさに長いシーズンの集大成。
素晴らしいレースを期待しています!☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年10月14日 (日) 22時23分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 今シーズンが始まったときは,まさかハミルトンを交えた三つ巴で,最終決戦を迎えることなど,誰も想像しなかったことでしょう。地球の裏側で行われる最高の戦いを,私も最後まで見届けたいと思います。
 ドライバーズタイトル争いに加え,中嶋一貴のデビュー戦にも期待がかかりますね。3人の日本人がGPに出走することは随分久しぶりですから,こちらも注目です。
 琢磨にも昨年のようにシーズン最高の成績を残し,良い形でシーズンを締めくくってほしいですね。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年10月14日 (日) 23時39分

 こんにちは!

 近年稀に見る、話題豊富な最終戦となりましたね。タイトルの行方もさることながら、ここに来て中位以下のグループの争いが活発になっているのも見逃せないポイントです。来期にも影響を与える重要な一戦になりそうですね。
 レーシング以外の面に翻弄されたシーズンではありますが、それも現代F1の醍醐味の1つ。
 最後はトラック上でのクリーンなバトルで締めくくって欲しいと願います。

 来週の月曜は有給を取るべく、仕事にも熱が入る僕がいます(^^;

投稿: mar | 2007年10月16日 (火) 12時20分

 marさん,こんばんは!
 タイトル争いも気になりますが,中国GPで一気に変動があったコンストラクターズ・ランキングも気になります。上位3チームは決定でしょうが,ウィリアムズとレッドブルの4位争いも熾烈ですし,9位に転落したSAF1の巻き返しも期待したいです(^^)
 それにしても,地球の裏側で行われるGPなだけに,寝不足は必至ですね。私の場合月曜日に休みは取れないので,思いっきり早く寝て,真夜中に起きることになりそうです(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年10月17日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/16754953

この記事へのトラックバック一覧です: 戦いはこれからだ!:

» 【F1動画】1973年ブラジルグランプリ E.フィッティパルディが優勝 [F1GPニュース・動画WEB]
インテルラゴスサーキットで行われた1973年F1ブラジルグランプリ。優勝したのはブラジル人ドライバーであるE.フィッティパルディで観客は喜びに沸いた。Emerson Fittipaldi wins 1973 Brazilian Grand PrixJPS LOTUS 栄光の軌跡BLACK BEAUTY 1973 season [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 23時18分

« 神童が成し遂げる偉業 | トップページ | 決着!混迷のタイトル争い »