« アロンソよ,何処へ行く・・・。 | トップページ | 「国内最高峰」の変革 »

2007年11月11日 (日)

TDP三銃士三様の1年

 1年という時間を長いと考えるか短いと考えるかは,その人の捉え方しだいである。しかし,1000分の1秒を争うモータースポーツの世界に於いて,1年という時間は人生を大きく左右させるのに十分な時間である。ちょうど1年前,未来のF1ドライバーを目指し,共に激戦のユーロF3を戦った3人の若者がいた。ユーロ初参戦での光る走りが認められ,名門ウィリアムズのテストドライバーに抜擢された中嶋一貴。2年目のユーロを3位で終え,GP2へのステップアップを果たした平手晃平。フォーミュラ・ルノーのタイトルを手土産にユーロに参戦し,マカオGPではPPも獲得した小林可夢偉。それぞれが着実に結果を残し,次なる目標に向け羽ばたき始めた時であった。

 あれから1年。3人を取り巻く状況は,大きく変わり始めている。まず,何と言っても最大の成功者は,来季からウィリアムズのでF1フル参戦を果たす一貴であろう。今季の一貴はDAMSからGP2に参戦し,ルーキー最上位のランキング5位という結果を残した。当初は来季もGP2に参戦し,今季果たせなかった勝利とタイトルを狙うものと思われていたが,事実上の「テスト参戦」となった最終戦ブラジルGPでの走りが認められ,ついに念願のレギュラーシートを獲得した。GP2未勝利の一貴に対し,「レギュラードライバーになるには経験が足りない」との声もあるが,そこは適応力の高い一貴のこと。きっと来季は,我々を驚かせてくれる活躍をしてくれることだろう。

 一貴が夢への階段を一気に駆け上がったのに対し,不本意な形でヨーロッパを後にしたのが晃平である。トライデントからGP2に参戦した晃平だったが,わずか9ポイントのランキング19位でシーズンを終えた。不振の原因は,チームスタッフとのコミュニケーション不足。と言っても,これは晃平だけの責任ではなく,彼の言うことを聞こうとしなかったチームにも問題がありそうだ。もちろん,与えられた環境で最大限の成果を発揮しなければ,次へのステップに繋がらないのだが,せめてあと1年チャンスが与えられなかったのかとも思う。ただ,晃平はまだ21歳と若い。次なるステップに向け,来季は日本での復活を期待したい。

 最後は2年目となるユーロF3で,タイトル獲得を狙った可夢偉。しかしその可夢偉も,今季は不完全燃焼の1年となってしまった。マニクールで待望のユーロF3初優勝を挙げたものの,トラブルやアクシデントで結果に結びつかないレースが幾度となく続き,最終的にランキングは4位。それでも来季はGP2への参戦が確実とされており,既にARTやDAMSでテストも行っている。順当に行けば,トヨタのテストドライバーも務めるはずであり,「トヨタの秘蔵っ子」とも言われる可夢偉の未来は明るい。今季の彼に残された仕事は,マカオGPでF3の総決算をすることである。TDP三銃士にとっては三者三様の1年だったが,来年の今頃はまた違った人生が見られるのだろう。

|

« アロンソよ,何処へ行く・・・。 | トップページ | 「国内最高峰」の変革 »

コメント

 こんばんは!
 おっしゃるとおり、まさに3者3様の1年となりましたね。
 下馬評では最も期待の低かった一貴君が最高の結果を残しましたが、3人とも僅かなタイミングの差、ボタンの掛け違えで立場は変わったように思えます。
 とは言え、求められた時に実力を出し切ることの出来た一貴君が、見事F1への切符を手にしたのも必然と言えます。

 気になる平手君ですが、20日に行われるFポンのオーディションに名前が挙がっています。実際のところ彼の存在は、そのルックスも含めてあまり知られていないと思いますので、ユーロF3で3位の力を見せるべく頑張って欲しいと思います!

 そして可夢偉君。TDP3銃士の本命と言われる彼も、GP2で良い成績を残さなくてはなりません。GP2は所属チームでかなり差が出るので、まずはいいシートを得ることが重要と思われます。
 その前に、来週末のマカオF3で、念願の優勝を果たして欲しいですね(^^

投稿: mar | 2007年11月12日 (月) 00時48分

 marさん,こんばんは!
 一貴君は,F3やGP2でタイトルこそ獲得していませんが,その適応力は3人の中で1番だと思います。限られたチャンスの中で最大限の結果を出さなければならないF1の世界では,彼の持つ能力は強力な武器になると思います(^^)v
 晃平君はチーム力のなさに泣かされましたねぇ(T_T)DAMSも微妙なんですが,それ以上にトライデントは・・・。F-NIPPON参戦の可能性は高いと思うのですが,問題は日本独特のサーキットやタイヤ,ステアリングが異常に重いと言われるFN06との相性。GP2帰りの吉本君も苦労しますから,ちょっと心配ですね(--;)
 可夢偉君は,来季はDAMSでの参戦が有力視されているみたいですね。ARTはグロージャンにとられたか・・・。GP2アジアシリーズにも参戦するようなので,3人の中では最も早くから走る姿が見られそうですね。あ,その前に来週はマカオだ(^^;)
ではでは!

