« 「国内最高峰」の変革 | トップページ | HONDAに纏わるエトセトラ »

2007年11月25日 (日)

鈴木亜久里の「冒険」

 「冒険」と「探検」の違いをご存じだろうか。一般的に「冒険」とは「危険な状態になることを承知の上で,あえて行うこと」であり,「探検」は「未知の地域に入り,実際に調べること」であるという。つまり,この二つの言葉の違いは,「命の危険があるかないか」ということになるだろう。先月,SAF1の誕生から現在に至るまでがまとめられた「鈴木亜久里の冒険」という本が出版された。不可能と言われた128日でのF1参戦を実現し,今季2年目のシーズンを戦い終えた鈴木亜久里代表とSAF1。その過程は,まさに命を賭けた「冒険」そのものであったことを,本書は記している。

 この本の著者は,ベテラン・モータースポーツジャーナリストで,SAF1のHPでは各GPごとにインサイド・レースレポートを執筆する赤井邦彦氏。チームを最も近くから見守り続けてきたジャーナリストとして,今まで明らかにされていなかったSAF1の舞台裏をが克明に記している。当初亜久里代表が,ホンダの共同オーナーとしてF1参戦を考えていたこと。ディレクシブが,亜久里代表のB.A.R株式買収を支援する予定であったこと。今まで謎とされていた4800万ドル(約58億円)もの供託金の出資者が,あおぞら銀行であったこと。冒頭から今まで謎とされてたことが次々と明らかにされ,読む者を惹きつけて止まない。秋の夜長にぴったりの,インサイドストーリーとなっている。

 さて,そのSAF1だが,総勢150名のスタッフのうち30名ほどが人員削減されたとの報道がされたように,残念ながらチームの状況は芳しくないようだ。SSユナイテッドの債務不履行があった後,チームはマシン開発を凍結し何とか今季を乗り切った。しかし,来季に向け更なる資金を調達しなければ,再びチーム売却の恐れも出てくる。最大のネックとなっているのが,カスタマーシャシー問題の結論が依然として出ていないことである。亜久里代表は,「決めるのはFIAとFOMだが,すでに落とし所は見えていると思う」との見解を示しているものの,この状況に新規スポンサーが二の足を踏んでいることは明らかだろう。

 一方,来季のドライバーラインアップも依然として発表がない。先日ツインリンクもてぎで「Enjoy Honda ホンダ・レーシング・サンクス・デー」に参加した佐藤琢磨は,「いくつかのチームと交渉をしているが,SAF1がボクの期待するポテンシャルを出してくれれば,来年も同じチームで闘いたい」と,SAF1残留が基本線であることを示している。しかし,「ボク自身が納得できるパッケージが揃っていないので,最終合意には達していない」とも語っているとおり,チームが来季を戦えるだけの体制を整えられなければ,状況は大きく変わってしまうだろう。チーム,スポンサー,マシン,ドライバー・・・。鈴木亜久里の「冒険」は,まだまだ続く・・・。

|

« 「国内最高峰」の変革 | トップページ | HONDAに纏わるエトセトラ »

コメント

こんにちは。
発売されてたの忘れてました!
師走は忙しないのでお正月にでもゆっくり読んで見ます。
まさに冒険!でも、プロドライブ来期参戦見送りのニュースを聞くと亜久里さんの判断は正しかったのでしょうね。野生の勘?と言うか、亜久里さんらしい行動力・交渉術の成せる業ですかね。(SSユナイテッドにはやられましたが)
今年以上に来年の方が厳しいかもしれませんが、なんとか踏ん張ってもらいたいです。

投稿: touran | 2007年11月27日 (火) 16時39分

 touranさん,こんばんは!お久しぶりです(^^)
 私もまだ全部読み切ったわけではないのですが,改めて個人がF1チームを立ち上げ,維持していくことの大変さを知りました。本当にとんでもない行動力ですね(^^;)
 30までにF1ドライバーになって35で引退して,45までにオーナーになって・・・亜久里代表の有言実行は今に始まったことではにのですが,SAF1を立ち上げたときに「オーナーは50まで」と言っていました。それまでチームがもつといいんですが(--;)
 厳しい状況が続きますが,新たな展開を期待したいですね(^^)Vではでは!

投稿: KAZ | 2007年11月27日 (火) 22時10分

 こんばんは!

 お恥ずかしいことにこの書籍の存在を知りませんでした(汗)
 赤井氏の本はいくつか読んだことがあるのですが、かなり深くまで切り込む印象があります。最近買ったばかりのトヨタのF1参戦に関する本も読み応えがあります。
 F1参戦という、特に現代では非常に困難なタスクをいかに実現したか、そしてF1を取り巻く真実が描かれているようで、ぜひ読んでみたいですね。早速明日にでも買ってきます(^^

 アロンソを筆頭とした「空席」の行方を始め、来シーズンのF1は全く予想がつきません。その中において琢磨、そしてSAF1に関するグッドニュースが聞こえてこないのも非常に気になります。
 我々には見守ることしかできませんが、有言実行を続けてきた亜久里さんの手腕に期待しましょう!

