2007年11月11日 (日)

TDP三銃士三様の1年

 1年という時間を長いと考えるか短いと考えるかは,その人の捉え方しだいである。しかし,1000分の1秒を争うモータースポーツの世界に於いて,1年という時間は人生を大きく左右させるのに十分な時間である。ちょうど1年前,未来のF1ドライバーを目指し,共に激戦のユーロF3を戦った3人の若者がいた。ユーロ初参戦での光る走りが認められ,名門ウィリアムズのテストドライバーに抜擢された中嶋一貴。2年目のユーロを3位で終え,GP2へのステップアップを果たした平手晃平。フォーミュラ・ルノーのタイトルを手土産にユーロに参戦し,マカオGPではPPも獲得した小林可夢偉。それぞれが着実に結果を残し,次なる目標に向け羽ばたき始めた時であった。

 あれから1年。3人を取り巻く状況は,大きく変わり始めている。まず,何と言っても最大の成功者は,来季からウィリアムズのでF1フル参戦を果たす一貴であろう。今季の一貴はDAMSからGP2に参戦し,ルーキー最上位のランキング5位という結果を残した。当初は来季もGP2に参戦し,今季果たせなかった勝利とタイトルを狙うものと思われていたが,事実上の「テスト参戦」となった最終戦ブラジルGPでの走りが認められ,ついに念願のレギュラーシートを獲得した。GP2未勝利の一貴に対し,「レギュラードライバーになるには経験が足りない」との声もあるが,そこは適応力の高い一貴のこと。きっと来季は,我々を驚かせてくれる活躍をしてくれることだろう。

 一貴が夢への階段を一気に駆け上がったのに対し,不本意な形でヨーロッパを後にしたのが晃平である。トライデントからGP2に参戦した晃平だったが,わずか9ポイントのランキング19位でシーズンを終えた。不振の原因は,チームスタッフとのコミュニケーション不足。と言っても,これは晃平だけの責任ではなく,彼の言うことを聞こうとしなかったチームにも問題がありそうだ。もちろん,与えられた環境で最大限の成果を発揮しなければ,次へのステップに繋がらないのだが,せめてあと1年チャンスが与えられなかったのかとも思う。ただ,晃平はまだ21歳と若い。次なるステップに向け,来季は日本での復活を期待したい。

 最後は2年目となるユーロF3で,タイトル獲得を狙った可夢偉。しかしその可夢偉も,今季は不完全燃焼の1年となってしまった。マニクールで待望のユーロF3初優勝を挙げたものの,トラブルやアクシデントで結果に結びつかないレースが幾度となく続き,最終的にランキングは4位。それでも来季はGP2への参戦が確実とされており,既にARTやDAMSでテストも行っている。順当に行けば,トヨタのテストドライバーも務めるはずであり,「トヨタの秘蔵っ子」とも言われる可夢偉の未来は明るい。今季の彼に残された仕事は,マカオGPでF3の総決算をすることである。TDP三銃士にとっては三者三様の1年だったが,来年の今頃はまた違った人生が見られるのだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年6月30日 (土)

「第4」の勝者は可夢偉!

 時が経つのは本当に早い。今日で2007年も半分が過ぎ去ろうとしている。そして同時に,このブログを始めてから約1年が過ぎようとしている。最近は週末のみのエントリーになってしまっているのが情けないが,それでも今夜は200本目となる節目のエントリーを書いていきたいと思う。さて,F1サーカスは北米ラウンドを終え,真夏のヨーロッパラウンドが始まっている。ここ数戦マクラーレンに押され気味だったフェラーリが反撃の狼煙を上げるか。それとも強さと速さを兼ね備えたマクラーレンが,このまま独走態勢に入るのか。王者フェルナンド・アロンソVS超新星ルイス・ハミルトンのチームメイト対決も絡んで,目の離せない状況が続いている。

 今年のフランスGPはF1だけではなく,サポートレースも要注目である。ヨーロッパラウンドのサポートレースと言えばGP2だが,今回はそれに加えユーロF3も行われているのである。そしてユーロF3と言えば,TDP三銃士の一人でASMからエントリーしている小林可夢偉である。ユーロ2年目のシーズンとなる可夢偉は,ここまで速さはあるものの運に見放された感もあり,3戦を終えランキング7位に留まっていた。マニクールに姿を見せた可夢偉は「序盤戦はやや苦戦が続いたが,調子は上がってきているし自信はある。まずは早く1勝を挙げたい」と,勝利に対する意欲を語っていた。