投稿: KAZ | 2007年11月12日 (月) 01時31分

こんばんは!
私は三銃士について、各人、断片的にしか把握していなかったのですが、KAZ さんの御解説で、三人の「過去」「現在」そして「将来の展望」がよくわかりました!
一貴選手は GP2 での勝利はなく、ルーキーオブザイヤーでの F1 入りとなるということですので、ある意味、シンデレラ・ボーイですね(^^)
可夢偉選手も、順調にステップアップしているようですし、あとは来季の成績次第ということになるのでしょうか。
その童顔ゆえに?、私にとって最も印象が強かったのが平手選手ですが、三人の中では最も厳しい立場になってしまいました。やはり世界の舞台から離れてしまうのは、様々な意味で不利になるかもしれません。でも、まだ21歳ですよね~! 十分すぎるくらいに若いです。世界を経験してきているだけに、あと自分は何を充たせば、再び世界の舞台で活躍できるのかということも知っているはずです。日本でそれを身に付け、再び世界の舞台へ飛び立って、活躍してくれることを期待しています!☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年11月14日 (水) 21時33分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 一貴君と可夢偉くんは,それぞれF1とGP2で戦う準備が整いつつありますが,問題は晃平君。ちょっとしたボタンの掛け違いから,一転厳しい立場に追い込まれてしまいました(--;)早くからヨーロッパを主戦場としていただけに,本人もさぞ残念に思っていることでしょう。
 でも逆に言えば,21歳という若さにして5年間もの海外経験があるんですよね。これは他の日本人ドライバーにはないものだと思います。F-NIPPONに「外国人ドライバー」として参戦するつもりで,来年は国内で結果を残し,再び世界に戻って来てもらいたいですね(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年11月14日 (水) 22時36分

先日の日曜日に瑞浪で平手君を見ました。瑞浪とは、瑞浪レイクウェイというカートコースです。彼はとあるショップの凄いポンコツ(KARTKOZOさん御免なさい)の試乗用マシンでこの真冬に信じられないタイムで走っていました。そして、当日練習をしていた人たちに気軽にアドバイスをしたり一緒に写真を撮ったり、コースを管理しているSさんと平手君が話している時は、丸でおじいちゃんと孫の様でした。
瑞浪を巣立って6年以上が過ぎましたが、今でも晃平君のカート時代の写真が誇らしげに掛かっています。この地方でカートをやっている人間には、スカラシップだけでここまでやってきた平手晃平は、目標であり仲間なんですね。もの凄く愛されています。
同じ愛知出身で、今回は中嶋一貴と明暗を分けましたが、今やFNでトヨタワークス扱いのIMPULでチャンプを奪取し、再びヨーロッパへ行くと信じています。
日本に戻らなければならなかった彼の無念さを思うとやりきれなくなります。でも我々は貴方がどれだけ速いか知っています。きっとまた遠い存在となることも。
今年はこれまた同じ愛知出身の松浦孝亮もFNですね。私は二人のコウちゃんを応援します。

投稿: TONYKART | 2008年1月10日 (木) 21時19分

 TONYKARTさん,こんにちは!コメントありがとうございます(^^)
 晃平君のホームコースは,瑞浪だったんですね。本当に速いドライバーはどんな条件でどんなマシンに乗っても速いと言われますが,晃平君も正にその条件に当てはまるドライバーということなんでしょうね。
 TONYKARTさんはカートにも精通しておられるようですし,間近で晃平君の走りを見ているからこそ,彼の凄さがより実感できるのでしょうね。うらやましい限りです(^^;)
 今季の晃平君は,F-NIPPONとスーパーGTの二足のわらじを履くことになるのでしょうが,有無を言わせない速さを見せつけ,速くヨーロッパ戦線に復帰してもらいたいですね(^^)vこれからもよろしくお願いいたします。ではでは!

投稿: KAZ | 2008年1月12日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/17048131

この記事へのトラックバック一覧です: TDP三銃士三様の1年:

» 平手くんの来年 [dis-CHARGE.net]
 10/30から11/2の4日間、フランスのポール・リカールサーキットで、GP2のテストが行われました。  シーズン終了後初の大規模テストということで、各チーム、来年の体制を決めるに当たってのオーディションの意... [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 01時39分

» トヨタの3rdドライバーに小林可夢偉!! [Escape Zone]
以前から言われていたことなんですが、小林可夢偉が今季限りで3rdドライバーをやめるフランク・モンタニーに変わって起用された。 可夢偉はウィリアムズの中嶋一貴やGP2の平手晃平らとともにTDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)の一員で、今季はユーロF3に参...... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 21時33分

» 来季のラインナップ [本質 トヨタMS]
パナソニック・トヨタ・レーシング 来季のラインナップがほぼ決定です。 レギュラー [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 10時42分

« アロンソよ,何処へ行く・・・。 | トップページ | 「国内最高峰」の変革 »