« 決着!混迷のタイトル争い | トップページ | アロンソよ,何処へ行く・・・。 »

2007年10月28日 (日)

崇高なる跳ね馬の行方

 世の中に崇高なものは数限りなくあるが,レースの世界となると,それぞれの価値観によって崇高さは異なってくる。しかし「フェラーリ」という名は,世界中どの国に行っても,ある種独特の響きと世界観を感じさせてくれるものだろう。以前,旅行でイタリアを訪れた際,ミラノのとあるレストランで食事をしたことがある。F1ドライバーも訪れるというそのレストランの壁面には,歴代フェラーリF1の写真が数多くディスプレイされていた。そして,私が座った席の真横には,「カヴァッリーノ・ランパンテ」のエンブレムが,誇らしげに飾られていた。フェラーリ信者でもない私でも,思わず手を合わせてしまいたくなるような,そんな崇高さを感じた思い出がある。

 さて,キミ・ライコネンによる大逆転劇で幕を閉じた2007年シーズンだが,チャンピオンチームとなったフェラーリの来季体制は,まだ不透明な点が多い。一時はマクラーレンのフェルナンド・アロンソが移籍することも噂されたが,少なくとも2008年に関しては,ライコネン&マッサのラインアップに変更はなさそうである。スペインで行なわれたアストゥリアス皇太子賞の授与式に参加しミハエル・シューマッハも,「フェルナンドのファンをがっかりさせたくはないけど,今のところフェラーリのシートは埋まっている。マッサとライコネンは長期契約をしているから,現時点ではどうしようもない。僕たちは2人のドライバーに満足しているからね」と,アロンソのフェラーリ入りを否定している。

 そうなると問題は,誰が代表の座に就くかという点であろう。フェラーリの総帥であるルカ・ディ・モンテゼモロ/フィアット会長は,来季の体制はクリスマス前までには発表することを明らかにしたが,これが一筋縄ではいきそうにない。一時はジャン・トッド代表がダブル・タイトルを花道に一線を退き,代わって現在長期休暇中のロス・ブラウン/元テクニカル・ディレクターが代表の座に就くと目されていた。しかし,フェリペ・マッサが,2010年まで契約を延長したことで,情勢は微妙に変化している。そしてそこには,ミハエル,バーンを従えるモンテゼモロ会長と,息子でありマッサのマネージャーでもあるニコラスを擁するトッド代表との権力抗争が見え隠れする。

 元来トッド代表は,モンテゼモロ会長自身がスポーティング・ディレクターに任命した人物である。就任当初は中々結果の出なかったトッド体制であったが,ミハエル&バーンを獲得し,1999年から実に6年連続コンストラクターズ・タイトル獲得という黄金期を築き上げた。しかし,そのシューマッハが引退した現在,二人の関係は微妙に変化してきている。今後もフェラーリF1に影響力を残したいモンテゼモロ会長と,現在の立場を維持しつつ,いずれ息子のニコラス・トッド氏をフェラーリの代表に就かせたいトッド代表。「シューマッハ以降」の崇高なる跳ね馬は,その行方を決めかねている。

|

« 決着!混迷のタイトル争い | トップページ | アロンソよ,何処へ行く・・・。 »

コメント

こんばんは!
マッサは、早々にフェラーリとの契約更新をしたものの、「レギュラードライバーとしての契約とは言っていない」ということで、アロンソのフェラーリ入り可能性が残されているものと思っていましたが、主要な関係者の発言を読むかぎりでは、やはり、アロンソのフェラーリ入りはなさそうですね~。やはり、ジャン・トッド代表の息子であるニコラス氏が、マッサのマネージャーであるという点が決め手なのでしょうか。
また、今シーズンのアロンソの振る舞いが、フェラーリの首脳陣に、どのように受け取られているのかという点も疑問でしょうか。また、アロンソ自身も、かつてフェラーリに対し批判的な発言をしていたことがあったような記憶があります。
チャンピオンを2人抱えて、無用な緊張とトラブルの種をチーム内に持ち込むよりは、チャンピオンを獲れる実力を持ったライコネンを主軸に、ある程度、身の程をわきまえた(?)マッサという二人の体制の方が、ある意味では利口といえるのでしょうか?
ただ、ドライバー人事は決着がついても、チーム代表の人事には、いろいろな確執があるのですね~。
ロス・ブラウン代表という可能性は残されているものの、ジャン・トッドが去ることになり、ドライバーの世代交代をも含め、'00 年代から '10 年代へ、時代は移り変わりつつあることを感じますね~☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年10月30日 (火) 20時46分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 ライコネン&アロンソの現役最強ペアを見てみたい気もしますが,現実的ではないでしょうね。トッドからチームの主導権を取り戻したいはずのモンテゼモロが,マッサの契約延長は決めたことは意外でした。これも,無用の混乱を避けるための措置なんでしょうかねえ(--;)
 アロンソがマクラーレンを離脱した場合は,今のところルノーというのが現実的な選択肢ですかね。とはいってもF1の世界は,何が起こっても不思議ではないですから,蓋を開けたらとんでもないラインアップになっているかもしれませんね(^^;)
 いずれにせよ,アロンソの行き先が決まらない限り,他のドライバーも動けないわけですから,今季のストーブリーグは長引きそうですね。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年10月30日 (火) 22時08分

 こんばんは!
 なかなか面白いシーズンオフになっていますね。
 アロンソはどうするのか。ベストはマクラーレンで「No.1」待遇のはずで、ここまでの工作も全てその為だったと思うのですが、それが叶わない今、「速いマシン」と「No.1」のどっちを選ぶかで悩んでいるでしょうね。

 フェラーリの覇権争いも興味深いですが、ロス・ブラウンを欠いた今年のフェラーリの弱体化は明らかでしたし、彼自身も「フェラーリ」のブランドで引退したいでしょうから、とりあえず元サヤに戻るような気がします。

 やはり「フェラーリ」と言う名は別格ですね(^^

投稿: mar | 2007年10月30日 (火) 23時37分

 marさん,こんばんは!
 アロンソの行き先は依然不透明ですが,本命と思われていたルノーとの交渉が暗礁に乗り上げているとのこと。どうやら2009年からのフェラーリ入りを視野に入れるアロンソが,ルノーの提示した3年契約に難色を示しているとか。
 で,ここにきてウィリアムズでつなぎの1年を過ごすという噂も・・・それじゃぁ一貴のデビューはお預けか?って,結局何一つ決まっていないアロンソ君です(^^;)
 フェラーリはトッド体制を維持していくようですが,ロス・ブラウンを欠いた状態では,マシン的にも戦略的にも今ひとつでしたね。彼がフェラーリのトップに立つ姿も見てみたいのですが,そうなるとフェラーリ伝統の「お家芸」が心配(--;)
 でも,やっぱりフェラーリはフェラーリなんですよね(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年10月31日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/16915422

この記事へのトラックバック一覧です: 崇高なる跳ね馬の行方:

« 決着!混迷のタイトル争い | トップページ | アロンソよ,何処へ行く・・・。 »