投稿: mar | 2007年11月28日 (水) 02時32分

こんばんは!
そういえば最近、SAF1 の話をほとんどしなくなってしまったなぁ~と感じていたのですが、チームの状況の方は、相変わらず厳しいみたいですね。夢のオールジャパンチームというコンセプトでチームを立ち上げた当時と現状とを比べてしまうと、様々な面において大きなギャップを感じてしまうのは仕方がないことでしょうか。特に、チームの基本コンセプトの変容については、やや落胆を感じている日本のファンも少なくないのではと思うのですが。
ミナルディもそうでしたが、勝てる見込みがないのに、なんで参戦するのかということは、常々問われるところで、それに対する本当の答えは、亜久里さんの心中にあるのかもしれません。
ひとつの答えとして、「グリッドにマシンを並べるだけでも価値があるから」ということが語られ、それについては賛否両論あるようですが、私の SAF1 観としては、それだけでも十分な価値があるのではと思ってます。というのも、自らチームを立ち上げ F1 に参戦するのって、普通の人ではできないことですよね。それを実現し、実行しているのが亜久里さんです。
厳しい冒険はまだまだ続きますが、できれば成功してほしいですね~。今年のポイント獲得を見てもしかり、亜久里さんは、とにかく強運の持ち主です。どのような展開が待ち受けているのか、予想もつきませんが、日本人のファンとして、これからも SAF1 を見守っていきたいと思っています☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年11月28日 (水) 20時33分

こんばんは
遅くなりましたm(__)m

その本は読んでいません。銀行が出資したんですか!面白そうな内容ですね。
さて、SAF1が来年も競争力を発揮するためには、今年以上のホンダの協力が前提となりますね。
琢磨が納得いく体制が出来るのか、気懸かりです。
仮に体制作りが上手く行かなかった場合、今や空いているシートも少ないですからねぇ。
方向は一つしかありませんね。

投稿: ビートニク | 2007年11月28日 (水) 22時05分

 marさん,こんにちは!ボサッとしていたら日曜日になってしまいました(^^;)
 赤井氏はSAF1を誕生から間近で見てきたジャーナリストですから,裏話が随分載っていますね。一言でF1チームを立ち上げると言っても,我々の想像を遙かに超える次元の話ですからねぇ。
 アロンソが行き先を決めかねていますが,琢磨にとってはSAF1残留が濃厚です。それでも正式発表がないのは,来季のSAF1側のチーム体制が不十分であるのだろうと。早くいい話が聞きたいですねぇ(--;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年12月 2日 (日) 13時37分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 このブログのサブタイトル「SAF1を中心とした,モータースポーツ週末コラム」なんですが,最近全然SAF1ネタ取り上げていませんでした(^^;)
 SAF1の「オールジャパン・コンセプト」は,マスコミや一部のファンが作り上げてしまったものなんですが,これほど日本国内からのバックアップがないとは思いませんでした。それだけ今の日本には「夢」を追う企業が少ないと言うことでしょうね。
 ミナルディのように「グリッドにいるだけのチーム」と言われても,SAF1は本気で優勝を目指しているのでしょうから,このまま消え去って欲しくはありません。亜久里代表の強運に期待しましょう(^^;)ではでは!

投稿: KAZ | 2007年12月 2日 (日) 13時47分

 ビートニクさん,こんにちは!こちらこそ,遅くなりましたm(_ _)m
 「鈴木亜久里の冒険」なかなか面白いですよ。供託金をどうやって用意したのかが今まで謎だったんですが,この本を読んで合点がいきました(^^)
 それにしても,SAF1の現状は不安定ですね。ビートニクさんが仰っているように,琢磨の去就は栃木研究所がどれだけSAF1をサポートできるかにかかっているでしょうね。そう言えば琢磨は昨年の今頃も,「チームとホンダ本社との橋渡しをしていた」と語っていました。円滑なコミュニケーションを図ることが出来れば,双方にとってメリットも大きいと思うのですが・・・。ではでは!

投稿: KAZ | 2007年12月 2日 (日) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/17183098

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木亜久里の「冒険」:

» F1 今日の小ネタ(追記アリ□ [beatnicの密かな憂鬱]
プロドライブ 08年からのF1参戦を目指していたプロドライブだが、正式に断念したようだ。(F1-Livecom) ※長くなったので、続きへ… [続きを読む]

受信: 2007年11月28日 (水) 22時02分

« 「国内最高峰」の変革 | トップページ | HONDAに纏わるエトセトラ »