« マネージャー達の東奔西走 | トップページ | 命とは・・・ »

2007年12月24日 (月)

お金では得難い「感動」

 ウェブの中をウロウロしていると,時々面白いサイトに出くわすことがある。今日見つけたサイトは,「MyBoo」というブログ解析サイト。自分の書いているブログに「どんな話題」が多いのか,そこには「どんな気分」が現れているのかなどを解析できるという。早速このサイトのURLを入れ解析してみた。結果は,『「感動の様子」がブログににじみ出てます。話題に関しては「本」について多く書かれているみたいです。』とのこと。本についてのエントリーはそれほど多くないと思うが,「感動の様子」と言われれば「当たらずとも遠からず」かもしれない。モータースポーツの世界には,お金では得難い「感動」がであるからである。

 クリスマス休暇真っ最中のF1界。当然,世界に発信されるニュースも多くはない。しかし,そんな中でどうしても探してしまうのが,SAF1に関するニュースである。チームの危機的な財政状況が伝えられる中,先週ダニエレ・オーデット/マネージング・ディレクターは,「我々にはまだふたつの問題がある」と,現状を語っている。二つの問題とは,既に周知の通り,4000万ドル(約45億円)にものぼる金銭的損失と,中々結論の出ないカスタマーシャシーの問題である。カスタマーシャシー問題に関しては,年明けに裁定が行われると言われているが,これらが解決されないことには,来季の計画など立つはずもない。

 鈴木亜久里代表は,現在も複数の企業とスポンサー契約のと話し合いを続けているという。しかし,SAF1の創設以来言われ続けていることが,「日本企業はあまり興味を持ってくれない」ということである。現在日本中を探しても,億単位の広告宣伝費をモータースポーツに使うことのできる企業は限られている。ましてやF1は商標権の問題から,レース映像を広告媒体として使うことは不可能に近い。そうなると,宣伝の為だけではなく,スポンサー同士の「Business to Business」いわゆるBtoBと呼ばれる企業間取引が見いだせなければ,企業側もF1に興味を示してはくれない。しかし,残念ながらプライベーターであるSAF1には,それを推進するノウハウが殆どないのである。

 一方,同じプライベーターでありながら,このBtoBを積極的に取り入れ,多くの企業から支援を受けているチームがある。F1界の古豪ウィリアムズである。ウィリアムズのスポンサーにはAT&Tを始め,レノボ,RBS,ロイター,アリアンツなと,多くの企業が名を連ねている。これらの企業はただスポンサーとしてチームに資金を提供し,マシンにロゴを露出させているだけではなく,互いのビジネスチャンスを拡大できるのである。ウィリアムズのスコット・ギャレット/スポンサーシップ・マネージャーは「2002年以降,我々のパートナー間で5億ドル(約588億円!)に相当するビジネスを促進してきた」とBtoBの成果を語っている。「感動」を得るためには,やっぱりお金も必要だよなぁ。

参照サイト:MyBoo

|

« マネージャー達の東奔西走 | トップページ | 命とは・・・ »

コメント

「日本企業はあまり興味を持ってくれない」 …どうしてなんですかね?バブル期にオーナーだったレイトンハウスやフットワークの末路があんなだったから?それとも「夢より現実のお金が大事」が最近の経営者の風潮なんですかね?元気のない日本を象徴しているようで…頑張れニッポン!
KAZさん、来年も感動のコラムお願いします!

投稿: touran | 2007年12月28日 (金) 16時35分

 touranさん,こんばんは!
 F1を応援しようとしている企業は多いと思うんですが,いざお金を出すことになると話は別なんですかねぇ。バブリーな時代が懐かしい(T_T)まぁ,あれはあれで問題ありましたが(^^;)
 これだけモータースポーツが盛んな日本ですが,欧米と比べるとその価値はまだまだ低く見られているんでしょうね。夢だけでは生きていけないのは事実ですが,夢のない世界もつまらないモノです。それがバランスよく成り立てばいいんですけどねぇ。
 
>KAZさん、来年も感動のコラムお願いします!

 つたない文章ですが,来年もコツコツと(細々と?)続けていきますので,よろしくお願いいたします(^^)vではでは!