 そして昨日行われた予選では見事ポールポジションを獲得。レースでは2番手スタートのロマン・グロージャンと接戦を繰り広げた。グロージャンは第3戦で,ASMのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグと可夢偉を次々と撃墜し,自身はそのレースで勝利。第2戦でも同様の勝ち方をしており,可夢偉にとっては因縁の相手でもあった。今回も最終ラップのヘアピンで両者が接触する場面があったものの,コースアウトしたのはグロージャンのほう。可夢偉は追撃を振り切り,待望のユーロF3初優勝を飾った。この勝利で可夢偉はランキング3位に浮上。トップのセバスチャン・ブーミィとは依然20ポイントの差があるものの,追撃モードに入った可夢偉に期待したい。

 今回ユーロF3初優勝を果たした可夢偉は,同時に日本人で4人目となる「F1サポートレースの勝者」となった。過去にF1のサポートレースで優勝したのは,2001年イギリスGPの佐藤琢磨,2002年ドイツGPの松浦孝亮,そして前戦アメリカGPの武藤英紀と,実に全員が「スーパー・アグリ」のドライバーなのである。これは単なる偶然だろうが,それだけARTAがハイレベルのドライバーを擁しているということになるのだろう。もっとも可夢偉はTDP(トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム)の一員であり,今後F1デビューを果たしたとしても,SAF1に加わることないだろうが・・・。いずれにせよ,今後も活躍が楽しみな小林可夢偉である。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年11月20日 (月)

マカオの悪魔が牙をむく

 期待していたものが大きいほど,失意の結果となった後の落胆もまた大きい。先週末は久しぶりに,「天国と地獄」を見た週末だった。モータースポーツもつかの間のシーズンオフとなったが,アジアの片隅では熱いレースが繰り広げられていた。若手の登竜門として有名な,F3のマカオGPである。今年で53回を数えるこのレースは,将来のF1ドライバーを目指す名うてのF3使いが,世界中から押し寄せてくる。統一規格のF3ではこうした世界一決定戦が幾度となく開催されているが,マカオGPはその中でも最も権威のあるGPと言っていいだろう。市街地に作られた1周6.117kmの超テクニカルな「ギア・サーキット」は,今年もF3ボーイズ前に大きく立ちはだかった。

 今年のマカオGPは,2001年の佐藤琢磨以来,久しぶりに日本勢の優勝が期待されるレースだった。平手晃平,中嶋一貴,小林可夢偉のユーロF3組に加え,日本F3組からも塚越広大,大嶋和也らが参戦。冬季オリンピックでよく耳にした「表彰台独占も夢ではない!」などという,根拠のない期待感を抱いてしまうほどだった。実際に予選レースまでは日本勢に流れがきていた。一貴こそセッティングが決まらず多少出遅れたものの,予選2回目では可夢偉&晃平が見事フロントロウを独占。翌日の行われた10周の予選レースでは可夢偉がF3初勝利!晃平も3位と,いよいよ期待が確信に変わろうとしていた。

 しかし,レースは別物である。マカオの悪魔は日本勢に牙をむいた。スタートで出遅れた可夢偉は,1周目のリズボア・ヘアピンで痛恨のオーバーラン。何とか再スタートを切ることはできたものの,大きく順位を落としてしまう。一方,可夢偉の後退で2位を走行していた晃平と3位に順位を上げた一貴も,7周目にリズボアで絡み共にマシンにダメージを追ってしまう。5位までポジションを上げていた塚越もトラブルで後退。結局優勝はイギリスF3王者のマイク・コンウェイ。日本勢は大嶋の7位が最高位という,前日までの快進撃からは想像もつかない結果となってしまった。

 失意の結果が意味するものは,果たしてなんだろうか。レースではいくら速さを示そうと,チェッカーを受けなければ意味がない。初日から好調を維持した日本勢はあったが,最後の最後まで走りきる強さが足りなかった。しかしそれは他の有力ユーロF3勢も同じである。ユーロ王者のポール・ディ・レスタも,同2位で今回はカーリンから出走したセバスチャン・ベッテルも,期待通りの結果を残すことはできなかった。それでも可夢偉や晃平の速さは,世界のモータースポーツ関係者に伝わったはずである。一貴がウィリアムズと契約したことが,二人の闘争心をかき立てたことは想像に難くない。これからも成長を続ける期待の若手を,今後も見守っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)