« HONDAに纏わるエトセトラ | トップページ | マネージャー達の東奔西走 »

2007年12月10日 (月)

平均年齢を上げるのは?

 日本で一般的に「定年」というと,60歳前後を指すものだろう。日本では,戦後の高度経済成長を支えてきた「団塊の世代」が定年退職を迎えているが,F1界に於いてもここ数年,世代交代の波が押し寄せている。20歳そこそこの若手が次々と台頭する中,長年で戦ってきたベテラン・ドライバーの行き先が不透明になってきているのだ。先日フォース・インディアでテストを行った,ジャンカルロ・フィジケラとラルフ・シューマッハのふたりである。34歳のフィジケラ,32歳のラルフ。一般社会の中では,まだまだこれからの年齢であるが,低年齢化が進むF1界では,30代はもう大ベテランということなのだろうか。

 90年代初めまでは,F1ドライバーの平均年齢も,現在ほど低くはなかったはずである。ふと気になって,F1ドライバーの平均年齢を調べてみた。今から20年前,日本人初のフルタイムF1ドライバー中嶋悟がデビューを飾った,1987年の開幕戦ブラジルGP。最年長34歳ネルソン・ピケから,最年少22歳のアレックス・カフィまで,総勢23名の平均年齢は,29.2歳となっている。5年後の1992年開幕戦南アフリカGPでも,その年齢はほとんど変わっていない。しかし,それから僅か5年後の1997年開幕戦時には28.1歳と1歳近く若返り,今季開幕戦時は27.6歳まで低年齢化は進んでいる。20年前と比べ,実に1.6歳も若くなっているのだ。

 更に調べていくと,面白いデータが出てきた。2007年最終戦ブラジルGPに参戦したドライバーの平均年齢は27.5歳。ほぼ全員が1歳年を重ねているにもかかわらず,何と今季開幕戦時よりも0.1歳若くなっているのだ!これは,ウィリアムズのベテラン,33歳のアレックス・ブルツが引退し,22歳の中嶋一貴がデビューしたこと。27歳のクリスチャン・アルバースに代わり25歳の山本左近。更にスコット・スピードに代わり,弱冠20歳のセバスチャン・ベッテルが参戦していることなどが原因となっている。交代させられたスピードも,まだ24歳と十分若いのだが・・・。

 その一方で,若手に負けじと現役続投に意欲を燃やすドライバーもいる。現役最年長36歳のデイビッド・クルサードは,来季もレッドブルで参戦する見通しであるし,参戦15年目となるホンダのルーベンス・バリチェロも,最多参戦記録更新を射程に入れている。更にここに来て,36歳のペドロ・デ・ラ・ロサがマクラーレンから復帰する可能性も出てきている。弟に「もうF1で走るべきではない」と,引退を勧めたミハエル・シューマッハも,38歳の年齢を感じさせることなく,テストではトップレベルのタイムを連発するなどまだまだ元気がいい。ベテランと若手がしのぎを削ってこそ,F1のレベルも上がるというもの。来季,平均年齢を上げるのは,果たして誰になるのだろうか。

|

« HONDAに纏わるエトセトラ | トップページ | マネージャー達の東奔西走 »

コメント

こんばんは!
面白いデータですね~!☆
よくよく考えると、F1 界の低年齢化が進んでいる要因ってなんなんでしょうか?
かなり大雑把な言い方ですが、F1 界は「とりあえず使ってみる、ダメなら切り捨てる」という、超ドライな世界のような印象を受けます。ただ、その中から、アロンソやライコネンのような「大当たり」が出てくる可能性も、確かにありますので、隠れた天才を見出すべく、F1 界の青田買いは加速していくのでしょうか。
また、ここにきて二世ドライバーが一斉に台頭してきたというのも、ある意味、世代交代の時期であることを象徴しているのかもしれませんね~。
WRC の方では、90年代からのベテラン勢が現役の舞台から去ってしまい、私個人的な感覚からすると、すっかり寂しくなってしまいました。やはり、観戦する側にも「世代」というものがあると思いますので、私くらいの世代にとっては、クルサードやバリチェロ、フィジコ、ラルフ、トゥルーリといったベテラン勢が「走っていてくれるだけで価値がある」のかもしれません。
そのような意味からも、ベテラン勢には、まだまだ頑張ってほしいと思います!☆

投稿: Tommi-TAG | 2007年12月10日 (月) 22時59分

 Tommi-TAGさん,こんばんは!
 低年齢化が叫ばれているF1ですが,「ホントにそうなのか?」という疑問の元調べてみることにしました。何処かに載ってるかと思ったんですが見つからず,結局コツコツと計算して算出しました(^^;)20年で1.6歳という数値を大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれですが,若手が増えてきているのは事実ですね。
 Tommi-TAGさんも仰るように,低年齢化の原因はワークスの青田買いや若手支援プログラム。更にF1マシンのハイテク化などが影響していうるのでしょうね。ベテラン勢は口をそろえて「TCSがドライブを楽にしている」と言ってますから(--;)
 でも来年からはそのTCSも禁止となり,よりドライバーの技量が見られるようになるでしょうね。ベテランと若手のしのぎ合いに期待しましょう(^^)Vではでは!

投稿: KAZ | 2007年12月11日 (火) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/17326685

この記事へのトラックバック一覧です: 平均年齢を上げるのは?:

» 【F1】シューマッハ、弟に引退を勧告 [なにこれブログ]
 今シーズン最後となったスペイン・へレスでの合同テストに、フォース・インディアはジャンカルロ・フィジケラ(今季ルノー・レースドライバー)、フランク・モンタニー(今季ト... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 12時12分

« HONDAに纏わるエトセトラ | トップページ | マネージャー達の東奔西走 »