投稿: KAZ | 2007年12月30日 (日) 00時52分

 こんにちは!
 とうとう2007年も最終日を迎えました(^^

 F1界も束の間の休息といったところでしょうが、年内にSAF1についての進展がなかったのは残念ですね。
 スポンサーにはどのチームも苦慮しているでしょうけど、SAF1は国内スポンサーを最もアテにしなくてはならないので、かなり厳しいですね。カスタマー問題の影響も大きいと思いますが、やはり国内のモータースポーツそのものに対する関心の低さが原因だと思われます。
 同時に、日本ではスポンサーになることの効果が薄いのではないでしょうか。スポンサードすることによって売り上げが上がらないことには、なかなか手が出せないと思います。
 一方、ウイリアムズは歴史・信用もありますが、早くからタバコマネーからの脱却を行って金融・保険会社と新たなスポンサーを開拓するなどの努力も続けてきました。今は降りていますが、禁煙用具メーカーのニクイティンの契約を取り付けたときは感心しましたね(^^

 僕の本命はご存知トヨタですが、SAF1の為にガソリンは全てエネオスで入れ、カー用品は全てオートバックスで購入しています。
 少しでも足しになってくれてるといいのですが(^^;

投稿: mar | 2007年12月31日 (月) 15時29分

 marさん,こんばんは!
 今年もあと数時間となりました。今年初め,モータースポーツジャーナリスト柴田久仁夫さんが「亥年のF1界は波乱が少ない」とコラムに書いていましたが,とんでもなく荒れた1年になりましたねぇ(^^;)いろいろありましたが,ライコネンの逆転チャンプは素直に喜べました(^^)V
 日本のスポンサーは,なかなか厳しいですねぇ(T_T)バークレー・キャメル・ロスマンス(ウィンフィールド)と,常にタバコメーカーから支援を受けていたウィリアムズが,どのチームより早くタバコマネーから脱却したのは,マーケティング部門がいかに時代を読んでいたかわかりますね。SAF1の朗報が早く聞けるといいですね。
 それではよいお年を!ではでは!


 

投稿: KAZ | 2007年12月31日 (月) 20時57分

新年あけましておめでとうございます!
昨年はいろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます!

2007年は、SAF1 にとって、まさに激動の1年といった感じでしたが、2回目のお正月を経て迎える2008年は、どんな年になるのでしょうか。
お金では得難い「感動」・・・まさに、アロウズの型落ちシャシーから叩き上げて、よくぞここまで来たという感じですが、その経済的損失が約45億円とは。亜久里さんは本当にビッグなことをやっているのですね~。
ただ、考え方によっては、F1 ビジネスの中に大きなビジネスチャンスを見出す企業もいれば、尻込みして参入しない企業もいる。日本企業は、もちろん後者のわけですが、そこのあたりにも、日本企業の抱える体質的な問題点みたいなものがあるのでしょうか?
いずれにしても、F1 界で成功することは一筋縄ではいかないことかもしれませんが、カスタマーシャシー問題も含め、亜久里さんには、この局面を乗り切ってほしいと思います☆

投稿: Tommi-TAG | 2008年1月 1日 (火) 02時33分

 Tommi-TAGさん,あけましておめでとうございます!
 年末年始は静かな時間が流れているF1界ですが,松の内が終わる頃には早くも新型車がデビューし始めますね。残念ながらSAF1はまだ来季の参戦体制が明らかになっていませんが,開幕戦のグリッドに並んでいることを信じています(^^)v
 考えてみれば,SAF1ってホントにミナルディと似てるなぁと。ミナルディも毎年参戦するかどうか危ぶまれて,でもギリギリ何とか情熱だけで戦い抜いて,素晴らしいドライバーを何人も発掘して,多くのファンや関係者に愛されて・・・。SAF1もそんなチームになって欲しいなと思います。毎年ヤキモキさせるのだけはちょっと勘弁ですが(^^;)
 それでは,本年もよろしくお願いいたします。ではでは!
 

投稿: KAZ | 2008年1月 3日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185587/17481173

この記事へのトラックバック一覧です: お金では得難い「感動」:

« マネージャー達の東奔西走 | トップページ | 命とは・・・ »