« TDP三銃士三様の1年 | トップページ | 鈴木亜久里の「冒険」 »

2007年11月18日 (日)

「国内最高峰」の変革

 「終わりよければすべてよし」という言葉があるように,どの様な過程があろうとも,最終的にスッキリする形で物事が終われば,嫌な思いをする人間も少ない。しかし,それまでどんなに素晴らしい戦いが展開されようとも,最後の最後でトラブルが起きてしまえば,「後味の悪さ」だけが残ることとなる。ブラジルGPでの「燃料温度問題」に対し,国際控訴裁判所がマクラーレンの控訴を却下したことで,キミ・ライコネンのチャンピオンがようやく確定したが,もしこの控訴が認められルイス・ハミルトンが逆転チャンピオンになろうものなら,今季数々のスキャンダルに見舞われたF1のイメージは,取り返しのつかないほど凋落したことだろう。

 日本でも今日,鈴鹿サーキットを舞台に,もうひとつのチャンピオン決定戦が行われた。「国内最高峰」フォーミュラ・ニッポンのタイトル決定戦である。そしてここにも,後味の悪さが残る結末が待ち受けていた。インパルのブノア・トレルイエと松田次生,ナカジマ・レーシングの小暮卓史による三つ巴の戦いは,小暮が優勝を飾り大逆転のチャンピオンを決めたかに思えた。しかし,レース終了から2時間後,マシンのスキッドブロック違反により小暮に失格の判定が下った。これにより,4位に繰り上がった松田がリタイアに終わったトレルイエを上回り,1点差で再逆転のチャンピオンとなったのだ。

 どのような形であれ違反は違反。そこに感情が入る余地はない。しかし,今まで繰り広げられてきた白熱の戦いが,僅か数ミリの狂いにより決まってしまったことには,小暮本人はもちろん多くの関係者やファンも失望していることだろう。小暮は今月20日に,今季インディ・プロシリーズを戦った武藤英紀と共に,SAF1でのF1初走行を控えていた。武藤が来季IRLにアンドレッティ・グリーン・レーシングからフル参戦するのに対し,小暮の来季に関してはまだ何の発表もない。小暮としてもF-NIPPONのチャンピオンを手土産に,F1へのステップアップを目指したかったに違いない。しかしそれも今となっては,叶わぬ夢となってしまうのだろうか。

 チャンピオンがF1へとステップアップ出来ない状況が続いているF-NIPPONは,一体これからどの様な道を歩むことになるのだろうか。F-NIPPONの統括団体であるJRPは,2009年から現行のローラFN06に変わりスウィフト・シャシーと新エンジンの導入を決定。「日本独自のトップカテゴリーとして地位を確立し,アジア・パシフィック地域を代表するレースを構築する」としている。GP2がF1へのステップアップカテゴリーとして不動の地位を築いている今,F-NIPPONは独自路線を歩むことを決断したのである。エイドリアン・スーティル,中嶋一貴ら全日本F3出身者が次々とF1へとステップアップしていく中,「国内最高峰」のF-NIPPONにも大きな変革が迫っている。

|

« TDP三銃士三様の1年 | トップページ | 鈴木亜久里の「冒険」 »

コメント

 こんにちは!
 週末はマカオに集中していましたが、FNの件には驚きました。
 なんとも無情な結末ですが、他チームからの提訴等ではなく車検の結果だとしたら、しょうがないですよね。
 今期4勝を挙げた小暮選手本人の非凡な才能は誰もが認めるところですし、もっと上のステージで活躍することが期待される人材なので、今年のタイトルは獲って欲しかったです。

 おっしゃるとおり、ここ最近のFNの存在が「上のステージ」に繋がるものではなく、SuperGT同様、世界の潮流から乖離し続けているのにも不安を覚えます。
 日本独自のモータースポーツ文化の創成も重要ですが、こうなると不幸なのはステップアップを熱望する才能溢れるドライバー。メーカーの強力なサポートが得られなければ、なかなか海外進出の目はありません。

 2002年というタイミングでの全日本F3のチャンピオンに輝いた小暮選手。先のマカオで素晴らしい活躍をした塚越選手。
 ぜひ彼らがフォーミュラの最高峰に挑戦する姿を見てみたいのですが、、、

投稿: mar | 2007年11月20日 (火) 14時13分

 marさん,こんばんは!
 純粋な「速さ」という点では,日本人トップレベルのドライバーですよね。F3のころからムラっ気のあるところもありましたが,ここ1.2年は徐々に成りを潜め,速さと強さを兼ね備えてきましたよね。その小暮でも,F1への道は厳しいというのが,今のF-NIPPONなんですよねぇ(T_T)
 JRPはF-NIPPONのステータスを上げるために独自路線を突き進むらしいですが,逆に「F1に行けなかった敗者」のカテゴリーというイメージを加速させてしまうだけではないでしょうか?これでは日本のレースをほとんど経験しないでF1を目指す若者が増え,ますます「日本離れ」が加速することになります。プロ野球と同じく,これからの秘本レース界も「空洞化」が心配ですねぇ(--;)ではでは!
 

投稿: KAZ | 2007年11月20日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/17114537

この記事へのトラックバック一覧です: 「国内最高峰」の変革:

« TDP三銃士三様の1年 | トップページ | 鈴木亜久里の「冒険」 »